スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『Evergreen Online/EDIT』役別雑感 4

『Evergreen Online/EDIT』役別雑感これでラスト。

まいくろの、今回のお目当てさん2名。


↓ ネタバレ注意!


>瀬川@野村侑志さん
セガわ。
「エバグリ」開発に関わった中心人物であります。
著作権など諸々の関係で、
会社は「エバグリ」の権利を放棄しているらしく、
今は第二開発課(だっけ)の課長。

治験で死人が出たとかで会社に警察が入り、
その責任をとる形で瀬川課長は会社を去ります。
宅人をはじめ、瀬川の部下たちは散り散りに。
(とはいっても、
 宅人は瀬川の下に数ヶ月くらいしか居なかったのですが)

実は、それは表向きの理由。
「エバグリ」のシステムが
兵器開発に利用されていることを知ってしまった為
瀬川はこの会社を追われたのです。

軍事利用の証拠を握っているために、命を狙われています。
よれよれのコートに、
ボサボサの髪、ちょっと伸びたヒゲ、
どことなくチグハグな組み合わせのスラックスとシャツが
逃亡&潜伏生活者って感じ。

コートがひらめく度に、まいくろの口元がむずむず。
眼鏡をくいっと上げる度に、まいくろの背中がむずむず。
コマンド入力中の、
病んだ上目遣い&半開きの口でもう限界です。
なんでこの人はサラリと別人になれるんだ!?
『ライト家族』から2週間しか経ってませんよ!


楽園にするべく作った「エバグリ」の世界。
でも気がつけば人殺し道具の開発に使われていたり、
「ハイ」と呼ばれる中毒者の続出や、
リアルマネートレードが横行していたり。
瀬川は自らの手でこの楽園を壊すことを決意します。
おそらくその後は、ポケットのカッターで自分も…

この頃の瀬川って機械的だなって思いました。
0か1。白か黒。勝ちか負け。
すごく視野が狭くなってるなーって。
そりゃ命狙われてるわけですし余裕なくなるよね、と。

「エバグリ」企画立ち上げのシーンのときは
凄く自由な発想してるんですよ。
字楽(あざらき)とアザラシがごっちゃになって
「助けてくれ」って言ってる時とか凄く生き生きしてる。
(最終的に「アザラシ」に統一しちゃった・笑)
ユナイテッドデバイスも、
ガンに冒された母親への思いから始まっていたわけだし。
なんだか逃亡末期の瀬川は、
目が据わっちゃって周りが見えなくて
ある意味「ハイ」の人と同じなのかも…って思いました。

ラスト、彼の目に明るい光が戻ってきて、
本当に安心しました。
瀬川さんが幸せに生きていけるよう願うばかり(ノД`)


そうそう。
宅人が「エバグリ」を始めるときのチュートリアル。
早川さんのエルフの後、
エンジェルティンカーという種族の説明する時に、
なんか白い服の人が出てくるんですよ。

エンジェルティンカーっていうと
なんか小さくてキラキラしてそうなイメージですけど、
こちらの白い方はまあ身長180センチくらいで、
キラキラというより、後光さす神父系で。
なんか呪文を唱えてます。あ、帽子にネコ付いてる。
というか、この声聞き覚えが…
そこで白い人。とどめにポーズ決めて「にゃー!」です。
顔が見えて…ののの、野村さーーん!Σ(゚Д゚;

呪文が効いたらしく、崩れ落ちるエルフの早川さん。
開演早々、このやりとりに腰が抜けました。

そのあとも数分、舞台上で
エルフとエンジェルティンカーが通行人やっててですね。
もういろいろな意味で驚きでした。
あの白い人が「瀬川」なのかと思っちゃった…(笑

ストーリー上、
野村さんあまりギャグパート無かったので
あそこでバランス取った感じでしょうか。
2回目観劇は正体がわかってたので、
笑いこらえるのに必死でした。
白い人の舞台写真も、
販売してくれれば良かったのになぁ(*´∀`)



>ファンタジア@谷屋俊輔さん
「エバグリ」各プレイヤーを導く案内人。
どこにでも居て、どこにも居ないトリックスター。
ゲームを始めた者に、知識を与えます。
レベル相応の冒険(クエスト)を紹介もします。
でもレベル1をレベル2にするためのクエストが
まさかの「3回まわってワン」だった(笑

ファンタジアは、
エバグリ界の案内人&管理人でありますが、
もう一つの側面もあります。

ここが、今回の物語のおもしろかった所。
宅人が操作するキャラ、ギドは
宅人が操作してるけど、イコールじゃないんですね。
ギドは、宅人の理想の姿。
そばにつかず離れず居るファンタジアこそが、
宅人とイコール。分身であり、弱い心でした。

谷屋さんは
昨年の「LINX'S TOKYO」で要チェックだ! と思った人。
虎に育てられた少年→人間の演技の変化っぷりに驚愕。
5月の中之島春の文化祭『朝日』では
客演直前だったのに出演、しかもラストを締める重要な役。
眼力と、伸ばした手に号泣でした。
その次週の『天狼ノ星』では、高笑い響くドSな王。
周りを騙すためにあえて情けない顔してるのも、
恐ろしかったなぁ。

今回も、その演技力を惜しみなく披露されておりました。
自信に満ちあふれて、でも真意は隠して。
ちょっと悪戯っけのある声がまさにトリックスターでした。
全編にわたって客席の意識を持っていく華のある演技。
そしてあの豪勢な衣装ですよ。
マントの使い方の上手いことといったら!

クライマックスの「私は… 僕は…」のところ、
衣装を変えてるわけでもないのに、
演技だけで、紳士の仮面が割れて少年になってしまう様。
エピローグの、光の中の破顔一笑。
本当に、もう見事としか言えません。

谷屋さんと、
『にくなしの、サラダよ』で拝見した白井さんが所属する
ステージタイガーの次回公演『BUMP!』は9月6~8日。
超、狙ってます。
幸い、都内お気に入り劇団ともかぶってない。
エバグリ公演でチラシもゲットできたし、ワクワクです。

今回、谷屋さんの槍での殺陣もあって、
その時の激しい表情もめちゃ印象的だし、
野村さん演じる瀬川との絡みもちょっとあって、
個人的にウハウハでした。
もっと瀬川とバリバリ対決してほしかった…
という気持ちも多少あるのですけど、
実現したら私はきっと爆発する(笑




というか、ほんとこの『Evergreen Online/EDIT』、
役者陣も衣装も照明も…etc とにかく贅沢!
初演バージョンも観てみたかったと思わせてくれました。
DVD早く届かないかなヽ(゚∀゚)ノわくわく


…で、また、ちっとも「ライト」な量で
役別雑感を書き終われませんでした(笑
やっぱり、書き出すとアレもコレもって勢いがつきます。

1に、自分の存在証明。
2に、観た人がその瞬間に立ち戻るきっかけに。
3に、観れなかった人が次回公演を観にいく、後押しに。

まぁブログに残す理由はこれ以外にもいくつかありますが、
なにより、おもしろかった芝居の感想書くのは楽しいものですから。

読んでくださった方、
過去のネタバレ記事に拍手くれた方…
今回も長文におつき合いいただき、ありがとうございました。



スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://maikuro96.blog90.fc2.com/tb.php/976-5450b2ea

«  | HOME |  »

最近の記事


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索


プロフィール

まいくろ

Author:まいくろ
ついったー:maikuro9696
(画像は7年前に描いたものです)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。