今更!? 『売春捜査官』ネタバレ雑感

「レンアイ漫画家」2巻出てました。
帯で西田さんの名前が見えない(TдT)
まいくろです。

以前拍手メッセージで、
この漫画の登場人物が某ドレメンに似てるという意見をいただきました。
やっと確認できた…!
確かに、目元のあたり似てますね。
実写化したら彼にやって欲しいかも(´∀`*)

木曽勢についての情報ありがとうございます。
そして仕事が速い…!
梶原景時は2006年verにも居たのですね。覚えてなかった(+д+)



さて『売春捜査官』ネタバレ雑感(もはや回想録)です。
やっぱり、書かないと身体の中でモヤモヤしたものが溜まっていくのです。
健康にも悪いので、時期も過ぎてるけど書ける時に書いちゃおう。


『売春捜査官』
『モンテカルロ・イリュージョン』
『ザ・ロンゲスト・スプリング』 の順番で観ました。

骨組みとなるストーリーは、ほぼ共通です。


東京警視庁。
そのなかの、ある捜査室がこのお話の舞台。

一風変わった部長刑事。木村伝兵衛。
その片腕の警官、水野朋子(or 榊陽介)。

本日より東京警視庁に配属された熊田留吉(or 速水健作)。
熊田(速水)は、伝兵衛と因縁があり、
伝兵衛に対して愛憎入り組んだ複雑な感情を持っています。

そして彼らが取り調べる「熱海殺人事件」の容疑者、大山金太郎。
被害者の山口アイ子とは、故郷が同じという共通点があります。
大山は、何故山口アイ子を殺害するに至ったのか。

木村伝兵衛の奇妙な取調べで、徐々に明かされていく大山の動機。
しかし、この捜査室には、もう一つ解決しなければならない事件があって…



『売春捜査官』では、伝兵衛の性別がチェンジ。
そして水野(女)→榊(男)となっております。

また『モンテカルロ~』では 熊田 → 速水 と名前が違います。



作品の性質上、かなり危険な単語が出てきたりします。
悩みましたが、それを取っ払って感想を書くのは到底無理でした。

この『熱海殺人事件』という作品では、
意味があってそのような表現を使っているのだと自分は解釈していますので、
その辺は省かずに書くことにします。
でも、いちおう伏字にする程度はしておきます(´∀`;



↓ ネタバレ&危険な単語登場注意!




さて『売春』初回。

完敗でした。

敗因は、熊田(@塚本拓弥さん)を、
「まともな人」「突っ込みキャラ」と思って観ていた事です。
途中で変態仮面状態になった熊田を見てそりゃあもう衝撃を受け、
思考が一瞬フリーズしてそのまま伝兵衛たちの勢いにのまれました。

あのね、この作品に出てくる人間、全員まともじゃない!

いや人間どっかしら壊れてるものですけどね、
これは全員はじけたなー、と。
ALLツッコミしてくれるキャラなんざぁ、おりません。
全員、大真面目に壊れていました。


良子さん演じる木村伝兵衛部長刑事。
親からもらった名前が伝兵衛です。
仮名でもコードネームでもありません。
背筋伸ばしてピッと立つ姿勢に、
伝兵衛なりの「強さ」あるいは「強がり」を感じました。
男社会の中で生き抜いてきた故か、強く生きてこざるを得なかった感じ。

彼女は切磋琢磨しあうライバルのような関係を求めていて、
でも伝兵衛の初恋の人、熊田は、寄り添い安らげる相手を求めていた。
「パートナー」という関係に対して、大きな認識の差があります。
お互いを高めあうという点については同じなんですけどね。

「死ぬほど愛してくれるか、
 殺したいほど憎んでくれるかでもしなくちゃ、
 女はやってられないのよ!」てなセリフが印象に残っています。
感情のベクトルがどちらであれ、私のことを忘れないで。そんな感じ。


熊田は、伝兵衛のことを愛しているけれど同時に憎んでもいます。
先述のセリフのまさに文字通りの人。
イメージシーン(?)で刀を持った伝兵衛に銃を突きつけ発砲しますが、
当たらない。当てられない。

アレがもれちゃった伝兵衛を見てから、
いきなり伝兵衛萌えになるのが面白かったです。
いや確かに言ってる内容考えなければ可愛かったですもんね伝兵衛ちゃん。
積極的に他人のチチを揉む塚本さんを見るのは、
おそらくこれが最初で最後なんだろなーとか感慨深かったり(笑

伝兵衛の挑発的な告白に一貫して「勘弁してください」と返すシーンが印象的。
好きだからとか嫌いだからとかの返答ではないところがさらにダメージ大。
自分だったら耐えられない…。


伝兵衛の助手的存在、榊刑事(@榊陽介さん)。
ことあるごとに伝兵衛からこれだからホモは、と言われています。
でも本当に同性愛者なのでホモであることは否定しません。
ホモっつーかゲイという言い方が正式なのでしょうが、
多少侮蔑の意味も含めてのホモ呼ばわりのようです。

『堕天・神殿』の乾役ですら「はっちゃけた!」と思ってた自分にとって、
この榊刑事役の榊さんは衝撃的でした。
しゃべるとオネエ系なのに、動きを見ると男役のような気がしますが、
その辺はどちらでもいけるクチなんでしょう。
(↑ 彼がどっち役だろうが実はストーリーに直接関係ない…)

