スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『ロマンシング サガ THE STAGE ~ロアーヌが燃える日~』


4月19日はサンシャイン劇場に行っていました。

30-DELUX SQUARE ENIX Special Theater

『ロマンシング サガ THE STAGE ~ロアーヌが燃える日~』

なんてったって今回の観劇は
スーパーファミコンで当時やりまくった大好きなゲーム
「ロマンシング サ・ガ3」の舞台化作品です。

あのころはセーブデータはメモリーカード方式じゃなくて
カセット内に3つくらいしかセーブできなかったんですよね。
で、選べる主人公は8人で。
全員分のセーブデータを同時に持っていたくて
ソフトを複数本買うという暴挙をやった記憶があります。

ゲーム自体自由度が高かった(行間が多いとも言う)ので、
舞台化してストーリー組み上げるのには向いてたのかも。
今後スマホ用ゲームとしてリメイクされるというので、
そのへんの連動もあったのかなぁ…

自分の傾向として、
原作が好きすぎると舞台化とか実写化とかは
逆に「(自分のイメージ大事にした過ぎて)行かなくてもいいか」って
なってしまうのですが、
キャラビジュアルも再現性が高くて
(元々の印象がドット絵だから「原作と違う!」って感覚も薄い)
一番好きなキャラが出演で(しかも知ってる役者さんだった)、
今回のは告知から観劇までテンション高いままでした。

チケットがそこそこ高いお値段でしたが、
ストーリーもゲームの補足をしつつちゃんとまとまってて
映像効果も大きな劇場向きで
お遊びシーンも原作でふざけそうなキャラだけがふざけてて、
ひらめきシステムはどうするのかなと思ったら
ギャグとシリアス両方やってくれて
突然歌いだすのはぶっちゃけびっくりしたけど
事前に告知されてたので心の準備はできてたし。

なんというか「原作が大事にされてる!」と思ったので
1回観て「ギリギリリザーブ(当日引換券予約みたいなもの)」制度を利用して
追加で22日の土曜にも観劇して、DVDも予約しました(笑


ブラックとシャールと
トーマスとカタリナさんが個人的にズキューンときました。
ファティーマ姫は最初「砂漠の民なのに色白ッ!」と思ってたのですが、
動いてるの見ると違和感ぶっ飛びましたね。
こういうことがあるから舞台って、役者ってすごい。

いままで私が観てきたゲーム・アニメ等の舞台化作品の中で
一番満足度が高かった作品でした。

こういうのは、どんどんやってほしい。

↓ 以下、自ツイートまとめ (※ は追記)




-----4月19日(1階席)-----

サガステ来てるんですが、
当パンのストーリーですでに宿命の子について言及してて
ちょっとビックリしてるところに、
客入れで教授のテーマ流されて笑いそうになった。
物販がおもったより市場感(※ へいらっしゃい!)あってなんか色々予想外。

サガステ休憩なう。
自分のキャラ解釈とちょっと違う所もあるけど、
ゲームの隙間を埋めてる感じあるなぁ。さすが公式監修。
まさかあのシーン(※ マスカレイド盗難)やると思ってなかったので。
モンスターがちゃんとモンスターしてるのもいいなぁ。
そしてカイエツちゃん(リンカネの)めっちゃいい役どころじゃないですか。
(※ 前田慎治さんは別の三国志な芝居で観たことがあるのです)

サガステのブラック、想像してた以上によっち(※ 平山さんの愛称)。

サガステ、全体的に全員早口な感じがしたけど
情報量的には仕方がないのかなー。
バトルシーン目が足りないからリピートしたいけど、
来れそうな土曜はギリギリリザーブも完売だ。
オープニングのよっちブラックのアレと総力戦で
ひとまず円盤買うのは決めた。ゆきだるま…(笑

ミカエル様、いろんな意味で罪深いぞー(笑) 
詳しくは言わないが。(もう誰かがツイートしてそう)
(※ 決め台詞で噛み神が降臨)

ビュー姉さんのおみ足が神々しかった…
ビューネイ戦はまじでビューネイ戦だった…
マクシムスはゲームの3倍くらいクソゲスだった。
ゲームのセリフとか技とかもちゃんと出てきて、
あぁこう発音してたのね、こういう技なのね的な発見もあった。
皆と戦うカタリナさん( ;∀;)

というかサガステのサラがナチュラルにトーマスの隣に座るとか、
ユリアンに対するエレンの対応とか、
個人的に推しなブラックとカタリナの二人にちょっとやりとりあるところとか、
モニカ様のアレ(※ ぽかぽか)とか! 
あと、音楽! 音楽ー!! サガサガしてたー!

