スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

無頼組合『スタンダード・ディ騎士』役別雑感 2

無頼組合の「騎士シリーズ」本編の次回作は来年1月27(金)~30(月)。
池袋のシアターKASSAIだそうです。
こんどの公演でシリーズ最終回のはずでしたが、
最終回は延期になったそうです! まさかの展開(笑

引き続き、『スタンダード・ディ騎士(ナイト)』各話ごと役別雑感です。



『摩天楼セレナーデ』
エレベーターに乗って高層ビルのレストランに向かっているのは
騎士シリーズレギュラー、元ヤクザの南雲(なぐも)。
探偵をやっている友人、風吹とよく小競り合いをしている
刑事(西園寺静香&その部下、権堂一志)から呼び出されました。
彼らには、自分のあれやこれやな過去ネタを掴まれているので、
呼び出しの理由はわからないけど、むげに断るわけにもいきません。

いつものようにぎゃあぎゃあわめく二人の話を総合すると、
「西園寺の母が来るので、婚約者役をやってくれ」との事。

来て早々に口喧嘩をする母子を
隣のテーブルでひっそりと監視している権堂は、
西園寺母の連れの男に見覚えを感じ、記憶を掘り起こします。
そして至った結論は、指名手配中の詐欺師…!
ビルを揺るがす、親子愛の話。



↓ ネタバレ注意!


>西園寺百恵@藤村容子さん
40歳で起業し、いまや大手のエステサロン経営者。
10年ほど連絡を絶っていた、静香の母親。

意地悪なオバサンを想像していましたが、
意地悪っていうよりも、
大人の上から目線でズバンと切るって感じですかねぇ。
傍目から見てると、娘の静香さんがキャンキャン吠える子犬で、
母親の百恵さんは余裕のある育ちのいい大型犬って印象でした。
座ってる時も、きちんと足を斜めに流して座っていらして。
ぎくしゃくっていうより遊んでる感じ(笑

百恵さんも、娘の静香さんと同じで旦那が失踪してるんですね…
母と娘は似たような人生送るとは聞きますが。
前回公演で、藤村さんは西園寺静香のライバルキャラとなる
バブリーな公安さんだったので、
「嫌いな女は、嫌いな母親に似ている」みたいな因果を感じて
その辺でもニヤニヤしてしまいました。

失踪した旦那の事を引きずっている娘に対し、
「旦那さんにあなたの時間を盗まれている」
という言葉を投げかけます。
新しい情報のない、今そこにいない人について
あれこれ考えても、進展はない。
それなら、まずそのことは脇に置いといて、自分の人生を送る。
彼が戻ってきたら、改めてその問題を考えればいいのよ、と。

百恵さんがエステ会社を立ち上げ仕事に生きているのも、
「自分の人生を進んでいる」という行為なんですね。
百恵さんも旦那さんが失踪してつらかったけど、
娘の静香ちゃんを育てなくちゃならなかったから、
忙しさで立ち止まる暇なんか無かったそうです。

きっと今は、手が掛かる娘が独り立ちしたから、
仕事に生きて忙しくあろうとしてるんじゃないかな、なんて。


>尾上守@松戸デイモンさん
不動産コンサルタント。
百恵が支店の物件を決めるときにお世話になったそうで、
「個人的な相談」にも乗ってもらったりと親密な感じ。
このたび養子縁組みをしようかという事になり、
娘を呼びだして紹介しようという話になったようです。

百恵さんは
「娘のあなたはそんな深く考えること無いでしょ」
と静香さんに言いますけどね?
いや、ある程度年くってから急に
(義理とはいえ)兄ができたらびっくりですよ!?(笑

で、実はこの男、各種詐欺を繰り返している指名手配犯。
変装していますが、権堂が見抜いちゃいました。
…百恵さん、詐欺のカモにされてる疑惑。
でも、娘の静香が刑事だって知っているはずなのに、
のこのこ顔を出してくるかぁ? って流れに。

実は、彼の思惑は全く別の所にあったのでした。
彼が百恵さんに話していた、両親とは死別したという生い立ち。
百恵さんの同情をかうための嘘ではなく、本当のことでした。
最初は騙す気で近づいたそうですが、
「死に別れた訳じゃないのに親子が会えないなんて」
と、親子を仲直りさせてやろうと思ったそうです。
その本心を南雲ちゃんに明かすシーンの尾上さんは、
なんかちょっと、かっこよかったです。

あ、いや、ね、なんか彼の第一印象が「石○純一」で。
さらに「詐欺師じゃね?」って展開で、もう作中の3/4くらいは
「うさんくさい男」って思ってたんですもの(笑
ただ、南雲ちゃんが来たのは予想外だったみたいで、
時々ちょっとマジ顔になって
南雲ちゃんの様子を窺ったりしてました。

ラストの「俺は変装が得意なんだ」って
アレをはずして去っていくあたりで、
…もしかして尾上守(オガミマモル)って名前の元ネタ、
御髪守(=アレ)なのかな…? などと妄想してました。


>南雲徹@横山ぜうすさん
元ヤクザで、現絵描き。
西園寺刑事からの呼び出しで
「きちんとしたスーツで来て」と言われましたが、
持ってないのでいつもの服で来ました(笑
なんで磯崎といい南雲ちゃんといい、
ガラの悪い男の人ってスーツの下にガラシャツ着るんですかね…?

