岩崎くんと武捨さんの退団

久々のまいくろです。
先週末に観てきたソラトビヨリst.『病んだらおいで』の
感想をあげたいところですが、その前にいくつか。

遅ればせながら、拍手ありがとうございます。
どうやら前回の記事で、
無自覚に意味深な言葉を書いていたようで…
紛らわしくてごめんなさい、
ペースが落ちただけです、引退とかないですヽ(*゚∀゚)ノ
するときはちゃんと言います! ←


さて、昨日のこと。
アンドレ公式サイトにお知らせが掲載されました。

岩崎大輔くんと、武捨祐里ちゃんが退団したそうです。


岩崎くんは、本命くんと同期のWS1期生。
初めて観たときは、『BIRTHDAY』。恋する小説家だったかな。
お店で見かける、
いつも本を読んでる女の子に恋しちゃってるんです。
でも、なかなかアタックできなくて。
その次は『キリテ』で、金髪の王子様でした。
良子さんの相手役。幸せそうでね。でも悲劇にみまわれて。
観るたびに印象が変わってた役者さん。

まいくろが好きなのは、
『THE RUN&HIDE&SEEK』梅山とか『Cornelia』シーリアなどの、
ちょっとダーティな感じのイイ男役な岩崎くん。
あと、『DECADANCE III』の時計職人ギリング、
『堕天』『神殿』『遅咲きの蒼』右仲のような外見ヘタレ岩崎くんも好き。

ほかにも、
『NEW WORLD』フランなどの知的王子様系もこなしてます。
『枯れるやまぁ…』利家など、笑わないけど優しい男とか。

『ONLY SILVER FISH』『+GOLD FISH』パーカーや、
『桜の森の満開の下』シシュンなど、包容力のある役もやってましたね。

自分の役に対する姿勢がとても真面目でね。
なりきるんじゃなくて。こなすんじゃなくて。
その人物の行動一つ一つについて、
「なぜこの人物はこんな行動をとったのか」という理由を探して、
自分の言葉で後々でも説明できるようになるまで噛み砕いて、
身体に染み込ませて演じていくような感じ。

岩崎くんは、個人ブログ(今月中に閉鎖予定)でご挨拶してくれています。
役者もSEの仕事も続けていくようです。
また会える日も、そう遠くないのかな。



武捨さんは、WS3期卒業公演『SO-GOOD!』で観たのが初めて。
その次、4期でもWS生でした。
卒業公演『WHITE WHITE SCARECROW』では、赤い靴の少女。
3期の笠音ちゃんは明るい子で、
ペロッと空気読めない発言が出ちゃったりもする。
4期の少女は、暗い部屋(死?)から逃げたくて逃げたくて。
旅をして、誰かと共に行くことを知る。
今思うと、3・4期でまったく別方向の女子を演じてたんだなぁ。

最新の演技は『Re:ALICE(2012)』ドルディでした。
Wキャスト、髪の長いほうのドルディ。
もう片方のドルディよりちょっとだけ大人びてて、
ウソをついてるんじゃないんだけど、なんか我慢してる印象がありました。
ドルダムが喋ってるときに、横でちょいちょい動いてるのが可愛かった~。

シングルキャストでの最新は去年になってしまって『美しの水』。
外伝でもあり、エピローグでもある「大地」に出演。
松尾芭蕉の弟子の、會良(そら)役。
お菓子で口の中の水分持ってかれちゃってる師匠の横で、
空の水筒持って困ってるエピソード。ほんと一回だけ上演の罠だったなぁ(笑
衣川に筆を浸して、つわものたちと対話を試みる姿がね。
思いが受け継がれていくことの美しさ、そして、
人はいつだって出会いを求めて生きているんだなという事を教えてくれました。

出演されないときは、ファンドレブースに立ってることが多かったです。
よく、ハンコを押してもらいました。
ちょこっとそのついでに世間話をしたり。
いつの間にか顔と名前を覚えられていて、ビックリでした。
同現象、報告多数だったりします。人の顔覚えるの得意なのかな?
普段は開場時間から開演前までずっと劇場内に音楽が流れているのですが、
『熱海殺人事件』の時はそれ(客入れ音楽)が無くて、
無音のプレッシャーに耐え切れずにロビーに脱出、
武捨さんの笑顔に癒されたりもしました(´∀`*)


本命くん、本命女子さん、そして岩崎くん。
彼らWS一期生がドレメンになった時と、
私の観劇人生の始まりがほぼ同じだったので、特に思い入れがあるメンツ。

WS卒業公演、
私は第1、2期のは観れてないんですけど、
それ以降はほとんど観にいってます。
本公演とはまた違う、宝石の原石を見ているような感覚。
それが好きで、それを見せてくれるWS生達に思う事も色々あります。

住む世界も歩く場所も違うけど、進むペースだってもちろん違うけど、
彼らが歩いている姿を見ることで自分も進む気力が湧くっていうかね…
もちろん退団なわけですから、同じ空の下を生きていることに変わりは無く。
今はネット社会ですから、
SNSやブログなどで、遠くなっても近況を知ることだってできる。

ANDENDLESSという船を下りて、降り立つ場所がどこであろうとも、
今後も幸せな日々を送れるように祈ってます。

スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://maikuro96.blog90.fc2.com/tb.php/884-79396b04

«  | HOME |  »

最近の記事


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索


プロフィール

まいくろ

Author:まいくろ
ついったー:maikuro9696
(画像は7年前に描いたものです)