武器もゲームの固有技とかもう最高

オリジナルっぽいBGM(女性の声が入ってるの)が
てらりすとが出してきそうな曲だなと思ったら音楽チームに和田さんの名前があった。

サガステ観て、ゲームでシャール槍使いにしててごめんって思った
(※ 舞台では剣で戦ってた)

よっちブラックの次になにやるかわかんない感じ好き。
ゲームしてるときに自分で作ってたイメージとはかなり違うけど(←笑)
このブラック、アリだなぁ。

若返ったオレ様無敵案件

あっ。サガステ販売パンフに劇中歌の歌詞って載ってないのね…
台本(思った以上に字がデカい)のほうには、載ってた~。
パンフ写真、耳のアレとか髪飾りとか身分に対する衣装の基調とかちゃんとしてて、
原作世界観への愛を感じるわぁ。

サガステ、魔法も敵も武器固有の能力も内乱も
詳しい説明なしにゴリゴリ進んでいったから
ちゃんと攻略本読んでから観よう…
あの技はたしか女性にはクリティカルだったはず(だからあの敵に使ったんだと思う) 
あとモンスターもたぶん途中でランクアップしてた

衝動的にあれしてあれしちゃったので、パーマかけるのはまだ先になりそうです
(※ ギリギリリザーブ席を買った)

結局、攻略本読んでる。
シャールの年齢ずっと勘違いしてた…思ってたより5歳若かった。
やだぁどんどん作中のキャラ年齢追い抜いてってる現実がぁ~

いやチャンネル5って漫画は13歳とか15歳でみんな大人の肉体だったし、
ファンタジー世界の年齢が現実の世界と同じだとは限らん。うんうん。

シャールも元々結構好きなキャラで、
舞台シャールはイケメンで武器さばきも速くて、
舞台化にあたってメンタルも掘り下げられててただのコワモテ無愛想じゃなくて
作中の某シーン(※ ハリードがふざけても崩れない)では心の防波堤なので、
よっちブラックのことばっかり言ってるけど
サガステはシャールもしっかり観てこなくちゃなんです

まじか、サガステのガリバルディーって
オリジナルの名前にしては凝ってるなと思ってたら、
ミカエル編マスコンバットvs神王教団の指揮官としてゲームに名前出てるのね…! 
(マスコンバット、全然やりこまなかった)


-----4月22日(2階席)-----

というわけでギリギリリザーブありがとう着席。
前回と逆の位置で嬉しい。
近くだとネタが見えて(透けて)しまうシーン、
はたしてここからはどう見えるか…わくわく!

サガステガリバルディー、
去り際に「ハリード覚えておれー!」って言ってたのね。聞こえた聞こえた。
あとハリードに「次は足では済まさん」的なこと言われてるときの
上手上段でのふんって顔いい。
シャールまじ心の防波堤…楽日までそのままでいて…

回替わりで目立って違ってたところは

水曜マチネ
「グーチョキパー(夜の作法)」
「あの子(※ミューズ)かおちっちゃいよな」(←※シャールをからかう)

土マチネ
「ハラキリ」
「結婚式あげるときはオレが司会を…」

よっちブラック今日もお元気自由人。
まじオープニングのセンターのアレ(※ 投げキッス)いいわぁ。

ブラック劇場の時のサラもかわいい。

サガステ終了。
あーこれチケットなかなかのお値段だけど
2回みたらさらに深く色々見えた。
前の席の方がゲームファンだったみたいだけど
すごい喜んでてそういうのも観れるから後列いいね。
アレ(※グウェイン)もちゃんと乗ってたし。
シャールとブラックの各々の決着のつけかたとか
ほんっとファンの心わかってくれてる

サガステ、シャールが銀の手つけて剣がふれるのを実感した時の顔!! 
ブレードロールかましたブラックの一言(※ 「余裕(はぁと)」)! とか! 
本心がむき出しになるときの身のこなしの速さ! とか! 
なにより呪文の特性もしっかり作中に入れてるのとか! まんぞく

例のシーン(※ ひらめきヘルメット)で
客席のざわめきが残ってるうちに始まる
ハリードとシャールのシーンとかで
ちゃんとシリアスに空気戻してくれるの
ほんと良いと思う

準備ができたと聞いたき、
あと倒れた彼女を見たときのロアーヌ公の歩調とか見ると
あーやっぱり冷徹に見せてるけど
そういうところ「若き」領主なんだなって。

ビューネイ戦で
あの音楽(※ 四魔貴族戦)がかかったときのテンションの上がり方すごい。
激しい打ち込みともりあがり、たまんないー!

