『道元の冒険』 ネタバレ観劇感想

まいくろです。
『DECADANCE』初日までの残り日数も少なくなってまいりました。

さて、そんなこんなで、月イチ観劇、ちゃんと続けています。
日曜に観てきたシアターコクーン『道元の冒険』。
プレオーダーで端ながら前の方の席ゲット。

ちなみにね、この観劇のあと新宿まわってスペースゼロ行ったのですが、
『DECADANCE』のチラシ、ありませんでした(TдT) ちぇっ。


以下、『道元の冒険』ネタバレ感想です。






日本曹洞宗の開祖、道元。
道元を取り巻く、仏教宗派同志の確執などの現状と、
道元が眠るたびに出てくる、結婚詐欺の罪で拘留中されている男の生活。
そして道元の弟子達が開山七周年の余興として演じている『道元禅師半生記』。
どれが本当でどれが虚構なのか? 
入り混じり立ち代り、絡み合う「道元」のお話です。



…いやー、ビックリしました。
まさかあんなに歌の分量が多いとは。
そもそも、歌うなんて全く予想してませんでした。
井上ひさし氏の戯曲で、蜷川氏の演出だっていうから、
なんとなくシリアス系を想像していたまいくろは、ちょっと戸惑いました。

とりあえず登場人物たちの感情が盛り上がると歌いだします。
怖いと歌いだす。お経を読みつつ歌いだす。禅問答で歌いだす。
文字を習って歌いだす。そして悟って歌いだす。悟りを広める時も歌っています。

全体的にかなりおもしろおかしい感じの舞台です。
でも井上氏の作品だけあって(?)、ラストはちょっと皮肉めいたつくり。
あまり余韻を感じない、かといってすっきりとは終わらせてくれない、娯楽系舞台。
うーん、夏向きだなぁ。

出演者は、だいたい一人五役くらいやってくれます。
セリフ量が半端無く多い。よく覚えてられるなぁ…。
早着替えが何回も行なわれ、むしろその一人数役をネタにした場面も。
一役の役者さんもいらっしゃって、
パンフレットで確認したら「しかも出番ココだったのかよ!」ってな方も。
御仏役の方のアレは全身タイツなのか、“生”だったのか…
紅白のDJオズマもビックリ。
エロ猿ですいません、まいくろです。

そうそう生といえば。
中国(宗の時代)の場面で、本物のニワトリが出てきて仰天しました。
バサバサはためいてました。
ニワトリ持ってた女優さんもドキドキしてたみたいです。

しかし阿部寛は本当に背が高いのです。
栗山千明だってけして小柄ではないのに、並ぶとすごい身長差。
髪の毛ストレートロングな彼女のイメージが強かっただけに、
坊主だったり少年だったり、とても新鮮でした。
と、いうか。最初、栗山千明だって気が付かなかった…
もう舞台に最初から居たのに「いつ出てくるのかな~」って観てました。


井上作品、および蜷川演出に不慣れなまいくろにとって、
少し敷居が高かった作品かもしれません。
仏教新派についての砕けた解説はとても面白くて役に立ったし、
「道元 道元禅師が どげんした~♪」などの、
数々の言葉遊び的劇中歌も楽しめました。
でも全体的な感想を言えっていわれると、なんだろう…
あっけらかんと「面白かったです!」という言葉が出てきません。
でも、観て損は無い劇。

真実のありかを観客に問いかける形のラストシーン。
これがどうしても自分の中で受け止めきれないのが、おそらくの原因。
ブツッ、と全てが途切れてしまった事が、なんとなく落ち着かないのです。

自分の中にストンと落としこむまで、少し時間が掛かりそうな作品でした。
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://maikuro96.blog90.fc2.com/tb.php/354-93355f15

«  | HOME |  »

最近の記事


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索


プロフィール

まいくろ

Author:まいくろ
ついったー:maikuro9696
(画像は7年前に描いたものです)