スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ジーザス・クライスト・レディオ・スター』雑感 2

『ジーザス・クライスト・レディオ・スター』
役別雑感の後半。

オーラの泉、ヤッホー、社長、ネッシー、八代、弟くん、どっちだよ。
そして交通情報の人と、少年、少女。


↓ ネタバレ注意!


MORE »

『ジーザス・クライスト・レディオ・スター』雑感 1

変な時間だよ、まいくろです。

先日観てきた
OfficeENDLESS × Project JESUS
『ジーザス・クライスト・レディオ・スター』の
ネタバレ、役別の感想です。


初演は10年以上前とか。
何度か再演を繰り返されていますが、
キャストがガラッと変わったのはこれが初めて。
自分は、2007年6月のと、2008年7月のを観ています。

今回は、キャストをほぼ一新したリブートバージョン。

告知があった時、上演期間がほぼ完全に帰省期間でして。
あ、こりゃ行けないや、と。
正直なところ
「ジーザスシリーズ=おっさんたちが頑張る話」
…ってイメージだったので、
スペースゼロという大きい劇場と、
小ぎれいなキャスト勢を見て、ドキドキハラハラ。
彼らが嫌いとかじゃなくて、
演じてる彼らが想像がつかなかったんです。

でも多少気になってる部分はあったので、
初日に観に行った友人から感想を聞いてみたり
帰省中に感想を探したりしてました。
たいがい好評で。
それも「○○さんのあんな姿が見られるなんて」的なのでね。
役者が変貌するのを観るのが大好きです。

で、自宅に戻るころ、
あれ、17日行けるんじゃない? って環境になったのです。
それで調べてみたら、「全公演当日券出します」って話で。
抽選だったけど、はずれても都内には別に楽しむものもいろいろあるし、
昼夜2公演あるからどっちかは観れるだろうってことで上京しました。

幸いにも、昼夜ともに当日券希望の人全員観れることになって。
昼公演だけのつもりが、そのまま夜公演も観てしましました。

---------------------------------------

ジーザス吉田がパーソナリティをつとめるラジオ番組、
「ジーザス・クライスト・レディオ・スター」。
年に一度のスペシャル特番の日です。
実はいつも収録したモノを放送しているのですけど、
特番の日だけは、ALL生放送。
…だというのに、プロデューサーは台本を持ってこないし、
段取りも全て明かしてくれず、のらりくらり。
裏方の鳥谷と大山、新人ADの一之瀬はやきもき。

そして、当のジーザス吉田が
「ちょっと出てくる」と言って出かけたまま、
本番直前なのにスタジオに戻ってこないという緊急事態…!

ラジオ番組は無事に放送できるのか?
そして次々とスタジオに現れる男達は何者なのか?
なによりジーザスはどこ行った!?

とある収録スタジオで繰り広げられる、
「オー! ジーザス」な展開てんこもりのドタバタ騒動。


---------------------------------------

設定がいくつか変わってましたが、基本の流れは同じ。
スペースゼロの空間を、
2時間半、スタジオに変えてしまう役者さん達の力量に、
素直に感動しました。

一番好きなシーンは、電話がかかってきて、
誰も何も指示してないのにメンバーが全員定位置について
「キャプテン!」って言うところ。
仲間になるのは、時間じゃないんだなって。
そして、そこからラストまでの流れ、全部。

何度も何度も、上演してほしい公演。
キャストが変わるのも、楽しいものです。

以下は役別に、思ったことなど。
なんとなく、
以前のメンバーのキャスティングも書いておきます。

長くなったので、記事を2つに分けます。
こっちは、プラスワン・キャプテン・ヤングマン・サンコン。


↓ ネタバレ注意!




MORE »

良子さん&洋二郎さんの結婚発表

ひさびさに、観劇感想以外の記事を。
まいくろです。

もう日付はとっくにかわってしまったのですが、
8月1日のお昼休みに、
Twitterにてお二人からの告知がありました。

まいくろを観劇の世界に引きずり込んだ劇団、
ANDENDLESSのメンバー(略してドレメン)、
田中良子さんと村田洋二郎さんの入籍報告。
西田さんの脚本演出の作品に、なくてはならない二人。

おめでとうございます!


先日観たゲキバカ『0号』で、
老千代子と、若き後藤を演じた二人が結婚かぁ。
役者個人と演じた役を同一視するのもなんなんですが、
このタイミングでの発表に感激もひとしおです。

で、このふたり。
正直、全く予想外でした。
舞台の上では恋人同士や夫婦役をやってましたけど、
個人ブログも読んでましたけど、
そういう機微にはとんと疎くて(゚∀゚;
まぁ、普段は表立ってそういう態度はとらないだろうし。


結婚をファンに明かしてくれたこと、とても嬉しいです。
諸々の事情で、明かせない事情がある人もいます。
それは知ってます。
でも、明かせるものなら明かしてほしいです。
お祝いしたいから。
あと、役者を続けると言ってくれたことも、嬉しい。
良子さんも洋二郎さんも、好きですよ。
でも彼らが「役者」をしてるときが、特に好きなのです。


「結婚」ってただ書類に判を押すだけじゃないんです。
「この人の人生に、
 私は積極に関わっていきます」の誓い。
「この人が、
 私の人生を共に歩んでくれる人です」のしるし。
それを戸籍が記録し、後々まで証明してくれます。
…というのが、私の「結婚」の認識。

確実に一人の時間は減って、
独身時代と同じ生活はできなくなりますし、
自分の生き方によって影響を与えてしまう人(親類)の数が、
倍以上に跳ね上がります。
要するに、責任が、抱きしめるものが増えます。
時には苦しかったりするけど、基本的には喜びです。


「健やかなるときも病めるときも、
 伴侶を愛することを、誓いますか」てな文言。

自分が健やかなときはもちろん、
自分に余裕がないときでも、相手を思いやって愛せるか。

そして、相手が元気なときも、
逆に落ち込んでいたり患ったりして苦しんでいるときも、
その相手を変わらずに愛せるか。

…という意味なのだ、と聞いたことがあります(*´∀`)


今回、ネットに二人の挨拶が掲載されました。
馴れ初めとか、笑ってしまいそうなエピソードだらけ。
でも、不器用だけど、彼がやれる精一杯で
良子さんを想ってる行動なんだなぁってのが伝わって、
あたたかくなります。

これからも役者を続けていく発言と、
結婚を発表するのを決めた理由も書いてありました。
ふたりとも、頼もしいなー、と思いました。
役者としても、そして伴侶を持つ人間としても。


入籍を決断した、頼もしい二人、
そしてそこに祝福してくれる仲間たちがいるんですから、
幸せは長く続くだろうなと思います。


ほんとうに、本当におめでとうございます。

«  | HOME |  »

最近の記事


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索


プロフィール

まいくろ

Author:まいくろ
ついったー:maikuro9696
(画像は7年前に描いたものです)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。