『安穏 目吐露濃霧』 役別雑感 3

『RE-INCARNATION』 ~BIGINNING!~、
ファンドレ先行の抽選結果が発表されました。
とりあえず楽日の昼夜が確保できたのがうれしい。

あと1枚欲しいところがあるけど、
それは21日からの一般発売でがんばろう。
まいくろです。


さて、『安穏 目吐露濃霧』役別雑感(現代編)前編。


↓ ネタバレ注意!



>サンタ
本名はシンタくんなんだけど、
誕生日がクリスマスだからあだ名はサンタ。
オオイとは、学生時代に仲良くしていました。
最近思わず再会して、また連絡を取り合うように。

ある日突然、恋人が行方をくらまします。
彼女の荷物も全部跡形もなく、
まるで最初から居なかったみたいに。

携帯にかけても繋がらず、
髪の毛も指紋も残ってなかったそうです。
どーやって調べたんだ…と思ったら、
髪の毛はコロコロクリーナーで、
指紋はベビーパウダーで調べたらしいです。
うーん、恐ろしいほど執着されている。
そりゃあ重すぎて彼女逃げるわ…と、
誰もが思ったことでしょう(笑
「俺が女でも逃げ出すわ」という、オオイの発言に頷いちゃう。

でもちょっと最近、
こういう系の男子にグッときちゃう自分がいます。
(もちろん、物語内のキャラクターにのみ発動)
演じてる彼の動きのせいもあるかもしれないなぁ。
彼女のことをオオイに自慢したくて
携帯内の写真を無理矢理みせようとしたり、
一人効果音「じゃじゃん!」とか、なんかかわいいんだよなぁ。

「もしかしてお前(中略)だったら許さねえぞ~!」のくだりは、
彼のシャウトっぷりと今までの執着っぷりから、
すごくドキドキしました。
この作品、緊張感のキレがいいのです。
絶対殺して埋めたのコイツだ! と思ってました。
途中まで、オオイはサンタの別人格だと思ってたし。

でも梅澤くん、以前のWS卒業公演の
『THE RUN & HYDE & SEEK』では菱川役だったんですよね。
『ESORA』や『美しの水』にも出てたし。
その時はこんなにアブナいイメージは無かった…(笑
演技するって、スゴいことなんだな。

「もらう側なのに取られちゃってサンタくんかわいそう」
ってのが、イマイチよくわかんないんですよね。
誕生日プレゼントをもらう日なのに、
クリスマスプレゼントをあげる日でもあるから…って事?

その後に続くオオイの、
「サンタ自身からしたら」ってのもなぁ…あぅあぅ。



>由香
オープニングで一心不乱に何かを埋めている女性。
彼女は、死体を埋めています。
妹とともに、明日からの平穏な日々を生きるために。

死体を埋め、日常に戻ったと思われたかに見えたある日のこと。
彼女の携帯電話に見知らぬアドレスからメールが届きます。
文面は「お前たちの秘密を、知っているから…」
由香は妹の琴を問いただし、
琴が秘密をとある青年に漏らしてしまったことを知ります。
それがサンタくん。
琴との接点は、ネットゲームらしいです。
サンタのところに口止めに行った由香は、
逆に「埋めた場所に案内してほしい」と頼まれてしまいます。

この途中の展開がサスペンスチックでね。
絶対サンタを殺すんだろなぁと思ってました。
いつ殺すか、いつ殺すか…と、不謹慎なこと考えてました。
でも由香はなかなか殺しません。
それはおそらく、
サンタがどうしてその場所につれてくるよう頼んだのか、
その理由が知りたいから。

サンタがどうしてあの場所に行きたがったのか、
実はサンタ自身もよくわかっていません。
ラストまで観ても、はっきりと明言されてないので、
鶴姫の導きなのかな? と想像するしかない…

ほんとになんとなくなんだけど、
サンタくんにはヒバゴンがちょっと入ってる気がする。
「こんなところに眠っているなんて…僕なら生きていけないなぁ」
っていう何かを受信したような発言がすっごい引っかかってます。


初回観劇では埋まってるのは行方不明のサンタの彼女だ…と、
まいくろは思っていましたから、
無難に三角関係なんだろなーと動機を想像してました。
はないちもんめの、
「あの子がほしい」「あの子じゃわからん」が聞こえてきますし。
そこは当然西田さんの脚本ですから、全然違いました(笑


彼女は、
由香という名前ではありませんが戦国時代にも生きてます。
名前は確か…カガミさんだったかな。
安成の恋人です。
不思議なことにカガミさんを演じてるの、
オオイの彼女、トキの役者さんじゃないんですよね。

現代を歩く鶴姫が、なぜ由香の目の前に姿を現すのか。
好きな人の好きな人=カガミの魂を持つ人だからなのかな?



