『DECADANCE I 』 ネタバレ雑感

『DECADANCE I 』 ネタバレ雑感です。

女優力。きてます。
すごい、期待以上の女優力です。
もちろん男の子も!




↓ ネタバレ注意!



「…背負ったものが、大きすぎたんだ。王女にはな」

年代としては一番新しい話。

200年に一度生まれる魔女は、双子でした。
王宮で魔女として扱われ、10歳の時にその存在を消されたシエル。
牢に閉じ込められ、光を知らぬまま生きてきたルシア。
その後に生まれ、魔女の定めを免れた幸運の王女ジラファ。
彼女たちの兄である、国王。

魔女を立て、王家の破壊を試みる革命軍ファルコン。
裏で暗躍する情報屋たち。

そしてその行方を見守る、教会の神父。

王家と民衆、どちらが破壊されるのか。
長きにわたる魔女伝説、それを終わらせた国の話です。





展開は、ああ、自分の知ってるアンドレだ~と思わせてくれます。
勢力が複数、魔女も2人居るだけに、エピソードが満載。
こいつらいつ出会うんだよ! とヤキモキするのが面白くってしょうがない。
そして出会うシーン、よりによってこんな所かよ! みたいな。

でも、3作品のなかで、個人的に最も衝撃だった作品でもあります。
なんというか…少女時代のルシアの境遇とか、リプロとシーラの関係とか、
結構直接的な表現だなぁとビックリしました。
私が今までに観てきたのは、語られない&ぼかされてた感じだったので。


「光の無いところに、影はできませんよ」
ルシアとシエルの関係のほかにも、
光は王家、影は民衆、とか言われていましたね。
この、ルシアとシエルとの関係が絶妙で。
いつも対比している2人。
シエルが王女として王宮に戻るとき、ルシアは革命軍として町にいて、
ルシアが王家の名を騙ったとして王宮に拘束されたときは、シエルは町に。
どっちも辛い現実でスレちゃってるんですが、そのスレ方がちょっと違うんです。
触るものみな傷つける、なルシア。
心を閉じて誰にも触れさせない、なシエル。

そもそも、今までに生まれなかった(と思われる)「双子の魔女」ってだけで、
既に王家にとっては革命なんですよね…
だから終わらせることが出来たんじゃないかなって思いました。

10年の間幸せに育てよう…と言いつつも、
その王女に「影」の意味を持つ「シエル」と名付け、
以後、生涯笑わずに生きた先代王の苦しみとか。
その父王が遺した日記を読んで、伝説を終わらせた兄王の痛みとか。
魔女としての定めを背負ってしまったシエルとルシアの辛さとか。
ジラファが味わった知ることの重みとか。
王家、見ていて辛いです。


革命軍ファルコン。
「ファルコン」の名は代々の革命軍につけられる呼び名。
リーダーのラッセルは、
牢屋の魔女に「ルシア(光、の意)」の名と、居場所と、笑顔をくれました。
ファルコンは民衆の中から生まれました。
民衆から独立しているようで、実はそうでもなくて。
民衆によってその運命を左右されてしまいます。
ファルコンはとても強いけど、とてもかよわい存在。


存在を抹消され、町に逃れた王女シエル。
それをサポートするのは情報屋パサドと、
シエル同様に存在を抹消された騎士。
いわゆる、もう一つのファルコン。影のファルコンです。
彼らも、王家破壊の為に暗躍しています。

ここで。
この、パサドって男がよく分からなくて困ってます。
原因は、神父が持っている人型の紙。
イメージシーンで、神父がこの紙を手にしてる時にパサドに光が当たるのです。
加えて、ラストシーンでパサドが退場する時に同じ紙が落ちてきたのです。
この「パサド」、一介の情報屋が偽名を名乗っているだけには思えません。
式神? でも、神父は陰陽師じゃないし。
神父の分身とか、神の使い…って解釈も微妙です。
でもなんか、人間って気がしない。


他にも、もっと詳しく知りたい! って所があって。
民衆に変装中の王。かなり唐突に出てきた感がありますが、
その辺もっと語ってほしかったです。
情報屋のシーラが、得体の知れない人にあんなくだけた口調使わないだろうし、
王(変装中)を見て「お前、情報屋の…」って言ってた人がいたので、
結構前から、お忍びで町にちょくちょく降りてたのかな?

国で行なわれるお祭、仮装祭。
開催4年に1回。人々が仮装をして、優秀者を選定するそうです。
WS生やドレメン若手、ダンサー勢も大ハッスルです。
衣装は日替わりっぽくて、男の子もメイド服だったりナースだったり、
女の子も巫女さん着ぐるみ戦隊モノ、なんでもありのドンチャン騒ぎ。

んで、このシーンは登場人物が全員はっちゃけます…(笑
実写映画&アニメ公開! ○○○○ー様も登場します。
なにわの代名詞、今はえーと、どこにいるんだっけ? な彼も出てきます。
『神殿』楽日のリアディ○ンも真っ青な、セクシーねぇちゃんも出てきました。
もう見ていて清々しいくらいにアホで、「仮面の国」もこの日だけは形無しでした(笑



本命くん、初日の仮装祭にて、竹内夫妻として登場しました。
それ以降舞台上で見てません(TдT) 
モトネタが良く分からなくてあまり反応できなかったのが、悔しいです。
楽日で復活希望。
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://maikuro96.blog90.fc2.com/tb.php/368-8ea0663c

«  | HOME |  »

最近の記事


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索


プロフィール

まいくろ

Author:まいくろ
ついったー:maikuro9696
(画像は7年前に描いたものです)