スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

モンテカルロ一回目

観てきて、
潜伏先で倒れ込むように寝てしまったまいくろです。
2時間ほど寝て、あとはずっと携帯をプチプチ押してました。

熱海の感想うちこみーの、月末のWS公演の会場確認しーの、
秋のBASARA舞台の出演者が発表されたの見て狂喜乱舞しーの。



さて、似て非なる2作品をガッツリ観て。
いやはや客席なのにヘロヘロです。

こちら『モンテカルロ・イリュージョン』は、
オープニングから衝撃が走ります。
だってあの人が…(笑)
そして中盤に「貴方もか!」となり、
最終的に「あなたまでっ!(笑」となる…。



刑事部長がいて、殺人事件がある。
事件があるから犯人もいる。
売春捜査官もモンテカルロ・イリュージョンも
そこは共通してますが、
犯人が殺人に至るまでの展開が全く違います。

その点については、
『モンテ』の方がまいくろは感情移入しやすかったかな。
『売春』の方が心情は理解できたのですが、
感情移入まではしなかったです。



必ず入っていなければならないやり取りもあるらしく。
そこは共通していますが、
その表現方法が違います。
ラストだって全く違う。

リンクしてるわけじゃなく、別の作品。
訴えかけてくるテーマも違うみたい。
ただし底に流れている熱さは同じもの。


アンドレの本公演では聞けないような単語がポンポンでてきます。
たぶん、今では放送禁止用語になってるような類の言葉。
本命くんもガッツリです。
だけど語るべきはそのインパクトじゃないんです。
その向こうにあるものを表現している、
彼らの役者魂を客席でビリビリ感じます。


観終えたあとの爽快感は、今のところモンテに軍配。
ただし、勇気づけられる度が高いのは、
売春捜査官のラストセリフだったり。



本命くんね、
雅和さん・加藤さん・えりかさんというメンツと並んでいても、
押されてないんです。
むしろ、彼らを喰わんがごとくに燃えているシーンすらあります。
見たことない表情てんこもり。
セリフ量もエーリアル超え!
あれって台本だと何ページに渡ってるんだろう…。

昼の部を観てたから、
「本命くん、どこまで食らいつくんだろ」
と思っていたんですね。
そんな心配は無用。
本命くんを過小評価していたのは、
他ならぬ私自身でありました。
それに気づいちゃって、本当に申し訳なく、
悔しかったです。

モンテカルロのあの役は、
やっぱり本命くんだからこその説得力でした。



寝て起きたら、次は西田さんです。

原点を、仲間たちとともに。
きっと幸せなものになると思います。
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://maikuro96.blog90.fc2.com/tb.php/782-9261926d

«  | HOME |  »

最近の記事


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索


プロフィール

まいくろ

Author:まいくろ
ついったー:maikuro9696
(画像は7年前に描いたものです)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。