記憶を掘り起こして、三国志。

『安穏 目吐露濃霧』終演挨拶が、WS稽古場日記に掲載されてますね。
本当に本当にステキな作品でした。
また思い出しちゃう。
まいくろです。

このたび本命くんの挨拶も掲載されまして。
ほぼ全員そろっています。コンプが楽しみ。


さて、2月の三国志舞台『RE-INCARNATION』。
配役が特設サイトで発表されています。
ツイッターでは、西田さんが自ら「長坂の戦い」を描く、と発表しました。

開演前にここまで出るって事は、
知識入れとくの推奨~って感じなんでしょうか。


まいくろの三国志知識はおもにゲーム「三国無双(ただし4まで)」、
マンガ『三国志(寺島優・原作&李志清・画)』
『蒼天航路(李學仁・原作原案&王欣太・画)』
小説は『三国志(北方謙三)』でGETしています。

しかしかなり前に得た知識なので、今ではかなりうろ覚えです。
ざっくりいうと、
魏(君主:曹操)・呉(君主:孫権)・蜀(君主:劉備)の三国が、
中国統一をするべく争いましたって話。

チマタでは小説『三国志(吉川英治)』、
マンガ『三国志(横山光輝)』がバイブル的扱いを受けています。
実はまいくろ、両方完読できておりません(TдT)
今のタイミングなら…読み切れる自信あるかも。

あと、マンガ『三国志(久保田千太郎・作&園田光慶・画)』も読みました。
しかしこれは、画的にも内容的にもギャグとしか思えなかったなぁ。
たぶん真面目な作品として書かれてるのだと思われるのですが。
みんなの衣装とか…孔明の顔とか…展開とか…突っ込みどころが多すぎなんです。
気になる人は「園田三国志 エイヤッ」でgoogle検索かけるといいかもしれません。

あ、あと三国志ネタのギャグマンガもいくつか読んでます。
もう処分してしまったのですが記憶を頼りに調べたところ、
『STOP劉備くん! (白井恵理子)』と『SWEET三国志(片山まさゆき)』でした。

個人的には、初めて読むなら文庫化もされてて横光三国志より巻数の少ない
マンガ『三国志(寺島優・原作&李志清・画)』が、
ストーリーもプレーンな感じで読みやすいかなぁ~と思います。
ただ描かれてる武将は、基本的にみんなおっさんです。
イケメンがきらきら戦う絵柄など皆無です。
ゲームとか舞台だと、イケメン三昧なんですけどね。
そこは史実に忠実。


以下に『RE-INCARNATION』のキャストを一応書き出してみましたが、
武将達の名前に特殊な文字が多いので記事に反映されないかも。
妙な空白があったら、そこには特殊文字があると思ってください(^-^;

あと、覚書として、各登場人物で自分の記憶に残ってる事も書いときます。
基本的にゲームでの使い勝手とかマンガのビジュアルとかになる予感。

『RE-INCARNATION』の内容とは一致しないと思います。
だって西田さんの書く三国志だし。


 ↓ 長くなったので折りたたみ。

「長坂の戦い」は、基本は劉備vs曹操という構図。
しかし実際に戦うというよりは、
「逃げる劉備と追う曹操」というほうが正しいのかな。



>諸葛亮(孔明)@米倉利紀さん
ショカツリョウ。またはショカツコウメイ。
劉備の部下で、軍師。眠れる竜、臥龍。
人里はなれたところで晴耕雨読の生活をしていたところ、
劉備にスカウトされた。
その際、劉備は彼の家を三回訪れたとか。(三顧の礼)
とにかく頭がいい。
劉備とは「水魚の交わり」といわれるほど仲がいい。
曹操に対抗する手段として、天下を三つに分ける天下三分の計を劉備に提案。
三国無双では羽扇からビーム出してたりする。
奥さんは不美人らしい。でも、彼女もすごく頭のいい人だったそうな。


>趙雲(子龍)@中村誠治郎さん
チョウウン。またはチョウシリュウ。
劉備の部下。のちに蜀の五虎将。
ゲームとかマンガでは爽やかイケメンフェイスなことが多い。
「長坂の戦い」ではかなり大活躍する場面がある。
ネットで彼の創作系イラストを探すと、
かなりの確率で赤ん坊を抱いているのはそれのせいなんだろうな。


>張郃(儁乂)@田中良子さん
チョウコウ。またはチョウシュンガイ。
曹操の部下。
元は袁紹の部下だったが、
内紛で袁紹から疎まれそうになったので自ら曹操の下に降伏。
三国無双では美しさにこだわるポニーテールのナルシスト爪使いだった。


>夏侯惇(元譲)@広瀬友祐さん
カコウトン。またはカコウゲンジョウ。
曹操の部下。
曹操のいとこ。曹操と仲良し。隻眼。
敵に目を射抜かれて「親からもらった目を捨てるわけにはいかん」と、
矢についた目を食べちゃったらしい。
三国無双の夏侯惇の声優さんはゲーム「戦国BASARA」の声優さんと同じ。


>劉備(玄徳)@佐久間祐人さん
リュウビ。またはリュウゲントク。
最初はしがないわらじ売り。のちに蜀の君主になる。
たどっていくと皇族の血を引いているらしい。
関羽、張飛とは「桃園の誓い」を経た義兄弟。

マンガや小説などでは人格者である、と描かれることが多いが、
長坂の戦い中の彼は「それってどうなの?」と思うような事をする。
しかし、中国の観念からいくと、そこまでおかしいことでもないみたい。
福耳。


>夏侯淵(妙才)@サントス・アンナさん
カコウエン。またはカコウミョウサイ。
曹操の部下。史実だと男性。曹操&夏侯惇のいとこ。
三国無双のビジュアルイメージが強かったし、
夏侯惇を「惇兄(とんにぃ)」と呼んでいつも一緒だったので、
本命くんが演じたらいいなぁ…と思ってたら、
まさかの女の子で衝撃を隠しきれない。


>甘夫人@甲斐まり恵さん
カンフジン。
劉備の奥さん。
息子の名前は阿斗(あと)。
頭の中で正室の糜夫人とごっちゃになってた。


>張飛(益徳)@村田洋二郎さん
チョウヒ。またはチョウエキトク。
劉備の義兄弟。もう一人の義兄弟、関羽は今回出てこないみたい。
『三国志演義』だと張飛の字(あざな)は翼徳だったりする。
でも『RE-INCARNATION』では益徳。ということは正史がベースなのか?