トークショーは女子会だったけど
オネエ的なロン毛の褐色さん(※ ハリード)があらわれた(笑)

家族にするならとか相談相手にするなら誰?
みたいな話になってゆきだるま万能説。
サラちゃんは素でサガステのサラっぽく、
モニカ姫の素顔はエキセントリックな面がチラ見えして面白かった。
エレンの遊園地一緒にいきたい人との理由ウケた
(その点において相思相愛)
そしてゆきだるま溺愛のカタリナさんが
ずっと彼と手を繋いでるのかわいすぎて萌え死にそう。
トークショーは円盤に収録されるのかなぁ…?

(※カタリナさん、ゆきだるまの手をもちもちいじっててかわいすぎた。
相談したい人はブラック、っていってた)

はーこの世界観でのレオニードとモニカのあの会話聞きたい

「女だろうが子供だろうが容赦しねぇ」なサガステブラックの
モニカ様は蹴らないところとか
ジャッカル目前にしても「しょうがねぇなぁ!」って詩人助けるところとか
足劇場(※「見て――――――!!」)とかめっちゃ生き生きしてて面白すぎ

カテコでハリードの人が長くなったのでじゃあおねがい! って感じに
トーマスの人にいきなり投げて、
劇中のトーマスとはぜんぜん違うテンションで
「やめて!?」ってすぐ返して、
これがツイッターで噂(?)の
「じっとしてばばりょ」さんの素顔の一部なのか…などと。
(※ 観劇前には見るの封印してたキャストあいさつ動画も見事にこっちで・笑)

あと劇中で魔法も出てくるんだけど、
ゲームの仲間にした時点で陽術もってた人がサガステでは月術使ってて、
そっか買い直したのね…とか思いながら見てた。
開発開始したというスマホ向けのロマサガ3始まったら、
サガステ仕様でキャラ育ててみようっと?(。???。)?

ラスボス前の各キャラの一言が舞台版キャストで脳内再現できるくらいに焼き付いたよね。
ありがとうロマサガ3舞台化ありがとう( ;∀;)

カタリナさんがおきれいだから
ほんと余計にサガステマクシムスの前半の
あのセリフのゲスっぷりがひきたってひきたって
ほんとにあぁあー! ってなる。(好き)

ブラックとジャッカルのくだり舞台化ありがとう( ;∀;)


-----私の観劇は終わっても、まだ公演日程は続く-----


サガステ余韻であらためてサントラ聞きながら出勤してるけど、
特定の曲でサガステブラックが大暴れする脳になってしまった(笑)
ほんと予定入ってなけりゃ地方まで追いかけたくなったよね、サガステ…!

サガステ、関東凱旋公演やろう…?

そういえばサガステで、
ブラックがルーブ山に出発したように見せて
一度戻ってミカエル達の話を聞いてるシーンがあるんだけど、
あそこでブラック、なんか言ってるんだよね。
私の視力では「なんか言ってるな~」としか確認できなかった。

あの「赤珊瑚のピアスごと首を~」で
マクシムス=ジャッカルって彼は確信するわけだから
言ってるとしたら「見つけた」とか
「ジャッカル」とか
居場所である「神王の塔」とかそういう類いの言葉なのだと思うけど、
実際なんて言ってるか気になる。

あとその前の段階で「マクシムス」って名前聞いて
ブラックが歩くのやめてミカエルの方を見るのは、
単に「魔貴族との戦いと平行して対処しなきゃならないそいつ何者?」
ってことなのか、
あるいはマクシムスっていう名前自体に聞き覚えがあるとか…?
サガステでは腕の刺青からジャッカルと呼ばれた、みたいに言われてたので、
ジャッカルは本名じゃないんだろうか。
(そもそも本名で海賊やる人はあまりいない)
そしたらマクシムスは
彼の本名に近い響きだったとかなのかしら…などという妄想。

出掛けたふりして戻ってきたのは
海賊的にマクシムスの集めてる聖王遺物(おたから)に興味あったからなのか、
それとも気まぐれで話聞いとこうと思ったのか…
(何でも知りたいオレ様的な)

地方公演まで追っかけて確かめたいけど
諸事情でそういうわけにもいかんので、
円盤待ち(はたして、映ってるかしら…)

サガステでマイクの感度がよすぎて
某シーンでカタリナさんの
「カチッ」(※ ひらめきヘルメットの電球スイッチオン音)
が拾われて2階席まで聞こえるの、すごい笑える。好き。

サガステ大阪公演初日。
ゲームやったことある人には是非観てほしいなぁって…
だいじょうぶ、ロマサガ3の舞台化だよ!

