まいくろ3連戦(『スモーク』 ネタバレ雑感)

前回のブログ記事から続けて読むと、
『仮装童貞』観に行ったきり、
帰ってこなかった人みたいになってますね。
まいくろです。ちゃんと生きてます。
Twitterでばっかり活動しています。

月末&月初は、毎回仕事が忙しいものですが、
先月から今月にかけてはひどかったな…
『仮装童貞』の感想UPもできないままに、
次の観劇が来てしまいました。

しかも、今回は土日で3作品。
同じ劇団の3本立てを土日で消化というのは
よくやりますが、
別の劇団の作品を…ってのは、久しぶり。
まいくろは作品に深くひたるタチなので、
観劇ハシゴには向いてないんですよね。
しかし、今回の3作は
どれも諦めるには惜しいものだったので、
ハシゴするに至りました。


1日(土)のマチネは渋谷、
ソラトビヨリst.番外公演『スモーク』。


こちらの劇団は、第3王子(森山光治良くん)関連で知りました。
今までの作風も俳優さんも割と好みなので、
森山くんの出演関係なしに、
なるべく予定組んで観るようにしているところです。
4月の末くらいにも番外公演をしてたのですが、
そっちは日付的に行けなかったんですよねー。

今回は劇団員の濱崎さんが脚本を書かれたそうです。
ロックでファッキンな作品なんだろうなぁ~と、
ブログの文体や、今まで演じてた役から想像してたんです。
ところが観てみたら、
どたばたコメディでグッとくる系のイイ話。
ハマサキさん、まいくろはあなたを誤解してました(笑



ここは、とある廃ビル。

変装の達人「スモーク」をしとめた女殺し屋。
その「スモーク」の死体を詰めた鞄を運ぶ、
運び屋ポーター。
死体を処分するために呼ばれた解体業者の主婦。
借金のため、無理矢理解体業をするはめになった青年。

そこに現れた、逃亡中の銀行強盗。
彼が強奪した2億円入りの鞄と、
死体鞄が入れ替わってしまい、
緊迫してるのにどこか間抜けなやりとり。
鞄の「スモーク」の死体が消えていることが発覚して、
事態は「誰がスモークの化けた姿なのか!?」へシフト。

その現場にうっかり迷い込んでしまった、
売れない劇団員の3人の中島・ケン・ミコ。
彼らは、この窮地をどう切り抜けるのか。
そんな話。


↓ ネタバレ注意!




物語の舞台は、廃墟のビルという設定。
舞台装置もコンクリートに囲まれた空間に、
鉄のパイプが左右に張り巡らされていて、
劇場(アトリエだけど)に入った瞬間、
テンションがあがりました。

鞄一つ(正確には2つですが)で、
ここまで話が展開できるのか! というのが
正直なところ。
展開、登場人物の入りハケもスムーズで、
飽きませんでした。
オチも「そうくるか!」というタイプで。
ダレずにずっとハラハラドキドキ、
そしてクライマックスでは心に刻まれるものがあり。

裏の世界に生きる彼らは、まぁみんな自分勝手でね。
でも、どこか憎めない。

殺し屋レディ・ポイズンとか、
肩にタトゥーでセクシーでめっちゃイイ女だけど
髪の毛切ったのを誉められて
「べっ別に
 アンタのために切ったんじゃないんだからねっ!」
って、なんというベタなツンデレセリフ(笑
劇団員・解体業者・ポイズンと3人の女性がおりますが、
「一番若い女」と言われて
真っ先に「私に何の用かしら」って言い出したり(笑

運び屋ポーターはだって元ニートの廃墟ヲタクだし。
ポイズンに惚れてるポーターの様子がもうね、
おもしろ格好イイ。
一途な男って、
本当に紙一重でおバカだなぁって思います。

ポーターをやってた濱仲さんって人が、
ソラトビヨリの中で一番好きな役者さんなのです。
愛する女を守るため、
銃を持ったキレッキレの強盗さんを前にして、
Yシャツのボタン引きちぎって立ちふさがる様は格好イイ。
けどね、大笑いしてしまいました。
なぜ脱ぐよ!? とね。

ポーターの熱さと、そこに乗っかって
自分の汚れた女っぷりを嘆くポイズン。
2人の動きが、どんどん大げさにドラマティックになり、
圧倒された強盗さんも人質席(?)に退場して体育座り(笑
劇団ブログによると、
どうやらちぎれ飛んだYシャツのボタンは、
濱沖さん自身が、また縫い止めている様子。
なんかもうポーターさんはいろいろツボでした。

解体業者の主婦も、人から「イイ女」と思われたくて
本当はホストに貢ぐためにお金がほしいのに、
娘を養うために裏の仕事をしてるのよって嘘ついてるし。
(そもそも娘がいるってところから嘘なんかい!)
あ、でもお金に対する彼女の主義は自分に近いものがあるかも。
「拉致られて解体業」の新人くんは、
賭麻雀にはまりすぎて大負けヤロウ。
ドヤ顔の「倍プッシュ」に思わず笑ってしまいました。
どんなアカギですか…。