彼も長坂の戦いで凄い見せ場がある。
基本的にマンガ小説ゲームでは体格丸い系の髭男として描かれることが多い。
寺島優&李志清のマンガ『三国志』での、
兄者(=劉備)が孔明とばっかり仲良くしてムキー! と、
スネる描写がかわいい。
…体格丸い系の髭男だけど。


>黄忠(漢升)@赤塚篤紀さん
コウチュウ。またはコウカンショウ。
劉備の部下。けっこうな爺さん。弓が得意。
三国無双では「まだまだ現役じゃ~!」と大騒ぎしている。
しかし武力はかなりあって、彼も後に蜀の五虎大将になる。


>虫夏@猪狩敦子さん   
特設ページによると「はか」と読むらしい。
資料なし。たぶん舞台オリジナルキャラ。

「夏」という字がついてるのと、
史実で張飛が夏侯一族の女性を妻にしたのは関係有るのかな?
それとも『蒼天航路』での劉備の奥さんが「火華 夏」って名前だけど、
これは蒼天オリジナルなんだろうか。


>許褚@椎名鯛造さん
キョチョ。
曹操の部下。
ふだんはポーッとしてるけど、
戦場では勇猛果敢なのでついたあだ名が「虎痴(こち)」。

ゲームやマンガだと、
ものすごい巨漢のパワーファイターとして描かれるので、
今回のキャスティングに驚愕した。
小説の北方謙三『三国志』では曹操の詩を聞いて泣いたりするかわいい子だった。
これも本命くんが演じたらなぁ…とおもっていた人物であった。


>張遼(文遠)@谷口賢志さん
チョウリョウ。またはチョウブンエン。
元は董卓の部下。董卓が死んだら呂布の部下。
その後呂布が曹操に敗れ、曹操に下る。けっこう転々としてる人。

関羽と仲良し。
曹操に(期限付きで)下った関羽が、曹操のもとを去ると決めたときに説得に来た。

三国無双では青龍刀使いで使い勝手がよく、声も良かった。
必殺技のときの声「邪魔だー!」が「山田ー!」に聞こえたため、
ネット上で「山田」というあだ名がついてた…という印象が強く残っている。


>劉表(景升)@塚本拓弥さん
リュウヒョウ。またはリュウケイショウ。
荊州という地を治めてる人。
同じ苗字のよしみで、劉備を庇護していた。
家督争いで、息子2人がもめている。


>曹仁(子孝)@杉山健一さん
ソウジン。またはソウシコウ。
曹操の部下。この人も曹操のいとこらしい。
…曹操、親戚多すぎ! つーか親戚仲良すぎ。
三国無双のビジュアルは、もうケンコバかキム兄にしか見えない。
蒼天航路の曹仁のビジュアルは、
もう『枯れるやまぁ~』にも出演された某M田さんにしか見えない。


>楽進(文謙)@竹内諒太くん
ガクシン。またはガクブンケン。
曹操の部下。一番槍。ブッコミ系。
他の三国志モノでは、名前出てたっけ? くらいの印象。
蒼天航路では、全身キズだらけビジュアルで、凄い活躍してた。
魏の五大将になる。
おそろしいことに、正史で「小柄」と描写されているらしい…
なるべくしてなった役なんだと思います。期待。


>荀(文若)@一内侑くん
ジュンイク。またはジュンブンジャク。
曹操の部下。軍師。
イメージは「THE・クソマジメ」。
最初のうちは曹操と仲が良かったけど、
帝に対する意識の違いから、晩年は曹操と不仲に。
曹操から空っぽの器を贈られた…というエピソードが印象的。


>魯粛(子敬)@平野雅史くん
ロシュク。またはロシケイ。
呉の軍師。孫権の部下。
『RE-INCARNATION』判明してるキャストでは唯一の、呉の人。
対曹操策でもめている呉内で、劉備と同盟して開戦論を推す。

『SWEET三国志』では半魚人のビジュアルだが、
おそらく名前の字面でイメージ付けられたんだろうな…


>曹操(孟徳)@西田大輔さん
ソウソウ、またはソウモウトク。
魏のトップ。
おしもおされぬ乱世の奸雄。
身分出身問わず、才あるものを登用した。
マンガ『蒼天航路』の主人公。
劉備を中心として描かれる三国志作品では、たいてい悪役扱い。

劉備の才を見抜いていて、まだ若輩の劉備と一緒に食事をしてる最中に、
「天下の英雄になるのは君と余だ」とプレッシャーをかけてみたりする。
(このとき劉備は、雷に驚いた振りをしてごまかした)

彼のビジュアルに関しても、正史には記述があるらしい。


公演まであと少し。
やれることはやっていこうっと。
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://maikuro96.blog90.fc2.com/tb.php/843-5403ae49

«  | HOME |  »

最近の記事


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索


プロフィール

まいくろ

Author:まいくろ
ついったー:maikuro9696
(画像は7年前に描いたものです)