スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

舞台『一騎当千』観てきた!

帰りに上野で、
パンダパンダロール(ケーキ)なんてものを買ってしまった…
まいくろです。

西田さん脚本演出振付の
舞台『一騎当千』観てきました。
公演告知を見たときは、
「西田さんとこういう作風って繋がるの!?」と、
申し訳ないけど驚きでした。

今まで観てきた西田さんの作品だと、
乳とか尻とかそういう表面的なのを排除した感じの
「女らしさ」をウリに描いてたように思ってたから、
そういう表現あえて避けてるのかなーって。
(だから安心して見られたってのがあるんですけど)

まぁ、原作付のお芝居なら、
基本的に原作には手をつけてから臨みたいのがまいくろ。
ガッツリと読み倒してきました。
そしたらね、乳尻太ももがバンバン出てくるけど、
ストーリーは三国志を知ってるとへへーってなる展開だったりして、
面白かったんですよ。
(しかしこのマンガの黄忠さんは好みじゃない)


んで、本日の観劇。

キャラメイクもストーリーも、
原作大事にしてるのがよくわかります。
立ち方とかその時の表情とか。
何カ所か、
「まだ硬いかな」って思うところも無きにしもあらずですが、
ほんの一、二瞬です。
ストーリーは原作をただなぞるだけじゃなくてオリジナルの要素も入れてあってね。
私は原作を崇拝するほどではないので、
多少はしょってる部分も有るかなーと思ったけど、
ああいう展開にしたのは熱くてイイなと思いました。
個人的には、
もうちょっと説明ほしい…な部分もあったり。

女の子ばかりでも、
容赦なくバリバリ殺陣ります。
数名の女優さんは、
演技自体は観たこと有るけど、
殺陣してるの見るのは初。
新たなる魅力。
叫び声がすごくいい感じのキャストさんが居ました。

あと、鳥肌立つシーンがあってね。
それは原作にあったシーンなんですが。
生の人間がやっている分、
ビリビリきたんです。
あと、意図してるのかしてないのか分からないけど、
髪型が変わって別人に見える。

アンサンブル勢も個性出しててね。
闘士の役が付いてる人たちもいて。
平野君、石井君は私好みの演技です。
というか平野君が意外だったかも。
トルネードくんは殺陣だと本命くんポジション的な。
顔良さんの突き抜け、好きですねー。


さて開演前、
席についたら周りが男子でうまってて、
やはり原作ファンが多いのかなぁとドキドキしたものですが、
いざ時間になったら両隣女の子でちょっと安心しました(笑)
いや、なんかアウェイな感じから抜けたっていうかね。

一見さんでも全然問題なく面白いシーンなのですが、
西田作品を観なれた人だけがピンとくる仕掛けもあったり。
彼の名前や、彼女(?)の再登場もウキッとするポイントです。

パンフレット買ったんですが、
良子さんが!
かつてない良子さんです。
そして舞台前半で、
おそらくまいくろ観劇史上初の良子さんでした…!!
日本語が破壊されてますが、そうとしか言えない。

洋二郎さんはね、
原作見たとき
「あー、このキャラ洋二郎さんだよ!」
って、はっきり思ったキャラクター。
特にイメージシーンの洋二郎さんが好き。
一番やってほしいシーンは実は観れなかったんですが…
脳内補完します(笑

あと、ほんと個人的な色眼鏡。
某シーンの曹操の殺陣が、
役者は違えど『RE-INCARNATION』の西田曹操の斬り方だなぁって思いました。



三国時代の英雄の魂を「勾玉」として受け継いだ高校生たち。
天下を取る才を持つ彼らを弄ぶ

内包された「龍」の力。
運命は1800年前の三国時代を繰り返すのか?
それとも、新たなる道を拓くのか!?

そんな感じの燃えるアクションストーリーです。

もし明日予定が無いか、
夜公演が17時開演だったらリピーターチケット買ったのに!
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://maikuro96.blog90.fc2.com/tb.php/901-8de367a2

«  | HOME |  »

最近の記事


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索


プロフィール

まいくろ

Author:まいくろ
ついったー:maikuro9696
(画像は7年前に描いたものです)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。