643ノゲッツー『希望のゆくえ』

2月17日のソワレは
下北沢の駅から出てすぐ前の建物、OFFOFFシアター。

643ノゲッツー『希望のゆくえ』を観ました。

昨年のゴールデンウィークに『慙愧』を観まして、
そのあとロデオ★座★本公演で脚本演出作を観まして。

そちらは両方とも一見コメディ調の話だったのですが、
一人一人の事情はシリアスだったりして、
「実はダークな題材も扱ったりする団体だ」という情報もゲットしていたので
そういう系統も観れたらいいなぁ…なんて思いながら今回の観劇。

上演時間が75分、と聞いて、
「おや、今回もコメディ調なのかな?」と。
でも、流れてくる、ひとさまの感想ツイートを見るとコメディとは思えないけど…
そんなわけで、ドキドキしながら劇場へ。

赤一色の鳥カゴのような、ちょっと不気味な舞台セットでしたが、
物語は定時制高校の話。


↓ 以下、ネタバレな感想と、ツイートまとめ。

MORE »

護送撃団方式『SUBLIMATION ー水の記憶ー』

花粉症の症状が完全に出始めました。

鼻炎薬は睡魔も呼ぶのでタイミングだいじ。
まいくろです。

今回は2月17日マチネの
護送撃団方式『SUBLIMATION ー水の記憶ー』の話。

この団体の本公演を観るのは、これが3作目です。
主宰の關根さんが客演していたお芝居を観て、
あ、この人のお芝居いいなぁ…ということで
ホームにも行ってみました的な始まり。


公演ごとに脚本・演出家にオファーするそうで、
今回の作・演出は福地慎太郎さん。
My little Shineの旗揚げ公演『青春ガチャン』の
作・演出をされていた方。
そのあと『山茶花』で演出をされていました。
役者としても活動しているそうなのですが、それはまだ未見。
(来月あたりに観れそうです)

上演時間は2時間。
「九龍城×スチームパンク」というコンセプトだったそうで。

今回の劇場は前回公演と同じく
大塚の萬劇場(キャパ約130人)だったのですが、
けして広くない舞台上に結構な量の装置がおいてあって、
ところどころ錆び付いたり汚れたり
歪みや軋んでいたりなどの表現も細かい出来でした。

この団体は開場中、舞台セットの撮影&SNS拡散OKなので
団体名や公演名などで検索したらネット上で見られるかと。

開場時間から主宰の關根さんが案内&諸注意をまじえながら
作品世界に連れて行くべく、色々おしゃべりしていました。

で、その舞台セット。
場面転換で動くんですね。
もちろん動かすのは人力なのですが。

スペースゼロ(キャパ約580人)などではよく見るしかけですが
この規模で九龍城のごちゃごちゃ感を出しつつ
クラブになったりビル屋上になったりする大がかりなセットは、
あまりお目にかかったことなかったので面白かったです。

見上げた先の天井ライトの付近にも
錆び付いたパイプがしつらえてあって、
後方席の視界も考慮してるんだなと思いました。


「九龍城」は実在の場所で、
3ヘクタールの敷地に5万人の人間がひしめき、
消防法の概念もなく、上へ上へと増築をしていったそうな。
建物の上空すれすれを、
飛行機が飛んでいるような環境だったそうです。

『SUBLIMATION ー水の記憶ー』は、
政府によってこの九龍城が解体されようとしている時期の話。
解体される前に、
この曖昧な環境、そこに生きた人がいた証を
点と線でできた地図としてきっちり残そうと試みた青年
「山野広志」と、
九龍城に住む「曖昧」を愛する女性「ルー・ウェンヤン」。
ふたりの出会いによって揺り起こされた
「曖昧」に埋もれてしまった愛の話。


