『星合』ネタバレ雑感

innerchild 『星合』@シアタートラム 観てきました。
感情的なところだけ温かいうちに書き残そうと思ったら、
こんなに夜更かし。まいくろです。


「七夕」は、卒業論文で題材にしたという縁がありまして。
インチャが七夕テーマやるって知った時から、コレはもう絶対観るぞ、と。
そんなわけで、問答無用で観にいってまいりました。
(余談ですが、参考になるかなぁと思って論文を読み直してみました。
 私が書いたと思えないほど真面目でカチカチな文章でした…)

シアタートラムの入り口に、めちゃくちゃときめきました。
同じビルにある世田谷パブリックシアターの入り口にもときめき。
ビル前の広場にあるオブジェ(とは違うかな? 道に描かれてました)も好み。
ウッキウキで劇場入りです。


↓ ネタバレ注意!


民俗学の研究をしている伊佐心(イサ ココロ)は、
七夕説話における織姫と彦星、それを助けるカササギの関係が、
自分が最も力を入れて研究しているテーマ、
「イザナミ・イザナギ・ククリ姫」の関係と似ていると感じました。
七夕の研究を進めていくうちに、
小さな島「星合島」で行なわれている「星の鳥神事」という祭りにたどりつきます。

十年に一度行なわれるその祭りを訪ねて星合島を訪れたココロ。
折りしもその時期は、民間の宇宙開発企業IASAが、
星合島にてロケット打ち上げを行おうとしているときでした。
ほぼ島民で構成されたIASAの職員達、
その知人、家族でもある島の住民達。
天体観測を兼ねてリゾートバイトにやってきた大学生達。
宇宙開発企業と島民の関係を取材しに来たマスコミ。
小さな島に、多くの人間が集まっています。
今年の「星の鳥神事」は、かなり込み入った事になりそうです。

ココロは、浜辺で不思議な男性に出会います。
浦島夏彦と名乗るその島民は、
彼女にこの島の七夕伝説を語るのですが…

隔てられた彼と彼女の間にあるのは、天の川。
願い続けて彷徨う彼と、約束を果たした彼女の、七夕物語です。






基本的に私の知るインチャ作品って、
登場人物の○○さんが好き! って入れ込むほど、
メイン以外の人物の人生について多くを語ってなかったんです。
もちろん、彼らにも人生はあります。
ただ、「語るのはこの場ではない」という感じ。
だから視線のやり場に迷うことはありませんでした。
しかし今回は違いました。

全員が舞台上にでてくるロケット打ち上げシーンで、目移りしました。
「たくさんの人々の思いを乗せて」って言い方ありますよね。
まさに、それ。

自分の憧れであり、なぜか惹かれる存在の夏彦を思うサブローとか。
搭乗する兄のことを心配しつつも誇らしいアカネとか。
よりをもどせたら良いなって思っているアキラとか。
自分のやった事にドキドキしてるラケッシュとか。
プライドと仲間意識がない交ぜになってるヤンとか。


あと、ユタカ@井俣さん。
今回の井俣さんの役は、
大人なんだけど子供心を忘れてないっていうかそういう夢のある役でして。
人物としてもイイ男なんですが、ビジュアル面でドツボでした。
ツナギ(宇宙飛行士のユニフォーム)の上半身部分を、
おなかのところで結わいてるのがなんかサマになってて。
仕事に誇りを持ってる男が、
実用の為にユニフォームを着崩す姿って、なんかイイ。
さらに、別場面で着てるTシャツが…Tシャツが…
NIRVANAの某アルバムのジャケ写!!
変なところで熱を上げる、まいくろでした。


さて作品内容について、もうちょっと。

今回はヴォーカル曲を使っていて、なにやら新鮮でした。
新鮮といえば。
今回は七夕をモチーフにしている作品なのですが、
「天(?)からやってきた存在」が出てくるのです。
今まで観たインチャ作品にも、そういう人外なモノは居ましたけど、
ここまではっきり人に肩入れしたり関わったりしてなかった気がします。
そこも、私には新鮮。


今回は、客席を巻き込んだ演出が有りました。
劇場に入るときに、首掛けヒモのついたLEDライトを受け取ります。
前説で、天川白鳥を名乗る男@小手さん が登場。
合図をするので、その時に光らせてください、と。

ライトの出番は、最後の最後。
星の鳥神事(七夕まつり)の時。
本当は、祭りでは松明を使うのですが、
今年はロケット打ち上げの関係で火気厳禁。
「形よりも、それを行う心が大切」と、
宮司の天川さんがLEDライトで代用することにしたのです。

一度目の観劇では最前列だったため、
配られていたLEDライトの威力は舞台上の役者さんから貰う感じ。
まいくろは、自分の感動ために、光らせてました。

んで、二回目観劇の今日は後列。

…やられました。

客席、ちゃんと光を掲げてます。
一人にひとつ。命と同じ。
感情の共有、感覚の一致。一体感。
なんか色々な言葉がぐるぐる浮かんで来ました。
自分も星合島の島民になっている、というか、
島民たちの魂のカケラが私にも含まれているんじゃないかな?
…と思わせてくれました。

二回目のチケット、後列指定でゲットしてよかった。



とりあえず今日はココで締めときます。
まだまだ書き足りないので、後日に別記事でネタバレ雑感追加(予定)。

スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://maikuro96.blog90.fc2.com/tb.php/618-ea85668c

«  | HOME |  »

最近の記事


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索


プロフィール

まいくろ

Author:まいくろ
ついったー:maikuro9696
(画像は7年前に描いたものです)