スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ででん でん ででん

土曜プレミアム『ターミネーター2』を見てました。
初めて見たときは、まいくろは小学生…だったかな?

液体金属という概念が斬新で、好きです。
技工の授業でハンダ付けがあったときは、
「液体金属」ネタでクラスが盛り上がったものです。


製鋼所での旧型vs新型ターミネーター肉(?)弾戦。
頭だった所が肩になってみたり、
壁に叩きつけられた瞬間液体に戻って、瞬時に正面を向いたり。
液体金属の戦い方は見ていてワクワクします。
けして応援はしませんが。

旧型に対しては、ボロボロになって見てるこっちはイテテッ! なのですが、
それでも動いて武器を取ろうとするところに、ぞくぞくします。
サイボーグな2人は、顔が映ってる時はまばたきしない。表情もない。

主人公以外の周りの登場人物の、
死に方のあっけなさが映画的だなぁと思いました。
ほぼ主人公側視点で展開されます。
ダイソンでしたっけ、あの未来のコンピューター開発者。
ちょっと切ないですね。
なんというか…すごく…置き去りです…


サラ(主人公の母)、最後に笑ってクレーン降下のスイッチを押すんですね。
なんかそういうところで、強い人です。
液体金属がサラに化けた時、
瞬時にジョンが本物を見破ったところに、親子の絆(というか信頼)を感じました。
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://maikuro96.blog90.fc2.com/tb.php/336-2a720a8b

«  | HOME |  »

最近の記事


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索


プロフィール

まいくろ

Author:まいくろ
ついったー:maikuro9696
(画像は7年前に描いたものです)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。