そしてまわってくる感想ツイ等で
よっちが初見の方々に「あのひと何者!?」って言われてて(*´艸`) 
うん、わたしもリンカネの贔屓役であの人を観たとき
まったくおんなじこと思った…! って画面ごしに頷いている

サガステの使用技&術、ゲーム画面だとこんな感じでしたよーってのを
DVD特典ディスクとかにいれて欲しいなぁ

サガステのシャールは
カテコのおじぎまでシャール感あるのでめちゃくちゃときめく。

サガステは、
私も過去に観たことあって嫌いじゃない役者さんが複数出演されてて、
さらに「観劇友さんの推し」ってパターンの初見役者さんもいるので
原作愛でキャラとして見つつ、
さらに「これが○○さんの推しメンか…」という見方もできて二重に楽しかった。
うちの子をよろしくお願いします感

ぶっちゃけSFC版プレイ時からブラック推しな私にとって
サガステブラックって全然イメージ違ってるんだけど、
塗り替えるってのとはちょっと違って
脳内の「私のブラックのイメージ」エリア内に
「サガステブラック」って場所を作られた感じ。
元々ゲームでセリフ少なかった事もプラスになってるなぁ

シャールはゲームやってた時のイメージが
「黙ってると怒ってると勘違いされそうな無愛想武人キャラ」
って感じだったのだけど、
サガステで過去が掘り下げられたの見て
「そういう経緯が!」って納得できたし
結果的に自分のイメージとも繋がったのも幸運だった。
舞台版の衣装も適度にヒラヒラあって好き。

とりあえずサガステ、常にこちらテンション上がってるんだけど
下手側でビューネイが喋ってからの数分はテンション上がりすぎて
ほんとゲームとかマンガとかを舞台化するってこういうことですよね
ほんとありがとうございます状態なので円盤到着が待ち遠しすぎる。
もう大千秋楽ライビュしてほしいレベル

サガステのオープニングでよっちブラックがやるアレ(※ 投げキッス)は、
劇場全体に「いいね!」してると思ってる。




-----サガステ使用技などもツイートしていた-----

ロマサガ3知らないで観劇する人も、
こういう技の名前なのねとわかってれば聞き取りやすいかな、と。
(技名言ってから発動するのはサガの仕様です)


記憶にあるのだけなので、全部ではないです。
特に体術技は聞き取れず。

【技】
デミルーン(曲刀の固有技)

飛水断ち
十文字斬り

でたらめ矢

無双三段
サザンクロス
乱れ雪月花

まき割りダイナミック
ブレードロール

ライトニングピアス
スクリュードライバー(女性型の敵にクリティカル)
ファイナルレター
蛇剣

ウェイクアップ
(短剣マスカレイドの固有技。大剣に変わる)

ムーランルージュ
(大剣マスカレイドの固有技)

シャッタースタッフ
(HP回復できる杖の固有技。
全員の体力を回復できるが、その杖は無くなる)

勝利の歌
(聖王の槍の固有技。全員の戦闘能力アップ)


【術】
↓朱鳥術(しゅちょうじゅつ、と読む)↓
エアスラッシュ
セルフバーニング(SFC版と効果が違うみたい)

↓その他↓
ソーンバインド(スタン効果)
ムーンシャイン(回復)
ソウルフリーズ(マヒ効果)
サンシャイン

【敵の技】
サンダーボール(技名言わなかったかも)
トリニティブラスター
超高速ナブラ

-----




【脚本】とちぼり木さん
【演出】米山和仁さん

【キャスト】

ハリード@清水順二さん

カタリナ@緒月遠麻さん

ミカエル@中村誠治郎さん
モニカ@山本ひかるさん

トーマス@馬場良馬さん
ユリアン@村瀬文宣さん

エレン@長谷川かすみさん
サラ@新垣里沙さん

詩人@田中精さん
ゆきだるま@谷口敏也さん

ルードヴィヒ@和合真一さん

ブラック@平山佳延さん
マクシムス(ジャッカル)森大さん

細ロビン(ライム)@小笠原祐太さん
太ロビン(トラックス)@我善導さん

少年@香音有希さん

シャール@佐藤アツヒロさん
ミューズ@梅本静香さん

ビューネイ@片山萌美さん

ファティマ姫@笠松はるさん



ガリバルディ@前田慎治さん

泉 紫太朗さん、田沼ジョージさん、大成翔輝さん、
渡邉公雄さん、伊与田良彦さん、片山日南さん、竹之内景樹さん

スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://maikuro96.blog90.fc2.com/tb.php/1184-6f0e8295

«  | HOME |  »

最近の記事


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索


プロフィール

まいくろ

Author:まいくろ
ついったー:maikuro9696
(画像は7年前に描いたものです)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。