『ごんべい』役別雑感 3

この作品、衣装と名前の関係がわかりやすいんですよね。
そんで、かっこいい。
火消し衆なんか特にかっこいいヽ(゚∀゚)ノ
和装パンクとでもいえばイイのか…
羽織の中に革ジャン的なのが見えて、鋲も打ってあるし。
アクセもジャラジャラつけてるし。

設定としては江戸時代なんですけど、
こんな感じの衣装着てるから
「プライベート」と現代語を言われても違和感ゼロ(笑

そんな、外来語を「ぷっらいべぇと」と発音する五代目。
長くなったので単独記事です。


↓ ネタバレ注意!


>五代目@野村侑志さん
「鬼組」五代目頭領。
ふらっと屋敷に現れた青年(=ごんべい)を、
鬼組に入隊させて身元を引き受けてくれた人。
名前も過去も語らないごんべいですが、
五代目は彼を詮索せず、よくしてくれました。

個性豊かな鬼組の面々をまとめる、渋格好いいオヤジ。
岡っ引き海山コンビの
「 ま た 五代目の力をお借りしたい」発言から、
江戸で起きた事件の解決に、何度も関わっているようです。

劇中で鬼組ファンクラブの人が
彼を「ちょいワル、ジロウラモえもん」と言っていました。
これが五代目の本名なのかしら(笑

マイノリティな生き方をしている人にも寛容で、
たいがいのことには動じません。
基本的に、いつも余裕の笑みを浮かべております。
あごひげをさわるのが、たぶん癖。
白髪交じりで、見た感じ50歳前後ってところかなぁ。
年相応の責任感と年期を感じさせつつも、
まだまだ世の中を楽しんでいる少年の部分も残ってる。

もうね、ほんと五代目は男のフェロモンがすごいんですよ。
肌の露出なんか最小限なのにねー。不思議。
劇中でよく見せてた、両腕をちょっと広げる仕草。
それだけ。
ただそれだけで大人の余裕? みたいなのがプンプンする。
羽織の襟元を直す仕草だけで、
あんなにドキドキさせるって何事!?
オープニングダンスでは
そんな色気あるキャラなイメージ無かったんですけど、
本編で動き出したら、
もはや太刀打ちできないレベルのものを発してくれます。

立ってるだけでも相手をクラクラさせてしまうような五代目。
なのにさらなる攻撃をかましてきます。

「やけどするぜぃ」とか、「ありがとな」とか、
「男、みせろや」とか、
老若男女かまわず相手を抱き寄せて耳元で囁く!
ヤバい! これはヤバーーーい!(//△//)
しかも、そこのシーンはマイク音声にエコー多め(笑
これをされた登場人物はみんなポーッとなります。

もちろん客席も大変なことになります。
1回目の観劇では「やけどするぜぃ」をほぼ真正面で喰らい、
まいくろは生きた心地がしなかった…
2回目観劇の時は別角度だったので致命傷は免れましたが、
後ろの席にいた友人によると
まいくろは「オーラが出てた」そうです(笑
ダンス中に拍手OKで良かったですよ。
興奮を拍手に乗せて、外部発散できましたからねー。
もうそうじゃなかったら、
2時間ちょいの公演の間に、まいくろは爆発していたはずだ。

そうそう、近くの席の女子が
エコーボイスシーンで押し殺した黄色い悲鳴を上げていてね。
わかる、わかるよ! って思いました。
これ、普通の人がやったら
まいくろは相手をぶん殴るレベルのキザ行為なんですが。
人生の酸いも甘いも噛みわけたような五代目がやると、
なんかもう手も足も文句も出ないですねぇ。

しゃべり方も、江戸っ子って言っていいのかしら。
語尾に「ぃ」が入るっていうか、そんな感じ。
「どうしたぃ」とか、
「暴れてやりなぁぃ!」とか、
「おととい来やがれってんだぃ」とか。
無理にドスを効かせてる印象は全くないしゃべり方なのですが、
言葉の一つ一つに迫力&カリスマ性があるという。

「カマイタチ」の言葉に興奮したごんべいを落ち着かせるのも、
大きな声だすけど怒鳴るんじゃなくて
笑顔のまま声だけ真面目でね。上司の理想(笑


吉良邸討ち入りの際には、狐兵相手に立ち回ってくれます。
これがまた格好いいんだ~。
1対多数なのに、ぜんぜん焦ってる感じが無くてね。
倒すっていうか、いなすって感じ。
得物だって刃物じゃないんですよ。
なんていうのかな。あの、棒の先に房が付いてるの。
全体的に漂うハンパない最強感がね。
五代目って実は尾張の化け狐様なんじゃないの? 
…とすら思ってしまう。ほら、つり目だし(笑


ミュージカル的シーンでは、
ソロパート歌った後、一瞬はおりを脱ぐ!
なんなの? ヒロミゴーなの!? 
五代目いちいち格好いいんですけど!
そんなわけで、五代目関連シーンではまいくろ大火傷です。
もうね思考回路がショートして
「なんなの?」って言葉しか浮かばない(笑

だって野村さん、
10月に観たLINX’Sではチンピラ風味の囚人役だったのに…
そのあとUstreamで見たのは小学生(以下?)役だったのに…!
年末に見たDVDでは胡散臭い策略家役だったのに…!!
全部別人じゃん! なんなの!
この人は演技の引き出しが多すぎます。
しかも目の前でやられたらもう、文句なしです。
こりゃあ今後も出演作を追っかけたくもなりますって。
そういう訳で今年はきっと遠征多めです(笑

基本的に五代目のお笑いシーンは少なかったです。
五代目自ら笑いを起こす発言をするのは、
おりんを見ての「自我がスゴい!」くらいでしょうか。

あと、とんずら思考の岡っ引きコンビを後ろからホールドして
うまくやる気をくすぐる発言のところ。
「俺たちのことわかってるぜ」
「きっとあいつ二刀流だよ」ってな事を言われてました。
五代目のキャラ的に、
ここは何を言われても余裕の笑みで見送るしかない(笑
その空気に、思わず私は笑ってしまいました。

でもね、ちゃんとその後
「さて…いっちょう暴れてくっかぃ」って、
渋く去っていって空気をシリアスに戻していってくれます。
おそろしや…おそろしや大阪王子!

なにげに追っかけ組を連れて歩いてるあたりで
五代目の出番、実は終わってるんですけど。
最後まで、どっかから出てくるんじゃない? ってな存在感。
もう、五代目は頭の先からつま先までどんぴしゃでした。

お目当ての役者さんを、
ますます好きになれる作品を観れて超幸せヽ(*゚∀゚)ノ

スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://maikuro96.blog90.fc2.com/tb.php/921-9fd0a6d4

«  | HOME |  »

最近の記事


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索


プロフィール

まいくろ

Author:まいくろ
ついったー:maikuro9696
(画像は7年前に描いたものです)