スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『Madam river and Mr.sofa』ネタバレ雑記

アンドレ公式サイトのNEWS欄に、なんか出てますね。
「急遽決定!!武道館の宴に舞台版戦国BASARAチームも参戦決定!! 」
戦国BASARA、もう発売5周年になるのか。
月日がたつのは早いものですなぁ。
まいくろです。

舞台版キャストが参戦とのこと。
ドレメンだと、洋二郎さんと窪寺さんが参加するみたいですね。
殺陣とかするなら、COROSでほかのドレメンも出るんでしょうか。
しかし宴のチケットはいつの間にか完売(笑
12/26 10:00から、立見席のチケットを発売するみたいです。
って発売開始の日ってアンドレ千秋楽じゃないか! (開演前だけど)

どっちにしろ、1月3日という日付的に絶対に行けない宴なので、
自分はサイトを見てソワソワするだけだったり。


そんなわけで『Madam river and Mr.sofa』、
ネタバレでちょっと書いときます。

まいくろ観劇、残るは各作品の千秋楽のみ。
23日は行けなくなってしまったので、友人に行ってもらいます ヽ(TдT)ノ



↓ ネタバレ注意!





軸は、男から女への愛、そして女から男への愛と、親子愛。
はい…話の軸としては単純といえば単純なんだと思います。
ただしコレが絡まってるんですよ。
だからね、混乱するんですよ。
まいくろはオチまで見て、もう一回観て…やっとこさ。
初見では「○○がそれを証明している」に見事引っかかりました。

初日はイメージシーンはなかったのですが、週末の公演で追加されてました。
とりあえずソファーチームだけイメージシーン確認済み。
2年前の、あの日のことですかね。
あの人の正体がなんとなく分かる感じの構成になってました。

リバーチームとソファーチームで大きく違う演出とかあったかな?
(イメージシーンは、現時点でソファーのしか見てないので不明)
台詞回しと所作がだいぶ違うなってのはいくつかありました。
特にあの人。片方は虚無、もう片方は冷たい炎を感じました。


ジャズに関しての予備知識はゼロ。
作中で話題にのぼりますが、
必要な情報は登場人物たちが言ってくれてるので問題なし。
帰宅してから聴いてみて、
タイトルや歌詞にドキッとしてみるのも楽しいかもしれない。
しかしここでも引っかかるのが、まいくろです。
作中で「ラブリー アングロース」と聴こえたので、
帰宅後に歌詞しらべたら「La Vie en Rose」の空耳でした。


見所は、
類稀なる決断力を持った彼がどう切り抜けるのとか、
ひとつの言葉が二重の意味を持つあのシーンとか、
2つの部屋の関係が明らかになったところから繋がっていく過程とか、
本命くんのドヤ顔とか(笑

今回両チームに出演なので、パンフに2人居るんですよね、本命くん。
個人的には正面顔のソファーのが好きです。
でも、物語をどちらか1回しか観れないとしたら、
リバーのほう分かりやすい…かな…と思いました。




以下、自己流あらすじ。



物語の舞台は、川べりに佇むアパートのとある部屋。

男の死体を背にして泣く女性、ドーリー。
彼女に電話で呼び出された元夫、ハック。
今夜は、ドーリーの本が映画化する記念のパーティを行なう予定です。
ハックは彼女を救うため、死体を川へ投げ捨てようとします。

そして、もうひとつの部屋。
女の死体を背にして座る男。
完全犯罪を目論む、この男の名前はホーレス。
クリスマス終了と共にツリーを窓から投げ捨てる風習を利用し、
女の死体を消そうとしています。

ふたつの死体。
ふたつの部屋。
そして集まった訪問者達。
そこに届く、一通の手紙。
彼らがここに集まったのは偶然なのか、はたまた必然なのか…

 ― それができるのは神様だけじゃない。
 ― もう一人居るわ。

人々が祈りを込めたクリスマス。
その聖夜をひとつ越えた、不思議な夜の話。



スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://maikuro96.blog90.fc2.com/tb.php/703-549c373e

«  | HOME |  »

最近の記事


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索


プロフィール

まいくろ

Author:まいくろ
ついったー:maikuro9696
(画像は7年前に描いたものです)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。