スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『NEW WORLD』ネタバレつらつら

『PANDORA'S BY ME』、手持ちのCD群から2曲使われてました。
1曲は『美しの水』観劇後に探して買ったCDから。
もう1曲は、観劇とは全然関係ない付き合いの人から戴いたCDから。
知ってる曲が流れると、ウキウキします。
まいくろです。

拍手、ありがとうございます。
なんかBASARA初演の記事の拍手数が、いつの間にかすごい事になってました。
短い記事だったので読み返してみたのですけど、
HENTAI光秀にしっかり食いついてる当時の自分に…複雑な気持ち。




『PANDORA'S BY ME』のもうひとつ、『NEW WORLD』。

役別雑感を書き出す前に、
『NEW WORLD』あらすじ&分類不能な雑感を書いておきます。




↓ ネタバレ注意!



時は、荒くれ者たちが海の上で暴れまわる時代。
「伝説の海賊」と呼ばれたドン・ジョバンニは、
手に入れた宝「パンドラ」をサモトラケ島で開き、その後姿を消しました。

それから11年。
海上では5つの海賊団が日々略奪行為に勤しんでいます。

船長は女ですが、戦力は海上最強とも恐れられるアニー海賊団。
船長以外は若者たちだけで構成された、ビクトリーノ海賊団。
力こそ総て、略奪も殺しも容赦しないヘイワード海賊団。
船員数No.1を誇るアフロ海賊団。
「片目のウィリー」がトップである事以外は謎に包まれた、
ウィリー海賊団。

ある日、海軍総司令官により、5海賊団は召集されます。

「サモトラケ島沖合に、正体不明の海賊船が停泊している。
未だ旗印を上げぬその船の船長の名は、ドン・ジョバンニ…」

復活した伝説の海賊。
彼の狙いは再び「パンドラ」を手にすることだと思われます。

海軍総司令は海賊たちにドン・ジョバンニの討伐を求めます。
海軍の力だけでは、伝説の海賊にはかないません。
あわよくば自ら「パンドラ」を手にしようと、交錯する海賊団たち。

そんな中に、海賊には似つかわしくない少女の姿がありました。
彼女の名はニケ。
過去の記憶を失った彼女は、
かすかに覚えている「自分の大切ななにかを奪った男」を探しています。

同じように、何かを探している男がいます。
彼の名前はロシアン。
ロシアンが書き記す航海日誌に、
知らないうちに言葉が増えているのです。
彼は、その言葉の書き手を探しています。
そんなロシアンの背後で微笑む、黒ずくめの男の影…

ニケは、ロシアンは、目的の人物に会えるのか?
海に戻った伝説の海賊ドン・ジョバンニの真の目的とは?
そして「パンドラ」は誰の手に渡るのか?

―彼女を、勝利の女神にしてやりな。

明日の無い海賊たちの世界に舞い降りた、
天使と堕天使の物語。






まず劇場に入って、
舞台上がぶっ散らかってるので驚きました(笑
えぇー、これじゃあ何も観えないじゃん! って。
まるで、朽ちた難破船みたいだったのです。

開演時間になり、舞台が暗くなると、海賊達が出てきます。
言葉を紡ぎながら、朽ちた船を立派な海賊船に戻していきます。
物語の幕開けです。

装置の使い方が凄く素敵でした。
可動式のハシゴが、大海原を行き交う船に見えてきます。
マストに登って遠くを見たり、
甲板に座ったり、船から船に飛び移ったり。
装置を組みにあらわれる船員たちも、場面ごとに個性的。
海軍だったり、海賊団だったり。

ストーリーは、
伝説の海賊ドン・ジョバンニと、
11年後に再び現れたドン・ジョバンニ、
「メフィスト」システムと、
メフィストとペアを組む天使 のエピソードが絡み合うお話。
前にDMに載ってたあらすじとぜんぜん話違うじゃん!(笑
…と今更な事を言ってみたり。
アンドレ新作に関して、上記のようなことはいつもの事なので、
形だけつっこんでおくという事で、ここはひとつ。

エピソードの絡み方が絶妙だっただけに、
見所が多過ぎて2回観劇では付いていくのがやっとこさ。
もしも再演するのなら、
「ドンジョバ海賊団」「復活のドンジョバ海賊団」の2本立てにしてほしい…
(「ドンジョバ」という呼び方が、
 ドレメン岩崎くんのブログにあって面白かったので、勝手に借りてみた)

「パイレーツオブカリビアン」は地上波で放映したにもかかわらず未見。
漫画「ONE PIECE」はチョッパー加入時のあたりを本誌で読んだ記憶あり。
どっちの海賊モノにも手を出せない理由はひとつ。
シリーズ多過ぎて、途中で止められなくなりそうだから(笑
…そんなまいくろですが、ヘイワードの衣装には、ぶっとびました。
オマージュといって良いのかな?
たぶんドンもオマージュなのかもしれませんけど、よくわからんです。


『PANDORA'S BY ME』を構成するもう一作品
『FANTASISTA』のフレーズ、「世界はまだこんなに面白い」。
似たようなセリフを、カインに似た顔の人が発しますが、イコールではない。
『NEW WORLD』作中で「世界はまだ~」に通じる言葉があるとしたら、
「海は広いんだよ」 かなぁ、って思いました。
たしか…アニーのセリフだったかな。

登場人物たちの性格&立ち位置が、漫画っぽいなぁと思いました。
あくが強いキャラクターだけど、
細かいところは見た人に想像の余地残しまくりなところとか。
『NEW WORLD』、好きなキャラクターが、いっぱい居るのです。
妄想と想像と事実を切り離すのに、時間がかかりそう。

役別雑感はそんな感じでどえりゃあ長くなる予定なので、
海賊団ごとに別エントリでちまちま上げていきます。


スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://maikuro96.blog90.fc2.com/tb.php/635-5e2a7c31

«  | HOME |  »

最近の記事


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索


プロフィール

まいくろ

Author:まいくろ
ついったー:maikuro9696
(画像は7年前に描いたものです)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。