アンドレ終演挨拶公開です

役別雑感で全編に渡って「蟻」通勘吾の字を間違えていたまいくろです。
ごめんなさい。修正しました。
キャスト表見て書いてて間違えるって…どんだけオバカなんだ…


アンドレ稽古場日記に、終演挨拶がアップされております。

幕末モードからやっとこさで片足引き抜き始めたところなのに、
またどっぷりと浸かってしまいました。

だってだって。

書いてたら長くなったので「続きを読む」の方にしまいます。




久坂@本命くん写真の格好よさ&コメントのひたむきっぷりがスゴイ!!
なんだ、この気合の入りよう! ってな感じの写真です。
この久坂なら龍馬切り落とせます。
そりゃあもう、ザックリと一刀両断。
見たとき、もうこのまま死んでも良いって思いましたね。

でもコメント読んで、まだ何があっても死ねない~って思いました。
本命くんは、ものすごいアンドレファンでありますが、
「アンドエンドレスの一員である自分」という事に対しても、すごく真っ直ぐです。
そういうところ、好きです。
だからファンやってるんですよ、まいくろは。

『堕天』『神殿』、それに『遅咲きの蒼』。
もう何回もやってください、上演したら予定組んで何度でも観にいきますから!


ほかにも、花君@河野さんの美しさっぷりとか、
榎本@徳さんの純っぷりとか、
斎藤@良子さんの好き好きっぷりとか、
西郷@伊藤くんの写真と文章のギャップっぷりとか、
右仲@岩崎くんの三年目の決意っぷりとかにも、物凄いゾクゾクきました。

新人sの、本公演を終えての思いの強さにもゾワゾワ。
忠助@永島くんから、なにげに畳屋の気配がしました(また衣装ネタ)。

桂@加藤さんのコメントを読んで、第4回公演『MOVE』が観たくなりました。
…その現場、想像がつかないです。生で見てみたい。


現時点、まだ何名かアップ待ちっぽいです。
近藤さんとか。遊梅さんとか。大久保さんとか。
…殿は…今までも無かったからなぁ…
西田マンに書いていただけることを期待してます。

みなさん、本当にありがとう御座いました&お疲れ様でした。
まいくろは、まだ幕末モードに喜んで浸りきります。



今回、終演挨拶を見て強く思ったのは、
「役者にとって、自分の役の人物はどういう存在なんだろうか」って事。
前々から少しは気になってたことなんです。
『GARNET OPERA』での本命くんの秀吉に対しての思いの深さとかね。
で、WS公演、リーズ@森山氏の終演挨拶を読んで輪郭をとり始め、
芳賀さんのブログを読んで明確な疑問となりました。

今回の終演挨拶では、それについて書かれている方が数名いらっしゃいます。
こういうのって正解は無いのだと思います。
役者の数だけ、与えられた役の数だけ向き合い方はあるもので、
(人間社会もそういうものだし)どれが一番正しいってのはないんだと思います。
だから凄く気になります。
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://maikuro96.blog90.fc2.com/tb.php/310-674d5f4d

«  | HOME |  »

最近の記事


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索


プロフィール

まいくろ

Author:まいくろ
ついったー:maikuro9696
(画像は7年前に描いたものです)