匿名劇壇『Jerk!!』観てきた!!!

さて、有給休暇使用の自分だけ3連休もおしまいです。
新幹線の隣の席がイケメンサラリーマンで
なんとなく申し訳ない。
まいくろです。

観劇ツアー最終日は匿名劇壇。
フラッシュフィクション公演『Jerk!!』です。

どうやらジャークって発音するらしい。


実は匿名劇壇を観にくるに至るまでの経緯ってのが
なんとなく説明しづらいんです。
一言で言うなら
「主宰の福谷さんのTwitterとかブログの文章が面白いから」
なわけなんですが。

じゃあなんで福谷さんのTwitter目にする機会が
まいくろにあったんだよって言われると、
以前観たお芝居に出演されていた女優さんが
彼と組んで一人芝居をやっていて、
そこでその女優さんがブログを紹介していたわけです。
そこで、
「感情のカオスった文章が面白いなぁ。
 こういう人はどんな作品作るんだろう」と。

ただ、まいくろはその女優さんと一度もお話ししたことがなくて、
とうぜん福谷さんとも面識なんかないのです。
幸いなことに、
偶然9月のゲキバカ公演にこちらの劇団員である佐々木さんが出演されてて、
「とりあえず、一人知った顔がある」
というのが、
私の背中をぐいっと押してくれました(笑

ということで、各公演が一時間なので
三本立てをコンプリートしても新幹線間に合うという事も発覚し、
うきうきノコノコとやってきたわけ。


けっきょく、佐々木さんと福谷さん以外の方の名前と顔は一致しないまま

「自白剤を飲み過ぎて(恋愛編作品群)」
「嘘の限界(演劇編作品群)」
「希望の殴打(バイト編作品群)」
の順番で3本観終えたわけです。

とにかく面白かった。
こういうのって、根底に大きなテーマがあったり、
残酷でもどこか光があったりするじゃないですか。
無いんです。
「えっ、ここで終わり?」とか
「そこで終わらせてあげてよ!」とか思っちゃうほど、
予想を裏切りまくる切り取り方をしていました。

3本のなかで同じタイトルがかぶってる短編があるのですが、
展開が違ったり、役者が違ったりしていて
必ずしも同じじゃない。

人の醜さとかも出てくるのですが、
ほんとその辺にあるような身近な悪意で。
それゆえにゾッとしたりしました。

タイトルうろおぼえですが
面白かったのが
「ナチュラルボーン暴君」
「君の剥製」
「ビンタシリーズ」
「自白剤を飲み過ぎてシリーズ」

タイトル思い出せないけど、
分かり合いたい二人の話とか、
ヤバいヤバいあーやっちゃったの話とか、
ずっと一緒にいようと言ったのはお前だろう、の話も好きでしたねぇ。


なんか、所々に出ていた暴力性…
いや…ちがうな破壊衝動? 破滅願望?
…みたいなところに、
少しだけ共感できてしまって、
そんな自分にウッとなってしまいました。
そういうのを含めて、私の心をグラグラゆらしてくれる公演でした。


感動して泣く系統じゃなくて、
青髭の秘密の部屋を
こっそり覗いているような。
そして、青髭公はそれを知っているのに気づかぬ振りをして、
私は泳がされているような。
そんな感じ。
今まで出会ったことのない劇団でした。


うん、3月の次回公演も行ってみよう。
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://maikuro96.blog90.fc2.com/tb.php/996-5d46abc3

«  | HOME |  »

最近の記事


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索


プロフィール

まいくろ

Author:まいくろ
ついったー:maikuro9696
(画像は7年前に描いたものです)