↓ 以下、ネタバレ感想ちょっぴりとツイートまとめ。

MORE »

qui-co. × BLASH『Water』

そろそろ花粉が鼻を刺激して来る時期ですね。
ひどいときは自分のくしゃみで目が覚めて眠れない事もあります。

とりあえず、まだ無事。
まいくろです。

こちらは12日のソワレ。

qui-co. × BLASH『Water』を観てきたよって話と、
自分のツイートまとめです。

三軒茶屋GRAPEFRUIT MOONというバーにて、1回こっきりの上演。
「いしのまき演劇祭」で上演したものをリライトして、
さらに音楽ユニット「BLASH」生演奏(新曲含)とコラボレーションした作品。

チケットは発売して一晩で完売。

初演の脚本は読んでいきましたが、
あまり記憶に引きずられたくなくて、比較で頭がいっぱいになるのが嫌で、
つとめて忘れるようにして本番に臨みました。
だから、映像も見ませんでした。
はっきり残っていた記憶は「先生」の正体と
カンパネルラの目的、そしてザネリの可愛さ(笑

団体公式ツイッターが道案内ブログへリンク張ってくれていたので
迷うことなく会場に到着。
受付開始時間ちょい過ぎに到着したところ、すでに20人くらい並んでいました。

直前に増席+立ち見入場者ありでぎゅうぎゅうの上演。
といっても、椅子がしっかり並べられていたのと、
一人分のスペースが思いのほか広かったので、一度座ってしまえば快適♪
ワンドリンクは終演後のお楽しみにしました。

上演時間は19:30(開演ちょっとおしたかも?)~21:20 で、
休憩なし、だいたい2時間くらいのキコ版「銀河鉄道の夜」。


―主人公は、ジョバンニをいじめるひねくれっこ、ザネリ。
ジョバンニのことが好きで、
でも自分はガキ大将だからいじめなくちゃいけなくて、
ふたりっきりになれば優しくなれるかも…と、その機会をうかがうけど、
やっぱり素直になれない(笑

いじめられっこ(だけどガサツで結構強い)ジョバンニ。
貧乏で、泥棒に手をそめてしまうわ、
病気の母の為のミルクなのに飲んでしまうわの、我慢のきかない少年。
物語を紡ぐことが好きなのですが、あまり表に出しません。

そんな彼に寄り添う少女がひとりいます。
彼女の名前は「カムパネルラ」。
ですがその名は特定の人しか口にすることができません。
それは彼女の正体に関係している、切なく残酷な事実。

彼らの担任の「先生」はからかい気味に、でも優しく見守ります。
この先生も、笑顔の奥に別の感情を隠しています。

お祭りの日、村にある「アルベルベロの木」をのぼったザネリ。

ジョバンニとカムパネルラは、銀河鉄道に乗って未来の果てへ。
ザネリは、先生の助力を得て
もうひとつの「果て」に向かうことにします。

その、行きつく先は…―




段差のない席だったので、
一部の表情や行動が見えない部分もありましたが、
そこは見える部分からの想像でカバー。
ありきたりな言い方ですが…涙が止まりませんでした。
悪人がいない。

左右からBLASHのお二人が奏でる音・歌う声がぶつかり合うような位置で。
「うねり」を感じられる席でした。
初めて聞く曲なのに、
声がダイレクトに毛穴から入ってくるような体験でした。

終演後は会場を開放し、歓談タイムになっていましたが、
頭の中は「わーっ」ってなって、顔は涙でぐちゃぐちゃで、
正直、歓談どころではなかった…(笑

感情まっすぐなのに表現ひねくれてる彼らの旅を見守る体験。
もう一度観たいな、と、心から思います。

でも一度しか体験できないものだからこそ、はかなくて美しいんだろうなぁ…
繰り返しているようで毎回違う「彼ら」の営みや、
自分の人生も、それと同じなんだよなぁって。


キコ qui-co.の次回公演『Lullaby』は
5月2日(火)~4日(木)、ザムザ阿佐谷にて。






↓ 以下、自分のツイートまとめ。

MORE »

«  | HOME |  »

最近の記事


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索


プロフィール

まいくろ

Author:まいくろ
ついったー:maikuro9696
(画像は7年前に描いたものです)