スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

舞台『戦国BASARA 3』ネタバレ雑感 壱

戦国BASARAのゲームを買おうかと思い立つも、
3はPS3かWii対応。さすがに本体後と買うのは気が引けます。
とりあえず自宅にはPS2しかないので、
すぐに買えるとしたら2か英雄外伝かX(クロス)ですね。

おそらくシリーズ内では異色作であろう、
格闘ゲームな「X」が気になってます。
青春はネオジオ、まいくろです。


舞台『戦国BASARA 3』のネタバレをさくっと書きましょう。
色々なエピソードが展開していましたが、
あれはゲームのエピソード総括なのか?
西田さんのオリジナルエピソードが入ってるのか?
私はイマイチ判別できないので、これはゲームをやるしかない。
しかしここでゲームBASARAを始めたら観劇に行く時間が…
ぬおおぉ。


そうそう、実はBASARAって、
まいくろが声優好きだった時代にハマッた人がいっぱい出てるんですよね。
キールとか五飛とかカズキとか碇ゲンドウとか妖狐蔵馬とかディムロスとか、
マジック総帥とかゼロスとかスナフキンとかビクトリームとか…(笑
もし出会いのタイミングが違っていたら、
アンドレから戦国BASARAに繋がるのではなく、
BASARA舞台 → 役者かっこいい! みたいな展開になってたかもしれない。


では舞台『戦国BASARA 3』ネタバレ雑感。
一回しか見てないのでだいぶアヤフヤな部分が多しです。

キャスト別さっくり感想は、とりあえず半分。

↓ ネタバレ注意!
全体的に殺陣が多いのは相変わらず。
しかし登場人物たちが「何故ここで戦うのか」が分かりやすかったので、
間延びした印象はありませんでした。

あと、登場人物の名前。
「○○役」の名前ではない呼ばれ方をしてる方が沢山です(笑
独眼流とかはまぁわかるとして、
刑部(ギョウブ)とか一瞬「うん?」となりました。
小早川秀秋は、もはやほぼ「金吾」でしたね。
史実でもそう呼ばれてたらしいです。
つまり歴史に詳しければどうってこと無いんです。
まいくろはそんな事さっぱり知らなかったので、
開演前に近くで誰かが「キンゴ超いいよ!」と語ってたのが聞こえたけど、
まったく意味不明でした。
役者名にもキンゴくんなんか居ないよ? って(笑
調べたら、なんか彼の官職由来のあだ名(?)みたいです。
そして確かに、舞台での彼は非常に美味しいキャラクターでした。



>雑賀孫市@山崎真実さん
クールビューティ姐御。
鶴姫とは姉妹的な関係みたいです。身長差がすごい!
「雑賀孫市」は代々伝わる称号みたいなものみたいで、
なんか本名っぽい名前を作中で呼ばれてたような気がします。

徳川と契約するときに、銃を天に向けて撃つんですよね。
そんときの腕の反動とかちゃんとやってて、あぁ銃だわ~と。
殺陣のときはあまり反動を表現しないので新鮮でした。
(反動が起きないのは、たぶんゲーム画面に合わせた動きだから)

「われらは誇り高き雑賀衆!」という言葉を良く使っていたのですが、
上から下を見る立ち位置が多い&髪型も相まって、
いつも下向いてるように見えて誇り顔が見えなかったのが惜しい…。

家康との勝負後、
手を貸してもらう→とおもったら形勢逆転→家康「えぇ~…」にウケました(笑



>鶴姫@川村ゆきえさん
AKB48的な巫女さん。
いい意味でぶりっ子というか天然というか…
ここまで来ると、いっそ清々しくぷりちー(´∀`*)
エア弓表現が見事だなーと思いました。
ちょこちょこすばやく動くけど、
射るときはちゃんと撃つ相手をまっすぐ見てるんですよね。
時々ちょこっと片足上げて撃つ様とか、可愛すぎる。

「私だって戦えます」といいつつ結果足手まといになるキャラクターが、
まいくろはあんまり好きではなくて…。(あくまでも、ゲームや物語のキャラに於いて)
でも鶴姫ちゃんはそういう系統じゃなく、マジで戦えちゃう娘。
孫市ねえさまの窮地を救ったりもします。
ハートマークを乱舞させて、COROSをメロメロにしちゃうワザが面白い。
メロメロになってる中にしっかり本命くん発見しました(笑


>黒田官兵衛@白川裕二郎さん
史実の官兵衛についてのイメージは、
秀吉の軍師だったけど自分が天下取る気満々だったので、
彼を危険視した三成によって地方にとばされた人。
BASARAでも、南の僻地に居るようです。
ご丁寧に手枷&デカ鉄球付き。その鉄球で豪快に戦います。

