スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3月26日 3本ハシゴ その3(アガリスクエンターテイメント)

26日3本ハシゴのラストは

アガリスクエンターテイメント
『時をかける稽古場2.0』

過去の何作品か観ていて、
この作品は感想などでとても評価が高く、
気になってたので初演のDVDを劇場でゲットして見てました。

劇団「第六十三小隊」の稽古中、
ひょんなことから未来に行ける手段を発見して…という話。
(この団体は本編映像を惜しみなくネットに公開してるので
 そこで見た方が早いと思います)

ここの団体、私がなんで好きかっていうと
「きれいにできてるのに、
 意図的に片づけたように見えない」ってところ。
観た後、めちゃくちゃすっきりするんですよね。
時間移動系ってだいたい
なにかしら引っかかるものを感じちゃうんですが、
これは「ひっかかり」も作中で処理されててすっきり。

初演と比べて人が増えたり展開が違ったりで、
同じところもあるけど全然違うところも多くて、
作中で言われている平行宇宙みたいだなぁって思いました。


マチネに観た作品でも降板者が出たのですが、
偶然にも、このアガリスクでも降板者が。
それがまた、よりによって(?)作中で降板する設定の役!
その話をtwitterで聞いたときは
「アツシーーーー!(役名)」ってな感じに
作中のみんなのテンションで叫びたい気持ちでした。

しかも降板になった役者さんの代わりに
アツシ役をやることになった方が
『ナイゲン』で印象深かった役者さんだったので
「ここまで最初から決まってたんじゃ…」と疑うレベル。
トラブルもトラブルと思わせないって、
派手なアクションとか舞台装置云々とはまた違う意味で
「エンタメ」だなぁ…って思いました。

余韻があるかというとぶっちゃけ無いので、
記事やツイートとしては薄いんですが
とにかく面白かったし
この団体はなるべく行けるときは行こうと心に決めた作品でした。


ーーーーー以下、自ツイート2つとキャスト表ーーーーー





アガリスクエンターテイメント
『時をかける稽古場2.0』2時間10分。
初演と全然ちがう! 
時間移動ドタバタに加え、
切羽詰まった人間の思考の残酷さと滑稽さがチラリ。
暗転明けにワクワクしたりハラハラしたり。
駅前劇場で火曜まで。4月頭に京都。
3月に観るのと4月に観るので気分も変わりそう。

再演とかで書き直すと、
初演の展開知ってる側としてなんとなく
「前の方が良かった(主に思い出の美化の働き)」
があるんだけど、
『時かけ』ではあまりそれが起きなかったなぁ。
初演DVD視聴で生で観てないから、ってのもあるのかもだけど、
たぶん作中の理屈が当てはまってるんだろうなー。

-----

脚本・演出:冨坂友さん

+劇団第六十三小隊 劇団員(役)+

主宰:アサコシ@淺越岳人さん
旗揚げメンバー:シオバラ@塩原俊之さん
旗揚げメンバー:コータ@斉藤コータさん
劇団員:カシマ@鹿島ゆきこさん
劇団員:ツワノ@津和野諒さん
劇団員:クマガイ@熊谷有芳さん
劇団員:アツシ@さいとう篤史さん

+客演(役)+ 

アイドル:ユキ@榎並夕起さん
フリー俳優:ヤブキ@矢吹ジャンプさん
映像・商業系で活躍女優:ハマカワ@ハマカワフミエさん

先輩&代役:ネコソギ@甲田守さん

+スタッフ(役)+

フリー制作:シム@沈ゆうこさん

演出助手:マエダ@前田友里子さん

スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://maikuro96.blog90.fc2.com/tb.php/1174-da417cbe

«  | HOME |  »

最近の記事


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索


プロフィール

まいくろ

Author:まいくろ
ついったー:maikuro9696
(画像は7年前に描いたものです)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。