本命くんのお誕生日!!

仕事忙しさ最高潮と、秋の健康診断と、
幸せ満開DAYが同時にやってまいりました。
まいくろです。

さて。
本日9月17日は、
まいくろ、みくろ。の「本命くん」こと、ドレメン竹内諒太くんのお誕生日!

おめでとうございます!

私にとっては、押しも押されもせぬNo.1のドレメンです。
ナンバーワンというか、なにかと比べる対象ではないのです。
ずっとずっと、本命くんはまいくろの殿堂入り。特別扱いです。


喜怒哀楽、そろそろ「怒」「哀」を観たいなぁと思っていたとき、
『新説 鬼娥島』の金時に会えました。
性根の強さと、肉体的な強さがだいぶ近くなってきました。
イイ男です。誰かを守れる男。
感情そのままを叫び声に乗せる をやってくれた男です。

悲しくて悲しくて、打ちひしがれていた時、
『The Tempest』のエーリアルが嵐を起こして吹っ飛ばしてくれました。
長台詞、終わりまで足元の軽快さを失わないスタミナ。
役者力がメキメキ伸びている事を実感させてくれました。

『戦国BASARA』では、様々な場面で兵士役として登場してました。
マイク無しでも、後ろの席まで声が届きます。
本命くんは声に特徴があるんです。
なんだろう…周波が快いというか…

そして『ムーラン・ドゥ・ラ・ギャレット』。
音響スタッフとして参加。
シンディの「バキッ」とかも、本命くんが音だししてたのでしょうか。
ロビーでも見かけました。
やっぱり、締まってきてます。ちゃんと有言実行してる。サスガです。

西田さんの作品には、いつもか何かしら関わってくる本命くん。
音響スタッフは、だいたいいつも劇場の後ろの方です。
「しんがり」とか「背後を任せる」って言葉が浮かびます。
車の運転も任されてるそうですし。
ああ、信頼されてるんだな、と思います。


次回公演は『桜の森の満開の下』。
WS生として観劇した本命くん、今度はドレメンとしてこの作品に再会します。
色々思うところがあるんだろうなぁ。
…果たして出るのか!? というドキドキワクワクは当日まで置いておくとして。
あの作品は「恐」とか「狂」な部分が目立ちます。
本命くんのそういう演技って観たことない気がします。うーん、観てみたい。


この一年も、幸せ満開・笑顔満開で過ごしてもらえれば良いなと思います。
いや、一年といわず、ずっとずっとそうであって欲しいですね。

スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://maikuro96.blog90.fc2.com/tb.php/533-0d6a0bd3

«  | HOME |  »

最近の記事


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索


プロフィール

まいくろ

Author:まいくろ
ついったー:maikuro9696
(画像は7年前に描いたものです)