スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『堕天』ネタバレ感想(小出し第一陣)

アンドレ稽古場日記に終演挨拶がUPされてます。
思うところ、色々。
相変わらずまっすぐな本命くんのご挨拶。
写真(パンフと一緒ですが)にもほれぼれ。
音野くんのフレーズにも、ちょっと惹かれます。
まいくろです。

出演されなかった大橋さん、藤臣さん、武捨さんは、お写真なしです。
三人のうち、劇場で拝見できたのは物販にいた竹捨さんだけかな。
大橋さんは次回の『NEW WORLD』で観れそうな感じ。


拍手メッセージ、ありがとうございます。


お祝いありがとうございます。
今は家事に追われる日々ですが、暇をみてザクザク描きたいところ。
ほんと、この時期に山崎な本命くん観れてよかったです。
現状TOPだった、省吾郎に並ぶくらい好きキャラになりました(笑



なんかメキメキ伸びてますよね、石井くん。
なにげにいい腕してましたし。蟻通、努力の賜物。
あのキャラですが…自分も同意見です(酷



さて、
いい加減溜め込んでた『堕天』のネタバレ感想、第一陣。




↓ ネタバレ注意!


『堕天』は、池田屋事件からはじまります。
大政奉還ののち、土方たちが函館に渡るまで。
『堕天』では、新撰組の華やかな面も見れますが、
永倉&原田の脱隊や、近藤勇処刑、
そして沖田の死など、つらいエピソードも多いです。

全体的な話の流れは、2008年verとほとんど変わりません。
セリフが聞きづらい部分がありまして、多少前回の記憶でカバーする感じ。
(初見の人は大変だったかも)

2008年では製作の植野さんがちょこっと演じていた乾退助ですが、
今回は榊陽介さんがキャスティングされ、出番がかなり増えていました。
2008年のときは、加藤さん演じる桂が、
今回の乾と桂をあわせたような役どころでしたね。

薩長の維新志士たちは、本格的に活躍するのは明治になってから。
物語的に言えば『神殿』のほう。
『堕天』にあんまり出番がない西郷や大久保も、
こっち専用の和服みたいです。


『堕天』のみに出てくるキャラクターのひとり、
花君太夫(@中村真知子さん)。
再演なので、彼女が何者であるかを知っている人は多かったと思います。
前半終了後にあるイメージシーンの演出がすごく好きです。
扇子で隠した、彼女のたくらみ。その笑顔がね。コワかわいい。

久坂に抱きついてみたり、以蔵の胸元に手を突っ込んでみたり。
彼女は自分からいろんな人にボディタッチをしていますが、
そこに親愛の情がありそうに見えて実はないのが悪女です(笑
自分の持っているもの(魅力とか)をとことん利用してるように見えました。
だけど、後の身が汚れないようにちゃんと線引きして。

見かけはちょっと頭足りてないような感じを醸し出していますが、
本当はすごーく冷静な花君さん。
だけど、最後の最後で焦りが出てしまう。
奇しくも、松陰先生について評価していたことがそのまま自分に返ってきちゃう。


吉田松陰(@塚本千代さん)のほうが冷静そうに見えて情深いです。
「松下村塾」塾長。過激な長州派維新志士の裏にいるのが彼女。
今は敵対していますが、新撰組の土方や斎藤、沖田は彼女の元で学んでいました。

斎藤が「松陰は土方さんを殺そうとした」と言っていますが、
斎藤は詳しいことを知ってるわけではありません。
松陰が死に際に、
「血気に逸った志士達をとめることができなかった」てな事いってましたね。
松陰は命令したわけじゃなかったのです。
でも結果として、土方が殺されるような環境になったときに制止できなかった。
だから彼女は「土方を殺そうとした」という評価に言い訳も弁解もしない。

花君が暗躍して、松陰は翼をもがれた状態になります。
一人立つ松陰は、薩長同盟へ世が動くのを「見て」いました。
察知していたんです、報告が来る前から。
でも、神殿の扉を開けるのが誰かは問うことではない、と静かにしていた。

花君さんは、神殿の扉を開けることにこだわっていた気がします。
(もちろん、その後のことも考えてはいたのは『神殿』でわかりますが)
松陰センセイは「新しい時代に連れて行く」という言葉を使っていました。
扉をくぐることに重点を置いていたような気がします。
花君さんと松陰センセイとの大きな違いは、この部分かなーって思いました。

花君さんは「壊し、消し去る」という意味で新撰組を終わらせようとしました。
松陰先生は壊すのとは別の方法をしようとしてたんじゃないかな。
たぶん、壊すことでは終わらない事、知ってたんだと思います。


なんか書いてたら長くなってきたので、とりあえず今回はここでストップ。
全部書き上げてからUPすると、多分間に合わないので小出しにします。

スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://maikuro96.blog90.fc2.com/tb.php/756-e0776b73

«  | HOME |  »

最近の記事


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索


プロフィール

まいくろ

Author:まいくろ
ついったー:maikuro9696
(画像は7年前に描いたものです)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。