スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『エル・サボタージュ』役別雑感 2

思いのほか人数多くって、書いててびっくり。

さて続けます。


↓ ネタバレ注意!



>シュシュ@宮本さん
彼女もグランデに暴力受けてるんですよね。
でも、ミーアみたいにオドオドしてない。
しっかり対抗します。
『安穏 目吐露濃霧』では本命くんと姉弟役だった彼女。
今回もからみますが、関係性はだいぶ違いますね。

引き倒されるし、髪の毛も引っ張られたり。
(あれはいったんハケてるから、ウィッグかな?)
というか、はっきり描写されてないだけで
ほぼ全員に暴力行為してるよね、グランデ…



>オットー@斎藤くん
グランデのイソギンチャク。
…もとい、腰巾着。

シュシュとオットー、
スーダンとレンと空席(エルがいる?)のシーン。
「仲直りの朝だよ」ってところです。
あれ、わからないんですよねぇ。

その後のシーンが、レイラのお墓参りだったので
先に逝った人が
仲直り(終戦)の方法を相談しつつ待っていて、
終戦後、死後の世界にやってきたヒットラーに
「私たち(ユダヤ人)の方が大人よ」って
勝利宣言をしたのかなぁって勝手な想像してました。
あるいは「それを演じていた」のかな。



>スーダン@山中さん
「なにがあっても、命は助かる」と思っていた子。
たいがいの人は、
彼女と同じ事考えてると思うんですよね。
たぶん、私もそうだし。

「あ…昨日の負け」からの、
スーダンがシスターに連れられていくシーン。
今までずっと尊敬していた人に、
「特別な人間はいない」という現実を突きつけられ、
ぐしゃっと歪むスーダンの表情がね。秀逸。

世界に特別扱いされている人間はいない、と思います。
でも、
自分にとって特別扱いな人間は、居ていいと思うんです。
それが「愛する」「生きる」って事なんだろなって。

「悲しみで終わってはいけません」と、
スーダンの首を締め上げるシスター。
悲しみは一人でできるけど、怒りには相手が必要。
たとえ怒りでも、スーダンの感情を受け止めて、
スーダンの生きた証を残しておきたいという事なのかしら。
それでもスーダンは、
シスターに怒りの感情を持ちませんでしたね。
弱いんじゃなくて、優しい子なんだと思います。



>ドッキ@松本くん
いつも本を読んでいる、物静かな子。
演じるレクリエーションに対しては、
「僕は誰も演じてはいない」「参加していない」と。
スタンスとしては、
後述の修道士みたいだなって思いました。

彼、結局どっちだったんだろう。
問題の人種だったのか、否か。
単純に興味本意です。
どちらであろうと、彼は彼。

シスターに「悪意は、あったのかな」と聞きます。
演じるには、まず対象の研究をしなくちゃですもんね。
他人に興味が無かった彼が、シスターを見続けて、
彼女の本心を少しつかみ取れた。
それが彼にとって、大きなことだったと思います。

スーダンと逆の現象が起きてたなって思いました。
うまく説明できないんですけど…
生きる側に死者の魂が残る、という現象の逆。



>アレタ@石井(女)さん
クレアに、よく掃除当番を押しつける女の子。
でも、イジメてるっていうのとはちょっと違う感じ。
演じるレクリエーションで、気弱なクレアを演じています。
でも、ちょいちょい素が出てしまう(笑

「そうじ、行けよー!」と
アレタ演じ中のクレア(棒)に言われ
無言の威圧→聞こえるか聞こえないかの舌打ちがツボでした。

あと、ミーアがグランデに反撃したときに、
追いつめられたグランデに放つ「ざまぁ!」は、
名言だと思います。
あの、グランデを追いつめる女子集団の構図は、
スカッとする反面、小さな戦争だなぁと思いました。
弱者を作り、追いつめるのが人間の本能である…と、
突きつけられた気分。



>レン@安宅さん
彼女のね、手から登場するシーン、最恐です。
密かに逃亡を企てているアレタを追いつめるところ。
「自分」を演じているものが目の前に現れて、
自分の本心を饒舌に語る。こわい!
図星なのに「違う」と言ってしまう、
アレタの気持ちが少し分かる。

アレタを追いつめて、結果殺すことになって。
「ねぇシスター。私…壊れてるのかな?」
というレンの言葉の中に、
自虐と自嘲と、そして否定してほしいという気持ちがね。
いろいろな感情が混じったあの言い方にゾクゾク。
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://maikuro96.blog90.fc2.com/tb.php/959-9264f2a0

«  | HOME |  »

最近の記事


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索


プロフィール

まいくろ

Author:まいくろ
ついったー:maikuro9696
(画像は7年前に描いたものです)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。