ありがとうが言い足りなくて

あたらしいパソコンに未だ手が慣れてないので変換ミス連発。
なにより単語登録がされてないので、
「@あんどれ」で作品名・登場人物名が変換されないのが不便です。
顔文字も出ないいぃぃ。
単語登録、ちまちまやっていくぜよ。
まいくろです。

しばらくネットから離れてるうちに、
アンドレWSが始まったり西田さんがツイッターはじめたりと、
色々動きがあるようです。
ラグタイム稽古場(?)ブログの自己紹介記事、
一番乗りドレメンが岩崎くんだったことがちょっと驚きです。


先日の件では、お祝いコメントありがとうございました。
お会いした事ある人ない人、実に様々な方々から。
本当にありがとうございます。
取り急ぎお礼まで。

一つ一つ大事に読みました。
こんなに祝ってくれる人がいて、幸せです。

劇場でお会いしたドレ友さんたちに直に言わなかったのは、
なんとなく照れくさくて言いづらかったのでした(笑
文章に書くのなら割と気持ちも楽だったので。
そしてなにより、
観劇に集中したかった&してほしかったというのもあります(← !?)

これからも変わらずにファンドレしていきます。
だって目が離せないのです。
冷めたことはないし、これからも冷めるつもりはない! みたいな感じ(笑
本命くんのイイオトコ度もめきめきUPしてきて目が離せません。
もちろん、パートナーの人を幸せにすることも忘れません。
どちらも自分で選んだ人生。

まいくろは、
ドレメン&関わり合った様々な人たちからもらった元気で動いています。

これからは私が返す番なのでしょう。
私に関わった人は、なるべく幸せになって欲しいです。





ところで、
今回の『堕天』『神殿』『遅咲きの蒼』でまいくろが好きな登場人物。

山崎、相馬、榎本、勝、遊梅です。
あと遅咲きーズの隊士たち。
総じてキーワードは「説得力」です。
リアルはやはり心を打ちます。

山崎は冷静さの中に熱い魂が見えた。
「あなたは無茶をするクセがありますから」シーン、心を打つ説得力。
あとは「前を向け!」の表情です。
好きなシーンすぎて、表現しきれず。

相馬は、「だって私、新撰組ですから」の口癖。
あり続ける、ということは困難です。
この作品における相馬の存在って割とファンタジーなんですけど、
役者的にリアルだと思いました。

榎本は、土方の隣に座る時とか、手を差し伸べる時とか。
それに対する土方の返答への反応とか。

勝は、男の約束が根付いてるのがしっかり分かる。
それに関しての葛藤がね。

遊梅は、今回クライマックスで演出が変わりました。
そこがね、納得いった。前回は前回で納得行ったけど、
今回エピソード追加(正しくは復活?)があったから、あの選択なんだな、と。

遅咲きーズはもう言わずもがなですね。
一番身近な人たち。
飲み会のシーンが好き。特に蟻通くんが目をひきました。
野村の演出が変化大きいですね。
今回の赤染まりシーンの方が明るいのに泣ける…


とりあえずフライング気味にさっくり。
落ち着いたらもっとダラダラ書きたいです。頭パンク寸前。
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://maikuro96.blog90.fc2.com/tb.php/755-ede7eb32

«  | HOME |  »

最近の記事


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索


プロフィール

まいくろ

Author:まいくろ
ついったー:maikuro9696
(画像は7年前に描いたものです)