スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

しょっく! しょっく!

職場の盆休みが縮みました。8月11日(月)、出勤です。
ちょっと、ちょっと…10日観劇ですよ。夜。
帰りは、せわしなくなりそうです。がんばります。

まいくろです。

まだ七月にならないうちから何をと言われそうですが、七夕。
昔は純粋に短冊にお願いしてました。
ちょっと前は、
「織姫も牽牛も自分達で手一杯なのになんで人の願い叶えられるんだよ」と
斜に構えてカッコつけてました。
で、現在。
「自分達が幸せだと、他の人にも分けたくなる」
…という感情なんだろうなぁ、と考えるようになりました。

このブログも、そういう所にしていけたら良いなと思います。

なんで、まるで初回みたいなノリでこんなこと書いてるのか、
自分でもさっぱり分かりません。


以下、関係あるようで関係ない話。


七夕で織姫と牽牛が天の川を渡るときに、
カササギが橋になってくれるという言い伝えがあるのです。

なんでカササギはそんなに優しくしてくれるのかというと。
とんでもない説がありました。

天帝(偉い人)がカササギに
「離れ離れの織姫と牽牛に『七日に一度会ってもいい』と伝えろ」と伝言を頼んだのです。
でも、カササギはうっかり
「『七月七日の一回だけ会ってもいい』ってさ」と伝えてしまったそうです。
だから罪滅ぼしで、年に一回、天の川の橋になるんだそうです。

いや、橋になる前にさ。
カササギが自分の言い間違えを訂正すればいいんじゃあないのかな…?
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://maikuro96.blog90.fc2.com/tb.php/334-08f5b012

«  | HOME |  »

最近の記事


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索


プロフィール

まいくろ

Author:まいくろ
ついったー:maikuro9696
(画像は7年前に描いたものです)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。