銀行強盗の「田中」役が森山くんだったのですが、
まぁ気弱なところからの開き直りブチギレや、
ポーターと新人くん、強盗3人の
「ラー○ンじろう」へのアツイ語りっぷりなど、
今回も楽しい役でした。
あと面白かったのが
目出し帽いつの間に取れたの? からの羞恥っぷり。
ずっと素顔さらしてたのに、
本人は目出し帽かぶってたつもりらしい…(笑
なかなか見ない顔でしたなぁ(笑

あと、さっきポーターのところでも書いたけど、
ポーター&ポイズン愛の劇場。
急速に演劇じみてくる彼らの勢いに押されて
呆然と席に戻る様。
そして2人に望まれたようにまた登場し、
悪役じみたセリフをはく羽目になる様が笑えました。

まぁ、笑えるだけの役ではなかったのですけどね、
この強盗さん。
実は、元はどこぞの劇団主宰。
彼が銀行強盗になりはてた理由が、
森山くん自身の年齢とか思うとね、生々しいなぁ、と。
好きなものが、好きだから故の苦しみですね。

好きなものを好きでいられなくなってしまう前に、
手放すという選択もあるし、
好きでいられなくなっても、自分にはそれしかないから
手放さない、手放せない…って選択もまたアリでしょう。
それは他人にどうこうできることじゃない。
わかっている田中さんだったからこそ、
行き場のない憤りを抱えてしまったのでしょうね。


闖入者の貧乏劇団員x3ね。
漫画好きの「中島」くん、競馬狂いの「ケン」くん、
こぜりあう2人の間でモジモジの「ミコ」ちゃん。

中島くんは、好奇心の旺盛さゆえに、
放置されていた死体鞄を開けてしまいます。
しかしすでに
テロリスト「スモーク」は息を吹き返して逃げた後。
戻ってくる足音に気づき、
ミコちゃんを鞄に詰めて隠します。
その鞄が、二億円と間違われて、さぁ大変。

中島くんは基本、常に仲間を守るために行動してます。
柱の陰に隠れてるときも演技は続行。
私の座った席からは物理的に見えなかったのです。
本当は2回観て、柱の裏も観たかったなぁ。
中島役の二川さんですが、
実は彼も演技の幅が広いんですね。
今回は作品中で「演技をする演技」をしていたせいか、
彼の演技力が特に引き立って見えました。

ケンくんは、劇団の舞台美術と大道具。
劇団の積立金を競馬につぎ込んでしまいました。
レディポイズンとポーターの会話を聞いて、
自分たちと同じように
「廃ビルで稽古している劇団員」と勘違い。
でも話をしているうちに
「ニュースで言ってた銀行強盗では…?」と思うように。
(惜しい! けど、
 この2人は銀行強盗ではなく殺し屋&運び屋)
KYな感じの兄ちゃん喋りから、
怯えた子犬風味にチェンジしていく様が面白い。
普段は中島といがみ合いつつも、
ピンチになると仲間を守ろうとする様子で
あぁこの子も根っからのダメ男じゃないんだなぁ…と。

ミコちゃんは、本名は三田琴音ちゃんと言うらしいのですが、
「みたことね」→「見たことねぇ」と言われるのが嫌で、
みんなに「ミコ」と呼ばせています。
普段は男2人に振り回されるは、
廃ビルでは吐瀉物まみれになるわで散々でした(ノД`)
ただ、彼女が強盗さんに言った
「好きなものを嫌いにならないでください」は、
きっと彼の心を揺らしたんだと思います。
だって強盗さんは、
彼らの「ハッタリ」に協力してくれたから。

そのハッタリのシーンが、作中でいちばん興奮するところ。
終盤、中島の機転で3人はビルからの脱出を試みます。
「実は俺たちが3人でスモークだ」と、
ハッタリをかます作戦。
スモークが変装の達人というのを利用し、
即興芝居で彼らを騙そうというのです。
私ね、こういう、
丸腰の人間が知恵を絞って武器持ちに対抗する展開好き。
ゾクゾクわくわくしながら、彼らを見ていました


チラシには名前があったのに、
キャスト表には名前がなかった刑事役の中山さん。
「中山さんいつ出てくるんだろう…?」と
客が思ってしまうのを避けるため、そして、
「あの刑事自身、登場人物の誰かが化けた姿だから」
って理由があるのかな、と思いました。

アトリエ公演で、
席も30席くらいしかなかったのですが。
作中の劇団員役の売れてない感じを実感できる
心地よい手狭さ。
一回しか観れないので、柱の陰はもう諦めて、
それ以外の見通しが良さげな席に座ったら、
森山くんが目の前で演技しまくるナイスポジションでした。

ソラトビヨリst.の次回公演は今年の末だそうで。
脚本は森山くんが書くらしいヽ(゚∀゚)ノ

11月の末~12月頭は大阪行っちゃうけど
それ以降なら今のところ空いているので、
また観に行ければいいなぁと思います。




おっと、

1日(土)ソワレの高円寺、
Proud JAPAN Project『えにし』、

2日(日)マチネの王子(←駅名)
ピンク地底人『ココロに花を』まで行き着かない。

この2作は、また明日以降書きすすめていくことにします。
書く書く詐欺にならないようにしたいなぁ。
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://maikuro96.blog90.fc2.com/tb.php/950-5a4d4f70

«  | HOME |  »

最近の記事


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索


プロフィール

まいくろ

Author:まいくろ
ついったー:maikuro9696
(画像は7年前に描いたものです)