スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『Cornelia』役別雑感 その2

男前(人も豆腐も)が大好きな、まいくろです。
湯豆腐野郎をお店で見かけない…

休日出勤&忘年会でした。

拍手くださった方々、ありがとうございます。
『Cornelia』役別雑感、一気に行きます。

バクスター、ラル、シーリア、ウォール、ジーリングにWファーレン。




↓ ネタバレ注意!




バクスター@佐久間祐人さん
ノア家当主は代々短命。
衰退していくノア家をささえていたのが、バクスター家です。
赤薔薇の紋章を、大事に大事に守っていました。
第二次薔薇戦争時代の人。
そんなそんな~。ちょいなちょいな~。

「悪いな、薔薇は赤に染まる!」
基本ギャグ要員であったりしますが、やっぱり決める時は決めてくれます。
武器の三叉槍(?)に燃え燃え。佐久間さんと槍って似合います。
赤い布を見て一瞬、けも○の槍~ とか考えてました。

で、バクスターといったら、やはり語らなきゃならない。
バクスター娘。(勝手に命名)です。
バクスターの、邪魔しちゃいけない楽しいひととき。
兵士も我を忘れるほどに楽しいひととき。
前列下手側は、なんというか…特等席です。
約一名、主君より目立ってる兵士がいました。
ステージの光の中に、自ら入り込んでました(笑
あいやいや~ あいやいや~ の時、死ぬほど楽しそうです。



ラル@ゆうき梨菜さん
バクスターの従者…というか秘書というか。
白薔薇のギル・シーリア公に「おじょうちゃん」と呼ばれてます。
年齢的にはわりと幼い感じ。20歳くらい?
礼儀もちゃんとなってる良い子です。

「バクスター様、今のカッコよかったです!」
この前後のバクスターのセリフも好きだったりします。
この娘は家柄とか地位とかじゃなく、バクスターを慕ってるって感じがします。
赤薔薇&白薔薇赤裸々本音対談 のタイムカウントがウォールとセットで好き。
いい感じに冷静フェイスです。

髪型でなんとなく、友近って呼んでました。



シーリア@岩崎大輔くん
ギル・シーリア公。
第二次薔薇戦争の時代の、シーリア家当主です。
いいかげんで軽いノリだったりして、初代当主ザギはいらっとしてます。
実は、弟がいるのです。

「どんな弱小貴族に落ちぶれていても、バクスター様が良いよな?」
実は冷たい一面も持っていたり。
言いよどむラルを見る彼の、企み顔。ゾクゾクです。

「…っざけんな!」(VSバクスター)
ここの言い方が好みです。
貴族の当主なのに、時々チンピラ的ブチギレ。ギャップが良いです。
地位とポリシーのある男の役が似合う~。
ノシノシ戦場を歩くところには、威厳を感じます。

バクスターとの本音対談、一瞬で顔が別人のようにスイッチ。
テンポ良かったです。
シリアスもギャグもいけるマルチなドレメン。



ウォール@大畑真彦くん
第一次薔薇戦争時代、
そして第二次薔薇戦争時代の「白薔薇」当主の従者。
第二次時代のウォールのお祖父さんが、第一次薔薇戦争時代のウォールです。
ソックリらしいです。
ザギをして、お前の一族は、本当にソックリだな…と言わしめる程に。

「私は最初から、反対でしたよ」
続くとしたら、
「…それでも貴方は迷わないんでしょうね」って感じでしょうか。
ザギは、ノア家と和平を結びます。
それはサラのため。ノアを殺さないため。
サラの気持ちを汲んだ決断をしたザギ。

赤薔薇との和平は白薔薇の本意ではない、とサラに言うウォール。
でもザギを応援してたんです。
ザギとサラに、幸せになってほしいって思っていました。
だから、マリーが城を抜け出した時にサラに報告したのでしょうか。

無言の間に、感情を込められる人です。
雰囲気は実に和風なのですが、洋風の芝居に合う演技をするんだよなぁ。



ジーリング@加藤靖久さん
第一次薔薇戦争、シーリア家の騎士です。
武勇なら、白薔薇で一番かと。
ザギとの共闘は華麗です。

で、KYなところも、たぶん白薔薇一番。
シリアスでもギャグでも、KYっぷりを発揮してくれました。
たしかに主君のピンチだけど、男と男の決闘だったんだよ~(TДT)

「これはこれは、失礼いたしました」
何を考えてるのか読み取れない雰囲気プンプンです。
サラやセレンが警戒するのも無理はないかと。
サラからさりげなく赤薔薇を持っていくところがスマート。
スマートすぎて女性から信用できないジーリングさん(笑



ファーレンI世@平野雅史くん
第一次薔薇戦争、赤薔薇ノアの従者です。

「そろそろお迎えください」
彼は「マリー様」とも言っていたから、ノアの恋愛についても知っている様子。
色々手引きとか、したんだろうなぁ。人払いとか。

殿に戦場をまかされて、額を地につけて平伏シャウト。
その後の闘いっぷりは、素晴らしいものがあります。

自分が観た時はお茶漬け中とハリー○ッター中でした。
ほかにもバリエーション、あったのでしょうか。



ファーレンIII世@音野暁さん
第二次薔薇戦争、ノア5世の従者です。
バクスター家に取り次いだり、身辺警護をしたり。Mr.根回しです。

「武田でございます」
ノアの愛刀、武田剣(タケダソード)を持ってきます。
…って、あなた持ってただけでしょう!
なんであなたまで髪をかきあげるんだ(笑
そんなに効力強いのか、武田。おそるべし。

武田ソードの柄の所が何気に武田へアーなのが気になりました。
斬られた兵士は、必ず髪の毛をかきあげてから倒れるのです(笑
その後整列してひとしきり武田る兵士達。
爽やか笑顔っぷりが鼻につくったらありゃしない(笑

「あの方は、この日の為に生きてこられたのだ!」
聖母マリーを求めるノアをサポートするファーレン。
ノアが時間を止めていることに関して、知っている様子。
おそらく初代ファーレンは、
行方をくらました(時間を止めたから)当主ノアがいつか戻ってくるから、
そのときは誠心誠意お仕えしろ、と次代に伝えていたのでしょう。




スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://maikuro96.blog90.fc2.com/tb.php/437-7e7ebd1c

«  | HOME |  »

最近の記事


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索


プロフィール

まいくろ

Author:まいくろ
ついったー:maikuro9696
(画像は7年前に描いたものです)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。