スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年も7月4日がやってきました

おはようございます、まいくろです。
夜更けに投稿しようと思ってたらうっかり寝てしまったので寝起きの投稿(笑
久々に、ブログに書くべき個人的かつ感情的な話題を。


本日、7月4日は、まいくろ推し役者の
ロデオ★座★ヘヴン副主宰、
音野暁くん(オトノ・ギョウくん)の誕生日です。
おめでとうございます。

自分も観ていきたいし、他の人にも、この役者の芝居観てほしい。
「この人が役者である限り、観続けようと思っている」
てなことを、以前どっかで書いたような気が。

えっと、昨年の音野くん誕生日から

2015年
7月
『グッド騎士ベイビー』@菊地
8月
『核の信託(プレ公演:リーディングver.)』@E・テラー
9月
『核の信託(本公演)』@E・テラー
10月
『ドリームランド』@豚小屋エイジ
11月
『Only Lonely Rose』@瓦板館長
12月
『MID騎士ミラージュ』@諏訪さん&ミチルさん

2016年 
2月
『鈍色の水槽』@舞原さん
4月~5月
『慙愧』@片山先生
6月
『VAGUENIGMAー1999ー』@日和見兆枝校長


…と、また1年間追いかけて観てきましたが、
「役者」してるなぁ~っていうのを改めて実感。
単純に出演作品が多いって意味じゃなくて、
やった役が…あとをひくんですよね(笑



↓ 以降は感情の赴くままにつらつらとおめでとうございます。


「あとをひく」ってのはですね、
なんか、役の人間がこの世界に存在してる気がしてしまうって事。

いい人の役をやると、その人(←役)に関連した単語を見聞きして
その人が生きてる様子を考えちゃうし、
いやなヤツの役をやるとそいつ(←役)を全力で嫌って、
ことあるごとに思いだしムカツキをしてしまいます(笑

音野くん以外でも
こういう「生きてる」演技してくれる人は何人かいますが、
役を全力で嫌えるのはこの人だけですかね…
いやなヤツやらせると、
ほんとイヤ~な人間になりますからね、舞台上で(笑
他の役者さんだと、いやなヤツの役で芝居観て
「この登場人物嫌いだわぁ」と思っても
あくまでも演技してる役者さんがいるんだよなとチラついて
仮にコイツ嫌いって言うとしてもなんか遠慮しがち、というか。
でも、この辺はやった役の質もあるので、
『フォアローゼス』の田島(音野くんの役でも屈指のゲス男)を
別の役者にやってみてもらいたいかもしれない(笑
(そのとき、その田島を私が全力で嫌うか否か…!?)

かといって、この人は全身で「その役」になりきる
いわゆる憑依系の芝居をする役者なのかっていうと、そうじゃなくて。
見ているこちらの個人的な感覚ですが、
舞台上で全力で演技していながら、
俯瞰の視点で自分と舞台全体を見ているんじゃないかなぁっていう感じがします。
そういうところがすごいと思うし、底が見えなくてコワイ(笑
あと、終演するとブログで「今回の役」について
どういうアプローチをしたか言ってくれてるのも、好きなところ。
こういう話は、なかなか聞けませんから。

フィーリングじゃなく台本や稽古などから思考して
その登場人物を組み立ててるんだな、と思わされたのは
昨年の8月~9月『核の信託』テラー役の一件が印象深いです。
8月はリーディング公演で、
9月に本格的な演出つけての公演だったのですけれど。
同じ役でも、かなり雰囲気が違ったんですよね。
8月の時はインテリクソメガネって感じの、
人に気遣いできない、
おまえ絶対友達居ないだろ系オレサマ学術男だったのですが
9月のテラーは、
物事の優先順位を時々間違えてうっかり軽率な行動するけど
一応人付き合いはするし、なるべくなら上手くやろうと努力する、
いわゆる謝れる男でした。
終演後にロビーにいらしたのでその辺を聞いてみたら、
8月のテラーを経て考えを改めてキャラ変した、てな回答をいただいて。
一度造り上げても、まだ精査するんだなぁと思った次第。

あと『VAGUENIGMAー1999ー』の日和見校長も
「台本を読んで政治家方向にしようと思いました」的なこと、
ブログに書いてましたね。
(その方向性を生かしてくれる、
 そういう演出家さんに出会えてるのも幸せですよね)
日和見校長は、青年期を別役者さんがすでに演じていたという
いろいろとハードルの高い配役だなぁと思いました。

とまぁ、今年も観てきて、劇中に自由時間をいただいたり、
全力で観客の期待を裏切る役だったり、
出ずっぱりだったり、重要人物だったり、女子力だったりと
「(役者として)信頼されてるんだろうなぁ」とひしひしと感じるのでした。
だからこの人が出てるなら迷い無く観に行けるし、
(脚本演出云々の前に、まず芝居として楽しめるの確定だから)
そういう意味で信頼できる役者さんです。