>琴
由香の妹。
学校でいじめにあっています。
無視してくれればいいものを
「琴を喋らせてあざ笑う」というタイプのいじめなのです。
だから彼女は、
会話にどう答えればいいのかわからなくなっています。
「ことば」にならないから「こと」なんだろうか。

イメージシーンで彼女、手首にカミソリ当ててます。
そこに由香が現れて、琴の手を引いて歩かせます。
この時点でたぶん殺人事件の主犯は琴で、
由香は庇ってるのかな~? と思うわけです。
でもその時は琴がいじめられてるってこと知らなかったので、
殺した動機はぜんぜんわかりませんでした。
だからてっきり三角関k(以下略

彼女、オオイが見えます。
琴は驚いて逃げるわけですが…あの場所はいったいどこだったのか。
オオイが「サンタは?」って聞いてるから、
おそらくサンタの部屋だとは思うんですけどね。

彼女はWSで何回か観てるのですが、
観るたびに見た目年齢が上下するという不思議。
以前の再演『RE;ALICE』だと、
もっとすっごいオトナみたいな顔だった気が…。



>真樹子
琴のクラスメイト。
いじめに遭ってる琴を救ってくれた人間。
ですが彼女をいじめている黒幕でもあります。

「月曜日から、また楽しい毎日だね」のあたりから既に
絶対黒幕だよ~、って感じなのがプンプン。
鶴姫のように超能力ってわけじゃないけど、
他人の心を誘導する才能がある子なんだと思います。
そして心を自分の思うままに操るのを楽しんでいるみたい。

琴をハブってることに対しての罪悪感がないのがね…
こっわあぁぁぁい! と思ってしまいました。

「無視って飽きるでしょ? それ以上を探してるの」という
真樹子の言葉から判断するに、
このいじめ、対象が琴である明確な理由、無さそう。
なまじ役者さんがかわいい子だけにね。残酷物語です。
そりゃあ琴も「…そう…」としか言葉出てきませんよ。

とりあえず一人一人にあてて手紙書いてきた琴への
「病気だね☆」発言は思い当たる節があってドキッとします。
一人一人に役別で雑感書いてますので…(笑
アンドレ病ですが、何か? ヽ(゚∀゚)ノ

スポンサーサイト

Comment

[222] >ももさん

コメントありがとうございます(´∀`*)
楽しんで頂けててうれしいです、すごく励みになります。
こうやって書き続けていればいつかそうなるの分かってるけど、
あらためて「演者さんにも読まれている」と思うと、
なんかドキドキがとまらないなぁ…

トキちゃんの発言についての解説、ありがとうございます。
そういう意味の言葉だったんですね!
そもそも自分が彼女のセリフを勘違したゆえに混乱してたのも発覚したし、
すごくすっきりしました。

また劇場で(舞台の上でも客席でも!)お会いしましょう~。
本当に、ありがとうございました☆

[221]

いつも楽しく拝見してます!本当に作品分析力に頭が下がるばかりです…!ありがとうございます。
トキ「でもかわいそうね、普段はあげる役目なのに、取られちゃって」っていうのはサンタクロースが普段はプレゼントあげる役目なのに、彼女とられちゃってかわいそうな意味です…!そうするとオオイの発言も納得できるはず☆もらうって聞かせちゃったのは大事な台詞として吐ききれなかった自分のふがいなさですね、ごめんなさい><
長文失礼しました。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://maikuro96.blog90.fc2.com/tb.php/841-51b388b0

«  | HOME |  »

最近の記事


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索


プロフィール

まいくろ

Author:まいくろ
ついったー:maikuro9696
(画像は7年前に描いたものです)