『虚言の城の王子』観ました

観劇上京中。
空想組曲『虚言の城の王子』を観てきました。
これから夜公演も観るけど、
その後友人と会うので今のうちにざっくり投稿。

空想組曲さんは、
複数スジの観劇友さんからオススメされていて、
昨年10月の「LINX'S TOKYO」を観て、
「あ、ここは観に行こう」と思った劇団。

公演中なので詳細なネタバレは書きませんが、
辛いことの辛い部分を、
えぐるような言葉で突き刺しつつ、
「それでも…」をはっきり描いてくれてました。
それは完全な救いじゃなくて、か細い光だけれども。
見た先が完全な闇だったらどこに進めばいいか迷うけれど、
細くても光があれば、目印にはなるでしょう。そんな感じ。

笑うとかそういうんじゃなく、面白かったです。


↓ うっすらバレあり? につき、記事折りたたみ。



この作品には、絶望を抱えている人が複数登場します。
彼ら一人一人のエピソードが、
「自分の身に起こるかもしれない」って思わされることでね。
登場人物の誰もが、
他人を陥れようとはしてないんですよ。
なのに、状況は暗転していってしまうのです。
誰も悪くないんだよなぁ。それが現実的。

幸せを夢見ることは、誰の許可を必要としない行為。
でもそこに少しでも「現実からの逃避」があると、
その行為はむなしくなってしまうという…。
えっと、言葉にするのは少し難しい感覚なのですが。


桜庭(@大森さん)がかなた(@植田さん)に言う、
「あ、今なのかなぁ…って思うんだよ」のくだりが好き。
これは過去に自分の身近で起きたことを
重ねて見てたからってのもあるんだと思います。
永遠に忘れ去ることはできないけど、
忘れる瞬間があって、でもそれは罪じゃない。
絶望は決して無くならないけど、小さくなる。

聞いてみれば当たり前のことなんですけど、
はっきりと言葉にしてくれる人がなかなか居ない世の中です。
今回の作品、
過剰なほど言葉にしてくれるのが、ちょっとありがたい。

「姫」を挟んで
二人の「王子」が感情を吐露するあたりがビリビリしました。
どっちも間違ってない生き方なだけにねぇ。
「王子」の動きと身につけた小道具が、
どこか「ふざけてるの?」と思わされるようになってる理由も
このあたりで判明しますね。ゾクッとしました。


キャスト陣に、別のお芝居で観たことある人が数名。
加藤良輔さんは
『深説・八犬伝』や『BARAGA鬼ーKi』で観てます。
あと、堀池直毅さんも少年社中の公演で何度か。
思い返してみたらどちらも数年前のことなのですね…(^-^;

観劇前に少年社中のTwitterが
「ダメんずの堀池さんが観れるのはここだけ」
みたいなことを呟いてて、
ダメんず役(←あくまでも「役」が)が好きなまいくろは、
ちょっとウキッとしてしまいました(笑
それでまぁ、観に行ったら。
出てきた瞬間にもう「あー…」ってなるほどダメ男オーラ。
しゃべり出したらうわあ、こういう人いるいる! って感じ。
彼と付き合ってる月子(@上田さん)もね、
どんどん深みにはまる様がリアルだったなぁ。
彼らの結末が、
お互いに一歩踏み出してていいなぁって思いました。
片方に、未練が少しだけ見えるところが、あるよねーって(笑


「LIN'X TOKYO」の
『深海のカンパネルラ~R・O・D ver~』では、
しっとりと落ち着いた語り口と渋い声で、
まいくろを号泣させた中田さん。
今回はだいぶ違う印象の役でしたね。
みちる(@小野川さん)とのやりとりが全部泣けた…
ほんと不器用なんですよ! 精一杯なんですけど! 
えっと、役名が「佐久間」でね、
なんかアンドエンドレスの某役者さんがちらちら脳内に出てきて
観劇前にパンフレット読んでいて困りました(笑


ラストシーンがすごくキレイ。
虚実を客席各々に任せた感がありますが、
きっと彼と彼女にその思いがあるのだから、
あれは「実」でいいかなぁー、と私は思いました。


7月にシアター風姿花伝で
1ヶ月のロングラン公演があるそうです。
空想組曲、要チェックですね。

スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://maikuro96.blog90.fc2.com/tb.php/926-f0bc21d2

«  | HOME |  »

最近の記事


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索


プロフィール

まいくろ

Author:まいくろ
ついったー:maikuro9696
(画像は7年前に描いたものです)