舞台版での鉄球の表現は、遠目で見たので確実じゃないんですが…
一部の方は家に置いてあったり、
これと同じような効果を持つ靴を持ってたりするかなーってブツかと。

間が悪いというのが特徴の人らしく、
鉄球で自分の仲間をうっかり全滅させてしまうというギャグシーンあり。
つぶされた兵士達がきれいに並んでいく様は、
本当は笑えない事態なんだけど笑えてしまう。

大谷吉継によって穴倉から解き放たれ長曾我部たちと戦い、
その後は手枷の鍵を探すというストーリーで鶴姫と接触します。
せっかくお告げで鍵の場所を教えてもらったのにね…(笑

鶴姫をさがす際に「○○を出せ」的な事を数度言ってたのですが、
私の辞書に無い言葉だったらしくまったく聞き取れませんでした(´∀`;
ストーリー展開にさして影響なしだったのでよかった…。



>毛利元就@小谷嘉一さん
中国地方の統率者。
近隣に国を持つ元親とか長きに渡る敵対関係のようです。
兜が、なんとなくスナップえんどうを思い出す…。

フラフープのような輪状の刀を武器としています。
振り回すと遠心力がすごそうです。

正直ね、
他の武将は武器の扱いで重そうな顔してもキャラは崩れないんです。
でも毛利は大変です。
だって冷静で非情で冷徹キャラなんですもの。
その点において、毛利役の役者さんは、
淡々と(お客からは見えるように努めて)戦っていました。さすがです。

…しかもこの円月輪(仮)、ゲーム中ではふたつに分かれるらしく。
さすがに舞台verでは分かれたものに持ち替えていましたね。
公式サイトでプレイ動画を見ていってよかったなぁと思った武将でした。

なによりも、自分の統べる中国地方の安定を願う元就。
どうやら大谷吉継と密約を交わしているようです。
家康と元親の仲たがいの後押しをする代わりに、
中国には手出ししない的な感じかな?

自分の部下すら「駒」として戦う元就。
それでもなんで兵はついていくのかっていうと、
確実な自国の平和・安定があるからなのかなぁ、と勝手に想像。



>長曾我部元親@戸谷公人さん
瀬戸内海のアニキ。

大きな銛(?)で戦う元親アニキ、舞台版でも武器の大きさはそのまま!
しかも片手で振るんですからすごい体力です。

部下から慕われていて、ことあるごとに「アニキー!」とコールが。
私が観た時は、客席アニキコールがあまり周りから聞こえませんでしたが、
千秋楽とか劇中で客席からコールあったのかなぁ。
いっそ開き直って「みんなでアニキコールタイム」を劇中に設けちゃえば、
ツイッターなどでコールの是非情報が錯綜しなかったかも(笑

元親のアニキぶりはカーテンコールでも健在で、
客席を沸かせたり扇動したり。
これは確かに、みんなアニキを慕うわなぁ~って感じでした。


元親は、かつて家康と仲良しだったようですが、
家康に自分の仲間達を殺されたことから、家康を憎んでいます。
そんで、三成率いる西軍に組することを選択してしまいます。
(もちろん家康はそんなことしてなくて、
 全ては大谷吉継の暗躍によるものなのですが…)

家康を憎む心と、かつての友情を信じたいという思いが同居する元親。
そこで一人の元親軍兵士が奮起します。

「家康さんがそんなことするわけないですよ!
 オレ、家康さんのところに行って確かめてきます!!」

兵士は、手にした巻物を客席に向かっておもむろに広げます。
そこに書かれていたものは「 安 兵 衛 」。
どうやら彼の名前のようです。

元親軍に巻き起こる安兵衛コール。

安兵衛を送り出す元親たち。

客席から沸き起こる拍手。


…先に舞台BASARA3を観劇していた皆さんが、
そろって「まいくろさん絶対楽しめますよ」と言ったのはコレか!

安兵衛役を演じました本命くんこと竹内諒太くん、
大健闘です(´∀`*)

しかも徳川軍へ向かうというシーンで、
たった一人で舞台に立つというすばらしさ。
シアターGロッソひとりじめ! まいくろ、テンションUPです(笑

しかし安兵衛は、
道中に突如あらわれた大谷吉継によって、
それはもうあっさりとお亡くなりになってしまうのでありました(TдT)

スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://maikuro96.blog90.fc2.com/tb.php/816-f12bb81f

«  | HOME |  »

最近の記事


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索


プロフィール

まいくろ

Author:まいくろ
ついったー:maikuro9696
(画像は7年前に描いたものです)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。