スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『美しの水』blue一回目&red二回目

今日も昼夜観劇。
義仲一派にメロメロしているまいくろです。

あのテンションが好きなんです。
実際にそばに居られたらきっとダメなんですけど…(笑


今週も劇場でいろんな方と会いました。
せかせか帰ってしまい、挨拶ままならずごめんなさい。


さて、アンドレの作品では、よく「もっているが故の苦悩」が描かれます。
光があるところに影ができる的な。
それはフィクションなんだけど、実際に起こりうること。

人間は人間。
それ以上もそれ以下も無いんです。
しかし、それはキレイゴトと言われてしまう。
時代物の形をとっていますが、この作品はリアルです。


この作品にはたくさんの登場人物がいて、各々が選択して生きていきます。
理解しがたい思いがあります。
共感できる思いがあります。

理解しがたい思いは、
今後人生を過ごしていく上できっと分かるようになるはず。

だって私は今日、5年前にblueで誤解をしていた事に気づいたのです。
あの人は、そんなことを望んでなかったんだ。



三色観て、一番惹かれる人物は木曽義仲です。
ああいう生き方をしてみたい。
激しくて熱くて、まっすぐで。
それゆえに身を焦がすところも含めて、憧れます。

可愛いのはやはり与一。
彼女は自分ができなかったから、彼らにはそうなってほしくないと思っています。
彼女の行動は使命感とかじゃなく、ただそうしてあげたいと自分が望むから。


今回本命くんは、また武芸スキルを上げました。
そして切なさレベルもUP。
笑顔はMAXです。
生きていってほしいです。
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://maikuro96.blog90.fc2.com/tb.php/796-6b64c185

«  | HOME |  »

最近の記事


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索


プロフィール

まいくろ

Author:まいくろ
ついったー:maikuro9696
(画像は7年前に描いたものです)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。