スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『陽炎ペイン』一回目

昼公演を観て、電車の中でリーフレット見ながらヤキモキ。
なんか頭痛くなってきた(笑)
まいくろです。

『陽炎ペイン』観てきました。

えっとね、
まだ千秋楽まで公演残ってるし、
詳しいこと書かない方がイイと思うのでさっくりとね。

ザウルスで聞いたフレーズがちょいちょい。
あと、KASSAIでやった某アンドレ公演で感じた違和感を、
修正してもらった感じ。
ラストの洋二郎さんのセリフが、
私が受け取った全てを表してる思います。

石川さんは結構歌います。
前方の席は見上げるかたちになることもあって、
年齢がわからない…(笑)
彼女はイイ意味で人間味を感じさせない演技でした。
彼女が神秘的であればあるほど、
この作品の空気感が締まる。

ミルフィーユをフォークでガッと切って、
大口開けて食べたような作品。
層一つ一つの味を考えるより、
まとめて織りなしているものを味わえればイイかなって。

本命くんね、前半で凄いことになってます。
後半でもけっこう大変なことになってます。
ひさびさの正統派イイオトコ。


あと、オープニングの彼と彼女が登場したときにときめきました。
あの絵ヅラたまらん…!!


正直、まだまだ謎しか残っていません。
リーフレットのあれも、
終演後に一生懸命並べてみてるんだけどうまく繋がらなくて。

私は西田さんの脚本は基本的に2回分チケット買いますが、
ライト層のためにも
こういう造りの作品はリピーターチケットが欲しいところだよなぁ。
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://maikuro96.blog90.fc2.com/tb.php/910-3258d741

«  | HOME |  »

最近の記事


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索


プロフィール

まいくろ

Author:まいくろ
ついったー:maikuro9696
(画像は7年前に描いたものです)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。