36歳の音野くんを観てきた中で好きな役は…
うう、同率1位で菊地と舞原さんが選べない感じ。

報われないマン菊地については
自己犠牲の悪ぶりと後悔の背中と、
自虐自嘲たっぷりの笑い顔思い出すとやるせなくなるし、
こっそり描いてたオリジナル絵が、
どっかの倉庫とか画廊に出回ってねーのかよって思うし、
豆の選べる喫茶店に行くたびに
マンデリンのコーヒー飲まなきゃ! って思うし、
美術館とか画材屋の前を通りがかると
あの人はどんな思いでこの道を通ったんだろうとか思うし、
偏屈イルカトレーナー舞原さんについては
別に舞原さんに惚れてないけど
あの水槽の前の表情見たらこっちは失恋メンタルになるしかないし
あれからイルカ(モチーフ含む)見るとなんか胸が苦しくなるし、
海洋深層水ミネラルウォーターは彼が溶けてそうで飲めないし。
(でもこの間の暑い日、買った「ミネ○ル麦茶」に
 海洋深層水入ってるの気づいてしまったけど生きるために飲んだ)

続いてエイジ、片山先生、瓦板、兆枝、ミチル…って感じですかね
そういえば今年は教員系やってる機会が多いなぁ。

エイジはねー、役別雑感でも書いたと思うんですけど
「別にそんな仕掛けはいっさいしてないはずなのに、
 嗅覚に訴えてきた」役。
これはまぁ、まいくろが田舎に住んでいて
実際の養豚場周辺の空気を知ってるから
音野くんの芝居でそのへんを刺激されたのかなぁ。
純粋に彼の恋愛を応援したくなって
「あっ、私ってこんなにキレイな心持ってたんだ!?」
って思ってしまったという。
(好きな役者が不遇で報われない役をやると喜ぶ人間なのです、私)

片山先生、指折りして「あの女が怪しいです」と理由列挙してる、
アイドル志望っ娘ちゃんの折りまげた指を一本一本戻して
手のひらパチンって叩いて「説得力がありません」と諭すシーンは
教師やるやる、こういう感じの話し方! と、面白がったモノでした。
この人が中学校にいたら、私、もっと勤勉学生してた。
作中でも駅で生徒に声かけられてたし、
実際、好かれてる部類の教師だと思いますよ。

瓦板館長は後半にちょっといいシーンがあるにも関わらず
前半の主人公にネチネチ言うヤな上司面があまりにも印象深く。
本棚の陰から顔を半分出して見てるシーンは完全にホラー映画だし、
作中に暴行事件が扱われてて「瓦板が絶対犯人!」って
私は根拠無く思ってたし(←完全にいちゃもんだし実際違ったし)、
でも。あまりに瓦板がムカつく上司だったので、
「実生活の上司等が瓦板と比べるとすごいいい人に見える」
という謎の効果を発揮して仕事のモチベーション上げてくれました。

そうそう、ベイゲニの兆枝校長。
初日あけて、自分が観にいく前に、
「音野くんは今回、校長役」だっていうのは実は耳に入ってて。
5月に教員役としての「片山先生」を観ていたので
「出世したね!」と思っていたんです。
そしたらまぁ校長でたしかに出世はしてるんですけど、
おいおい昭和編の、あの日和見くんの息子!? っていう衝撃で
キャスト表見た瞬間「出世したね!」がぶっ飛びました。

昨年末、まさかのミチルで2015年の音野くん観納めという
最高に笑えるシチュエーションだったのと、
グラスで酒飲んだら口付けたところ拭う、
服の裾をこまめに気にする等「(いろいろな意味で)負けた…」
と思ったので、ミチルは意外と好き度高めです。
ギュンギュンかしましいから、長く側にいてほしくないし、
足上げは絶対禁止にしたいけど、恋愛相談とかのって欲しい(笑


実際にいそうな人間を演じてくれることが多いので、
ほんとうにちょっとした事からでも演技を思い出すから、
まいくろにとって音野くんって…生活密着型役者なのか…?(笑
こうやって書きつづってみても、まだ語り尽くせないもの。

あまりにも私があからさまにこの人をプッシュしてるので
たまに「どこが好きなんですか?」って聞かれたりするけど
一言じゃあいえないんですよね。

…これ言ったら「えぇーっ」って引かれそうな気がするけど、
舞台の音野くん観てる時(余韻こねこね期間含めて)は
自分のことが好きでいられるから、たぶんまいくろはこの人が好きなんだろうな。
いらんこと考えずに、一心に舞台の上を見ていられるから。

プライベートの充実とかはご本人ががんばる事なので、
ただ舞台の上の姿を観るだけの私が願うのは、
これからもたくさんの良いご縁に恵まれますように、
健康でありますように、ということだけです。


8月5~7日には無頼組合に客演だし、
副主宰を務めるホーム団体「ロデオ★座★ヘヴン」も
10月25~30日に短編オムニバス公演をやるし、
いいペースで観劇できそうで楽しみすぎます。

スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://maikuro96.blog90.fc2.com/tb.php/1147-6eb30674

«  | HOME |  »

最近の記事


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索


プロフィール

まいくろ

Author:まいくろ
ついったー:maikuro9696
(画像は7年前に描いたものです)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。