彼も伝兵衛には複雑な思いがあります。
こうやって日常的に貶められて、
でもマイノリティな自分の居場所を提供してくれる上司であって。
榊にとって伝兵衛は、
「自分を偽らなくてもいい人物」だったのかな~とか考えてました。
そしてそんな偽らずにここで振舞う榊刑事を見て、
伝兵衛は少し癒しを感じていたのかも。
ちなみになぜ榊刑事だけ役者名と役名が一緒なのかは…謎(笑


熱海殺人事件の容疑者、大山金太郎(@佐久間さん)。
おそらくこのメンツの中では、一番突っ込み役に近い位置の人。
警視庁の捜査室とは思えないような危険ワードがぽんぽん出てくるこの状況。
ついに「わたし…○ったことがないんです」という言葉を放つ伝兵衛の横で
「もう何も聞こえない」とばかりに耳をふさいでた時が好きです。
思考回路がショート寸前だ(笑


大山の自供は、劇中劇として展開されます。
被害者のアイ子を伝兵衛が、
同じ場所で死体で発見されたり・タイゼンという男を榊刑事が。
そしてアイ子にちょっかいを出した不良を熊田が演じます。

というか、熊田はリ・タイゼンの知人で実際その場に居たので、
役割を演じるというか実際にあったことをもう一回やってみた感じです。


大山と、被害者の山口アイ子は同郷の身。
五島の女学生達は、
卒業して上京したら「リ先輩」を頼るように…と、
島の大人たちから言われています。
リ先輩は、そんな彼女達に売春をさせて、お金を稼がせていました。
そしてアイ子もその売春婦の一人。
しかも、お客がつかない「コケ」と呼ばれる最下級の売春婦でした。

リ先輩ことリ・タイゼンは、外国から亡命(?)して五島に流れ着いた人間。
島の純朴な女の子達に売春をさせているよそ者を懲らしめるため、
大山は島からリ先輩を訪ねてきました。

「もう二度と、五島に帰ってこんでください」
「先輩の両親には島を出て行ってもらいました」

辛辣な言葉をリ先輩に投げかける大山。
見つめるしかできまいアイ子。
やっと見つけたふるさとを奪わないでくれ、と叫ぶリ先輩。

何をいけしゃあしゃあと…と思います。
ですが、この話には裏があるのです。

島の人は「この役目をやってくれればお前も島の一員だ」と、
リ先輩を説得して売春の斡旋をさせていました。
いわば自治体ぐるみで行っていたわけです。
ですが、最近島では新しい事業が行われ、
島民を出稼ぎさせる必要がなくなりました。
いつか切り捨てることを見越して、島の大人はリ先輩にこの役を任じたのです。

何も知らなかった大山も、途中で自分がだまされているのではと気づきます。
ですが、事はもう動き出してしまった。

俺が死ぬから両親は助けてくれ、と崖に立つリ先輩。
思わず駆け寄る大山が触れた瞬間、先輩の身体は崖の下に。

混乱さめやらぬ大山の思考は考えることを放棄。
先輩は俺達のために死んでくれたんだから笑うべき、という結論に達します。
(ここの思考展開がまさに「壊れてる」としか思えなくって、ゾクっとしました)

笑わず泣くばかりのアイ子に、
お金を出せば言うこと聞いてくれるんだろう…と、
大山は咄嗟にアイ子にお金を差し出します。
しかし、大山が差し出したお金は不運にも千円札ばかりでした。

最下級の売春婦「コケ」の相場は千円。
私はコケじゃない、いつかトップに立ってやる、
さしあたってさっき海に投げ捨てられた靴の弁償をしろ! とわめくアイ子。

島にいた頃のアイちゃんは弁償なんて言い出す子じゃなかった。
島に居た頃はそんなこと言う人はいなかった。
東京に来て彼女は変わってしまった。
彼女はもう生きているだけ不幸せだ… 大山はアイ子の首を絞め、殺害しました。


自分が信じているものだけが真実で正しいとは限りません。
大山がリ先輩を責め立てるくだりは、
初回観劇ではすっきりしたシーンだったはずなのに、
リ先輩側の真実を知ってから大山のやったことを見直すと、
なんかむしゃくしゃします。

自らの意思で真実を探そうとせず、
与えられたものを後ろ盾に他人を攻撃することの醜さや愚かさに気づきます。
そして自分にも多々思い当たるふしがあったので、胸に刺さります。



自供し全てを吐き出した大山を、伝兵衛はバラの花束で打ちすえます。
そして伝兵衛は客席に睨みをきかせ、
大山は伝兵衛に駆け寄り、彼の足元にはいつくばって靴を一心不乱に磨きます。

このシーンは3パターン共通。
容疑者が伝兵衛に完全に屈服するシーンです。
良子さんや雅和さんのあんな顔観たことなくて、鳥肌がたってしまいます。
(西田さんはどS顔してる役多いので、ゾクゾクするけど新鮮味は薄めかも)
にらんでいるのも、この世に潜んでいる犯罪者を見据えているのでは…とか考えたり。


全てが終わった後に伝兵衛は、大山の思いを継いで美しい五島を守ります。
島に巣くっていた黒い計画を表に出さないように。
そしてリ・タイゼンの亡骸を彼の思い残るふるさとに。

女伝兵衛が放つ最後の言葉、
「いま、義理と人情は女がやっております」は、もう 女! 最強! です。

スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://maikuro96.blog90.fc2.com/tb.php/790-9b4e5ada

«  | HOME |  »

最近の記事


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索


プロフィール

まいくろ

Author:まいくろ
ついったー:maikuro9696
(画像は7年前に描いたものです)