スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

舞台『戦国BASARA 3』観てきました(ややバレ有)

電車が遅れたよぅ。
まだまだ着かないよぅ。
まいくろです。

さて『戦国BASARA3』。
結局例のごとく、
公式サイトのムービーくらいしか見れてないままに観劇です。
でも自分の場合、この作品はそれくらいの距離感がいいのかもしれない。
観劇も、ゲーム画面と同じくらいの後ろエリアで。
殺陣を見てるうちに、コントローラー持ってる気分になってきます。
しかし自分の操作だったら、
あんなになめらかには動かないだろうな~(笑



開場に先駆けて17時から物販が開始。
道に迷うことを考えて早めに到着していましたが、
それでも20名近く並んでいました。
列に続いていたら、
駅弁を売るかのようないでたちのパンフ売りお姉さんが現れたのでそちらでゲット。
美麗衣装姿&イケメン面してるイケメン(COROS)たちの写真でニヤニヤしちゃいます。

『美しの水』で兼実さんだった方が、軽快にバサラTシャツ姿で働いておりました。



この作品は変わった武器の方々がたくさんなので、
どう表現されるのかが楽しみで楽しみで。

公式サイトで目をつけてたのは、
浮いてるサイキック大谷。
手枷&鉄球でまさかのパワーファイター軍師、黒田。
フラフープ、または幽遊白書の時雨か? な毛利。
彼らのリアル表現は難しいのでは…と思っていました。
ですが、なかなかどうして。
武器を作った裏方さん達の尽力、役者さん達の鍛錬の成果がありありと。
大谷もしっかり浮きます。
あぁ、ワッショイワッショイじゃありませんでした(笑



前半は各々が関ヶ原へ到るまで、
15分休憩して、後半から関ヶ原の戦いです。

天下分け目の戦ですが、そこに赴く武将たちの思いはそれぞれ。
必ずしも西・東大将の意志に賛同したというわけでもないのです。

手段のみを同じくする者たちもいれば、
目的のみを同じくする者たちもいました。


好きなエピソードがあって、
それは幸村と佐助のやりとり。
もがくヤツは大好きです。

あと、最初「意味分からんヤツ」と思ってた家康。
彼は人を傷つける武器を捨て、自らの拳で戦う武将。
「武器を捨てる」とか言ってるくせに自分の身体を武器にしてるじゃん!
…と、不思議に思ってたんです。
彼の戦いぶりを見ていて、
拳は、相手を打つと自分にも響くんだな~ということに気づきました。
相手「だけ」を傷つける武器を捨てたわけか。


キャラ的に好きなのはやはり小早川&天海。
やりそうでやらない感じがオイシイなぁ。
小早川のアレは、おそらく日替わりと見た。
スペクタクル小説「三成くんが来る!」は、
おそらくネットを探せば何作かすでに有りそうです(笑

イメージシーンでは、
初代BASARAで恐ろしい存在感を見せたあのお方が、
一部分登場していました。
いやはや、すべてのセリフにつっこみたいよ、天海…ッ!



COROSで出演中の本命くん。
ファン感涙の見せ場が続々です。
なますになることも数回。
そしてそして。
まさかBASARAの○○上に1○で○つなんて…!
想像してなかったよ本命くん!

みなさん、あの場面で目立ってた彼の名前は竹内諒太くんです!
みんな覚えて!
そしてアンドレの公演の彼も観に来て!
そんでもって私と語って! …と叫びたい。



カーテンコールでは、客席&舞台上の役者たちが手を繋ぎあっての「きずな」シャウト。
黒田官兵衛が発案し、
長宗我部元親アニキが扇動して、劇場内が一つになりました。
黒田が「では皆さん、ご起立ください」でざわついてた客席のみんなが、
アニキの「野郎ども立てぇッ!」で、ザザッと立ち上がったのが面白かったです。
黒田さんはやはり将というより軍師なのですね~(笑




マルチエンディングはAパターンでした。
あの後の彼はどこに行くのでしょうか。
失うことで気づくなんて、切ないなぁ。
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://maikuro96.blog90.fc2.com/tb.php/812-b3c6e986

«  | HOME |  »

最近の記事


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索


プロフィール

まいくろ

Author:まいくろ
ついったー:maikuro9696
(画像は7年前に描いたものです)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。