スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『売春捜査官』観てきた!

今日はハシゴ観劇DAYでございます、まいくろです。

本当は、これから夜公演を観る芝居を2回観ようと思ってたんですけど。
『売春捜査官』観たフォロワーさんがツイッターで感想つぶやいてるのを見たら、
ナマで見たくなってしまったのです(笑

幸い、行ける回のチケットはまだわずかですが残ってて、
無事に前売り券で入ることができました。

今回は、演劇ユニット「carne(カルネ)」の公演。
作は、故つかこうへい氏。
演出は、カルネの黒川さんという女性です。
女性が演出する、女性の伝兵衛。
下北沢駅、南口出たら真正面のOFF・OFFシアターで明日まで。
役者の起こす熱量を間近に浴びることができます。



↓ 以下、やや内容に触れた話。



「熱海殺人事件」は、
2011年にANDENDLESS系のメンバーが上演したものを観たのが、
まいくろ初の熱海となります。
「売春捜査官」
「モンテカルロ・イリュージョン」
「ザ・ロンゲスト・スプリング」 の3パターンを観ました。


あと、2012年にも
『熱海殺人事件 NEXT
 ~くわえ煙草伝兵衛捜査日誌~』観てますね。


今回は展開を知っている「売春~」ということで、
独特の言い回しや、すばやい感情の切り替えに
わたしは翻弄されることなく観れるだろう、とふんでいました。

ところが。

無理!(笑


だって大筋の展開は
アンドレバージョン(ちなみに昔書いた感想はここ)と同じですが、
伝兵衛の過去に私の知らなかった展開があったり、
ラストがぜんぜん違ったり、お決まりのアレが無かったり、
とても新鮮な気持ちにされ、翻弄されまくりました(笑


伝兵衛は、メインビジュアル(チラシじゃなくて)を見た時に
たぶん角度なのかなぁ…
「あ、部長刑事になるくらいだからたしかにそこそこの年齢だよね」
と失礼ながら思ってしまって。
いったいどんな伝兵衛になるのだろうとドキドキしていました。
そしたら、動く彼女を見たらなんとも魅力的なのです。
捜査の上で被害者の役もこなすのですが、
そのときの変貌がね。ほんとビックリしました。
身に着けたアクセサリーのせいじゃないです。
だって、被害者の格好したまま、
ときどき伝兵衛に戻ってるのがわかるんですもの。


熊田は、テレビでみたことのある方。
やっぱりこの役はこういう系統の顔の人がよくやるのかなぁ…
と思って調べたら、
前に赤塚篤紀さん(リンカネ黄忠)がやってるじゃありませんか!
今回の熊田の「かんべんしてください」も心にグサッときますな。

ハゲでホモの部下桂さん。
最初は抑え目かな? と思ったのですが
後半になったらもうぐいぐい引き込まれます。
タイゼン役のときなんかもう…あのせりふあんな声で言われたら反則だ!

大山。
唯一、以前にも演技をみたことある方。
リンカネの孫権とか、BSASARAで鍋を背負ってたりとかしてる方。
すっごい。もうすごいとしか言えない。
設定としてもメンバーの中で一番若いだろうに、
曲者3人を相手にしても気迫でぜんぜん負けてない。
「知った」時の目の動きと、大きく息を吐く背中が特に好き。


他の人にも言えるのですが、
膨大な台詞も、ちゃんと自分の言葉にして感情ダイレクトに乗っけてきます。
だから、異常な展開でも心が持っていかれる。


正直、いくつか演出で
「泣かせたいの? 笑わせたいの?」と悩む所もありましたが、
充実した時間でした。

熱海殺人事件は私にとって、
年イチで観たくなる、「役者熱」を感じられる作品。
今回このメンバーのを観れてよかったなぁ。

スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://maikuro96.blog90.fc2.com/tb.php/990-de575344

«  | HOME |  »

最近の記事


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索


プロフィール

まいくろ

Author:まいくろ
ついったー:maikuro9696
(画像は7年前に描いたものです)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。