『NEW WORLD』海軍雑感&妄想

本日6月10日は、ドレメン佐久間祐人さんのお誕生日です。
おめでとうございます!

『FANTASISTA』ではもう一人の主役とも言えるモーリス、
『NEW WORLD』では客席の意識を掻っ攫うドントパーマ。
もじゃもじゃヘアーはどちらでも健在なのに、
片方は笑えて片方はなんとなく哀愁。

モーリスのような、
「イラッとするけど実は誰よりも愛すべき」人物。
そういう人を演じる佐久間さんがすごく久々な感じでした。
「泣かないで…下さい、あの、泣かないで…」ってのがスゴイ好きです。

洋二郎さんのブログで恥じらいのポーズを見せていた理由は、
京佳さんのブログを見たら解決。
ドレメンの個人ブログと飲み屋は、ハシゴするに限る(*´∀`)
まいくろです。


『NEW WORLD』役別雑感、
ダスティ・サリーナ。

前半はネタバレ役別雑感ですが、最後尾に 妄 想 が入っています。

↓ ネタバレ注意! (後半部に、なれそめ妄想あり)





【海軍】
>ダスティ・ウエストブルック@塚本拓弥さん
>サリーナ・ウェル@小野村麻郁さん



海軍は、海賊たちの違法行為を取り締まるのが仕事。
しかし、海軍総司令官ダスティも、元海賊だったりします。
元海賊というか、元「ドンジョバンニ海賊団」所属。

そんな彼が、どんな手を使って海軍に入ったのかは謎。
会合に集まった大手海賊団の船長達に恨まれてる感じはしないので、
仲間を売って海軍総司令官の座を得たわけではないようです。

「素直に言おうか、ありがとう」
ヘイワード海賊団副船長のベイカーに、
「それは素直じゃない!」とさんざん噛み付かれるこの言い方。
全身でウソっぽいから、
嘘の無い付き合いをしてるベイカーは、イラッとしたのかも知れない(笑

ニケの姿が見える人見えない人の秘密の件、
「私は、信じないがね」と言うダスティ。
で、ここはなんとなく、半分くらい嘘かな…って思いました。

決戦。
全く嘘をつかない正直者になったら、やせがまんになりました。
やせがまんってね、
すごく格好悪い行動だけど、すごくカッコイイと思うのです。
膝をつくのは簡単だけど、背を向けるのは安易だけど、
怖いのを承知で「だいじょうぶ!」って立つのって、凄くカッコイイ。
足が震えてたって、それは怯えじゃなくて武者震い。
そう思っとけばいいんです。


サリーナは、ダスティの秘書…補佐官?
まぁとにかく、いつも隣に居ます。
海賊団とその代表の名を呼ぶところで、
なんとなく漫画ワンピースを思い出しました。
べつにそんなシーンを読んだとかじゃなくて、ほんと、イメージ。
あの絵柄で脳内想像してみたり。

ダスティに、書状をとどけてくれるサリーナ。
千秋楽では若奥様風ウィリーの手紙を持ってきました。
その手紙へのダスティの返し
「朝まで呑むから 帰 り ま せ ん !」は大爆笑ですよ。
ウィリーの情報を知りたがるダスティを怪訝な目で見るサリーナも(笑
(ちなみにあの字は、上手さからして本命女子さんとか…?)




以下、妄想




11年前の事件後のダスティはたぶん、
自分ができることをしようと思って海軍に入ったのだろうと思います。
消えたジョバンニと隠されたパンドラを、
海軍ネットワークを使って探そうとしたのかも、と妄想

アニーから「こそ泥」と呼ばれた事から、武闘派ではないイメージ。
砲煙弾雨の中を、「う わ あ あ ぁ ぁ ぁ 」みたいな悲鳴を上げて、
必死にかいくぐって生き延びてきたような感じがします。



決戦前、サリーナはダスティに銃を渡します。
ダスティは昔使ってた銃なのかな? 
だとしたら、ダスティの過去も知ってるかも?

実は最初は前任の総司令とかに雇われたスパイ
(「経歴が怪しいから見張れ」的な)だったけど、
ダスティに(人間的に)魅かれて職務放棄みたいなものを妄想

サリーナ、退役したダスティについてきてましたよね。
「私は総司令の補佐役ではなく、あなたの補佐役です」みたいな妄想

スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://maikuro96.blog90.fc2.com/tb.php/640-57aaa11e

«  | HOME |  »

最近の記事


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索


プロフィール

まいくろ

Author:まいくろ
ついったー:maikuro9696
(画像は7年前に描いたものです)