『神殿』ネタバレ感想(第三陣)

RAGTIME S&D、平日公演ではポスタープレゼント(先着制)あるみたいですね。
今回、平日は絶対いけないのであんまり関係ない(!)まいくろです。

遅咲き交じりの『神殿』ネタバレ感想、駆け抜けます。


↓ ネタバレ注意!


2008年バージョンでは、たしか勝と土方の会話シーンだったかな?
「近藤さんは俺にとって、ただひとりの人だ」
「だが、榎本は俺にとって、ただ一人の友だ」
というセリフがありました。
今回そのセリフは無いのですが、
2011年バージョン『遅咲きの蒼』で土方は上記の意味のような発言をします。
でもその発言をされる相手は、やっぱり榎本本人じゃないんですね。

その人物がは大鳥圭介(@一内侑くん)です。
2011年バージョンにて初登場した新キャラ。
旧幕府軍の銃部隊を率いる人物です。
新撰組とはちょっと離れた位置に立っている青年です。
これからの戦は銃の時代、とか言って土方たちを見下して、
それで土方に逆襲されたりするナルシスト(笑
一内君はホントこういうの似合うな~。
まいくろは、
登場人物全員におおっぴらに尊敬される超人は好きではないので、
大鳥のようなキャラが居るとすごく助かります。
遊梅スパイ疑惑のシーンでは、彼が居るほうが個人的にしっくり来ました。

大鳥圭介の存在は、
物語に「終わり」ではなく「その先」という要素を与えました。
印象的なのは『遅咲きの蒼』にあったシーンでね、
大鳥の一言で、とある隊士はその後に生きるすべを見つけるのです。
戦に負けても、戦が終わっても、
人は生きていかなくちゃならないのですから。
最後まで彼は素直じゃないけど、
パーティーで遊梅の気持ちを再確認させてくれたりしますね。
嫌いになれないってのは、好きってことなのかもね。



新撰組初期の池田屋事件から、
土方が死ぬ五稜郭まで、新撰組として戦い続けていた男が居ます。
それは島田魁(@平野雅史くん)。
2008年の時と同じキャストなんですが、
今回も地味ながらキラリと光る佇まいです。

旧幕府軍と新政府軍、双方痛み分けの結果となり、
意気消沈する若き隊士たちを鼓舞する土方。
沖田や斎藤、原田や永倉たちがいた頃の島田は、
こうやってみんなを励ます土方なんて見ることもありませんでした。
「なんだか、申し訳なくて」って。
島田魁は、隊長格と遅咲きーズの間くらいの立ち位置です。
弱音なんかはいてられない、
でも、土方をそばで支えられる力はまだ足りない。
歯がゆい思いをいつもしていたんだと思います。

新撰組をずっと中から見ていた島田が、激昂する場面があります。
大鳥圭介に、刀で生きていることを馬鹿にされたシーン。
新撰組を侮辱されたシーンです。
特定の心を打つ言葉があるわけじゃないんですが、
あのシーンには島田の思いが凝縮されているんだと思います。
遅咲きーズたちに抑えられても、
弾き飛ばしそうな勢いで大鳥に向かおうとする怒りの表情でね、
見ている人に思いが届きます。
戦闘シーンでは、さりげなくみんなのサポートしてて、
ほんと陰の功労者です。

そんな彼は、五稜郭最終決戦で先頭に立ちます。
「誠」が爆発するシーン。誇り高い表情に震えました。


本命くん演じる山崎烝も、
鳥羽伏見で久坂に斬られて戦には立てない身体だけど、五稜郭に来ます。
そこで隊士たちに「池田屋の覚悟を忘れるな!」って言います。
池田屋から所属してたメンバーも居るけどね、そうじゃない人も居るわけです。
だけどみんなの心に届く。
なんでかって言うと、そういう思いを全部羽織とともにみんな背負ってるから。
「誠」の再確認です。

その前にある「女房みたいなことを言う」山崎は、まいくろ感涙シーン。
土方の絶対誰にも見せないような安らぎフェイスとか、
ほんと、なんなんなんだ、あのシーン!(笑
山崎も初期から新撰組を見ていた人。
そして、人間として土方歳三のこともちゃんと見てたんです。
「死なないでください」
新撰組としては言うべきじゃないと、彼はずっと温めて持っていました。
監察の任を解かれて、土方に労われます。
でも今までだって山崎は命令で縛られてたわけじゃなく、
自分の意思でついて来たんです。
だから山崎は五稜郭に来ました。

新撰組メンバーで写真を撮ろうって話になるシーンで、
いや私は監察ですから写真に写るわけには…的に断ってるけど、
他の隊士に押せ押せ説得されて席に着いてた山崎でした。
多分妄想じゃない…はず(笑
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://maikuro96.blog90.fc2.com/tb.php/762-f75b9c3d

«  | HOME |  »

最近の記事


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索


プロフィール

まいくろ

Author:まいくろ
ついったー:maikuro9696
(画像は7年前に描いたものです)