スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この期に及んで『ザ・ロンゲスト・スプリング』ネタバレ雑感

今日は『美しの水』の青が初日ですね。

白を見に行ったドレ友さんから、ステキ情報を頂いております(´∀`*)
ロビーで立ち止まって動けなくなりそう。
まいくろです。

さて、個人的に一番の難関。
『ザ・ロンゲスト・スプリング』ネタバレ雑感(回想)です。
書けば書くほどにわけがわかんなくなってきました。
言葉に出来ないものを言葉で表現するって、ホント難しい…!



↓ ネタバレ&危険な単語登場注意!



聞いた話では、
このバージョンがオーソドックスな『熱海殺人事件』に一番近いらしいです。

木村伝兵衛(@西田さん)と水野刑事(@福田真夕さん)が、
「長すぎた春」な愛人関係を卒業する話。
結婚するわけでもなく、記念日を一緒に過ごすこともなく、
プレゼントをくれるわけでもなく。
しかしこの2人には愛があります。
身体を重ねるとかそういう意味じゃなくて。

相手に幸せにしてもらおう、じゃなくて、
相手と居ることで私が幸せになる、だから共に歩む。
伝兵衛は水野さんにつらくあたるときもあります。
彼女を信頼し、頼っているから故のこと。
途中は本気で
「初めての男だから、情が湧いて捨てられないんじゃないか」
と思っていました。
でも、きっと幸せってうれしいことだけじゃないんだよなぁって、
この水野さんを観ながら学びました。

そして…
男はいくつになってもマザ○ンなんじゃなかろうかとも思ったり(笑


伝兵衛を演じるのは、われらが(←?)西田さん。
そしてこの公演だけ終演予定時刻がちょっと遅い。
この時点でファンドレ的には「なんかあるな」と思っているわけです。

やはりなんかありました。

特に衝撃的だったのがアアす。
エーリアルに匹敵する映像、参上。

レオタード伝兵衛&フンドシ熊田刑事です。

「きゃー」とも「ぎゃー」とも取れる客席の反応が面白くて面白くて。
純情ゆえにあがった悲鳴、なんてもの見せるんじゃ! の意を含む悲鳴、
眼福眼福の意味で発された悲鳴…さまざまです。
あの瞬間は、客席も作品に負けず劣らずカオスだったと思います(笑
だってストーリーにまったくといっていいほど関係ないし!
(この作品にそういうこと思っても意味ないのを分かった上でもなお言う)



この『ザ・ロンゲスト・スプリング』にも、解決すべき事件が複数あります。

大山(@佐久間さん)の起こした熱海殺人事件。
アイ子殺害の動機は、若干『売春捜査官』と似ていますが、
こちらでは「自分との思い出を捨てられた」悔しさも感じてしまいました。
(同時に「自分にとっては大事でも、他人には些細なことなのかも」という
 人生の悲しい事実を学ぶまいくろ)

佐久間さんの大山は、ほんと他の人物とのからみが絶妙でしたね。
「それはそれは、とても悲しいお話でしたね♪」の、
熊田(@洋二郎さん)とのコーラス、息が合いすぎです(笑


事件は他にもあります。
それは熊田の母が絡む事件。

熊田刑事の少年時代に起こった、暴力父の溺死。
熊田は、DVに耐えかねた母が海に突き落としたのでは…とずっと疑っています。
妹を凍死に追いやった父親でも、人間です。
殺人を犯していたとしたら、それは母親であっても殺人犯です。
ただし、この父親殺しの件は、もう時効になっています。
時効になっても解決ではないので、この事件は熊田の心に影を落としています。


そしてもう一つ。
警視庁の重役の娘との縁談が決まった熊田。
生まれ故郷の富山に残してきた恋人の清算(殺害)を、
熊田の母親は独断で行うつもりのようです。
伝兵衛の捜査室に次々と届く富山県警からの知らせ。
熊田を追い詰めます。
…刑事であるか、息子であるか。問われています。

熊田は場面のたびに母への愛情と憎悪が入れ替わっています。
時には母を慕う少年のような表情で。
時には犯人を追う刑事の表情で。
そして、それでも母を捨てきれない息子の顔。
感情の入れ替わりが激しいのは、迷いがあるから。

熊田の二つ名「アイアンヘッド」の謂れでもある、
ロシアン捜査法もハイテンションでやってくれました。
撃っても傷つかないからアイアンヘッドか…(笑

「な
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://maikuro96.blog90.fc2.com/tb.php/793-bdcf99b1

«  | HOME |  »

最近の記事


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索


プロフィール

まいくろ

Author:まいくろ
ついったー:maikuro9696
(画像は7年前に描いたものです)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。