エレベーター出た早々
「はぁい南雲ちゃん♪」ってノリの二人を見たときの
彼のピクピクした感じ、
下手側前列から覗きこめたのですが、見モノでした。
刑事二人のあのノリも衝撃でしたが、
いつもと全然違う服な西園寺刑事のインパクトもあると思う(笑

わちゃわちゃになった現場に居場所がなくて、
無の表情で冷めたコーヒーをすすったりとか、
耐えきれなくなって「…帰る!(怒り気味の笑い)」とか。
意外と巻き込まれ型なんだな、南雲ちゃん…!
「正直に言っといた方がボロが出ないんだよ!」とか、
「だったらお前(権堂)が婚約者の役をやれば…」とか、
意外とこの「騎士シリーズ」メンツの中だと常識人。

風吹はイヤ、権堂は好みじゃない、
南雲ちゃんは長身でシュッとしてるので見栄えがいい、という
西園寺刑事のチョイスもわかる気がします(笑
「俺は刑事じゃねぇ」と見送るのも、ハードボイルド…ッ!


>西園寺静香@桑山えり子さん
サウスベイシティの刑事。
権堂の上司で、関係はバディ(?)なのかな。
既婚で、旦那さんは失踪中。
今回、久しぶりに母親と対面するにあたって
「失踪中の旦那についてつっこまれるだろうから、
 私は新しい恋に生きてるのを見せつけたい! 
 南雲ちゃん、婚約者役になって! これは命令!」って感じで
南雲ちゃんをつきあわせています。

高層ビルの展望レストランで待ち合わせなので、
この話では、いつものショッキングピンクのスーツではなく
白いふりふりの服で髪型もお嬢様っぽく可愛くなってます。
ただし、座り方は豪快だし、言動は相変わらず。
エステの仕事を
「体中にオイルを塗って、も~みも~みする仕事!」と、
誤解を招く表現(笑
まぁ初めて観た騎士シリーズでもいきなりの下ネタだったので、
西園寺刑事の爆弾発言はもう慣れました(笑

ビルで火事が起きたって場内パニックになって、
百恵さんが行方不明だっていうのでみんなで探すのですが、
彼女だけはギリギリまで残る決意をして、
権堂に電話越しに「あなた達は逃げなさい」と告げます。
ここのシーン、めちゃくちゃ頼もしいんですよね。
そして、その強いところ、
一人で抱えるところが権堂は放っておけない(笑
ほんとこの二人の関係好きだわぁ…(笑

そうそう、しれっと今回、
旦那さんとの間に「子供がいる」のが判明したんですよ!?
いや過去シリーズで言われてたのかもしれないけど
私は初耳でしてね!? ご、権堂、がんばれ…!!


>権堂一志@髙橋貴城さん
西園寺刑事の部下。
西園寺刑事に惚れてるっぽいのですが、
彼女には「好みじゃない」と一蹴されています。
服装のセンスが、いろいろとすごい。
(襟のたってる青のシャツに白のサスペンダー付パンタロン)

南雲の「婚約者役ならこいつに…」を聞いての
急な動揺&気合い入れな「そうね」待ちの権堂さん、めっちゃ好き。
(ズバンと切り捨てられますが)
というか今回、わちゃわちゃした動きが多いですね。
彼は近くのテーブルで西園寺母子の行く末を見守るのですが、
会話を聞きながらの反応が面白くて面白くて。
尾上の顔に見覚えがあるって思ったあとの
必死こいていろんな記憶遡り&データベース探し、
もはや血管切れそうな感じで下手側がやたら暑かったです(笑
なにげに母が娘のこと「不細工でしょう?」って言ったとき、
権堂も笑ってるんですよね…!
(あと、どこのタイミングだったか記憶が怪しいけど
 権堂が自分の髪の毛セットしてるときに
 白髪を発見してたようなささやきが聞こえたよ…?)

西園寺刑事を慕いつつもツッコむところはツッコんでて、
姿を消した母&尾上を探しに行った西園寺刑事の
「女子トイレにも男子トイレにもいなかったわ」に、
「男子トイレも入ったんだ…」とまっとうな反応しててウケました。
しかし彼も純ツッコミポジションというわけではなく、
あの服に蝶ネクタイつけてお盆を持っただけで
ウェイターになりすましてるつもりでいるとか、色々大変(笑

火災報知器が作動してパニックになったあと
「先に逃げなさい」って言われたときのムーディな音楽と
「そんなこと言われたら…ほっとけないでしょうがぁ!!」は、
感動するシーンなのか笑うシーンなのか、なんか悩む(笑
ベタなトレンディドラマだ…!

髙橋さんは今回は前説(おかまじゃないスタンダードな前説)に
『サブウェイ』では酔っぱらい、
『101ストリート』ではレポーター役、
DJとして声の出演…などと、大忙しでした。


あと、火事だーって流れで
たくさんの人が逃げまどうシーンがあるのですが、
その中になんかわめいてる音野くんに似た人(笑)がいました。
同じような音量が重なっちゃうと基本的に聞き取れないので、
セリフを聞き取ることより観る方を優先していましたが、
ブログによると「幸子を探す父親」だったそうです。

ウェイトレス(牧野亜希子さん)の、
二人連れはどこ言ったか聞かれた際の
早くこいつらから離れたい、けど礼は失さないという
早口で感情はないけどそこは笑顔でカバーな敬語返答、さすが(笑
刑事二人、南雲ちゃんがエレベーターの扉があいた時から
ポージングしてたから、
何度か別の人とも邂逅してたんじゃないかなって思うわけです。
それ見てる店側としてはバックルームで
「あの客のテーブル担当」の押しつけあいとか、してそう(笑
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://maikuro96.blog90.fc2.com/tb.php/1149-ece29b03

«  | HOME |  »

最近の記事


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索


プロフィール

まいくろ

Author:まいくろ
ついったー:maikuro9696
(画像は7年前に描いたものです)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。