スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 『MID騎士ミラージュ』役別雑感 その2

無頼組合 『MID騎士ミラージュ』役別雑感 その2。


逃亡者と、その協力者。

ヒラリオ、美砂子、諏訪。


↓ ネタバレ&ながなが衝撃描写 注意!


>ヒラリオ@佐々木隼世さん
ケルナという国からやってきた密航者。
彼の国は、民族間紛争だったものが
片方が政権とくっついたことで
更なる争いに発展してしまったそうです。
争いを好まず、両派がともに暮らしていたヒラリオの村は、
現政権の軍によって焼かれ、妻も子も、村の人々も殺されました。
惨状をカメラにおさめ、ひとり国外に脱出したヒラリオは
この事実を公表し、他の国に助けを求めようとしています。
(大量虐殺は国際法に反するので、他国がケルナに干渉できる)

ただ、ケルナ国軍側は傭兵を雇ってヒラリオとカメラを狙い、
日本で会見を開くのも正規の入国者でないので難しい、
なら他の国に行こうにもルートが…ということだそうで。
会見を開けそうな国は、
ジャーナリストの諏訪さんが見つけてくれるそうですが
追っ手から逃げつつその国に行くのに一苦労、という現状。

初っぱなの、赤く染まった中での叫びや、
オープニングで風吹と一瞬視線が交錯するときの表情、
下手の端で地獄と化した村の様子を撮影をしている時の様子など、
あちこちで心にくる姿を見ることができました。
夜景を見て
「私の国は、灯りをつけルと撃たれるから暗いデス」
「あの灯りを、ケルナに持ッテ帰りたイです」
てなことを言うのが切なくってねぇ。

「明日はいいことがある」というケルナの言葉は
私には「マラムー・ベローラ」と聞こえたけども、
実際はどう表記されてたのかな。
作演のシラカワさんの造語らしいけども。

熊切に蹴りを入れられる前にも、
なんかケルナ語でなにか喋ってましたなぁ。
彼の性格的にウラミゴトって感じではなさそう。
他の二人に手を出すな、みたいな言葉かと思うことにしました。
そして同時に「ケルナ人を蹴るな!」という
しょうもないギャグが脳裏によぎった瞬間でもありました。

キリコの知り合いによって、
無事にケルナの現状を世界に発信できました。
ケルナの砂漠の砂を持って、また日本に来てくれるかなぁ。
彼女のお墓に供えてほしい。
いや、ケルナの砂漠にヒラリオが行けば、
彼の胸に生きている彼女は一緒に見れるのか…


>望月美砂子@高山由夏さん
キャバクラのホステスとして働いていた女性。
ある二人組から「彼女を捜してくれ」という依頼を受けたところから、
風吹探偵の今回の事件が始まりました。

聞き込みによると、普段は無愛想だけど正義感のある娘。
客がカンチガイ武勇伝を披露すると
頭から水を浴びせて追い出したり、
しつこい男から同僚を救ったり、
地球儀を眺めながら
「本当の私はこんなんじゃない」とつぶやいたり。
(なにげにココで彼女は早着替えしてる…!)
実際に出会った彼女は、それプラス
強がりというか弱みを見せたくないって感じ。

SNSを通じて、ヒラリオに日本語を教えていました。
メールで彼の話を聞くうちに、
「私でも、何かできるのでは」と思ったそうで。
それで、ヒラリオに日本に来るように助言し、
ヒラリオはこの街にやってきました。

ヒラリオが他の人と日本語で喋ってるときに、優しい顔してて
それは日本語を教えてたからっていうのもあるけど、
「たった一人でここに来た彼が、誰かに意志を伝えることができてる」
ってそのものを喜んでいるように見えたし、
ヒラリオと同じ顔してて、
彼の抱えてる事を他人事だと思ってないんだなぁと感じて、
そこがとても好きでした。

傭兵ふたりは退けたものの、
コーディネーター達もヘリからヒラリオを狙っています。
彼をかばって銃撃された美砂子さん。
ギリギリまでヒラリオと紅ちゃんのことを思い、
明日を見据えていた彼女が、
ケルナの「あの言葉」の最後の一音を言えずに死んじゃったのが
悲しかったです。
彼女の母親が見て、名付けの元にした砂漠は
ケルナじゃないのかなあ…ケルナだったらいいのに。
(「私はこんなんじゃない」発言から、
 実は亡命したケルナの姫なのかなとか思ってたのは秘密)



>諏訪徳治@音野暁くん
ジャーナリスト。
戦場を取材するのをメインにして活動してるらしく、
テレビにも出演するくらいだから、けっこうな有名人ですね。
美砂子は、追っ手の目をかいくぐってヒラリオを国外に逃がすため、
友人からのツテで諏訪さんと接触しました。

ジャーナリストで戦場で活動してた、なんて聞くと
ロデオ公演の『1812』の戦場カメラマン
「ギイ」役を想像しますが、
追っ手の傭兵から逃げる際の
抜き足差し足(口パクで「オッケー」)とか、
時計型爆弾のくだりとか、
ギイよりだいぶコミカルな印象を受ける演技でした。
そしてギイほどは、修羅場に慣れてなさそう。
(基本は、規制線越えないところで取材してるのかな…っていう)
風吹淳平の名前に反応して「女優の風吹ジュンと関係は?」と
真っ先に聞いてメモを取ってるあたり、
案外彼女のファンなのかも知れない(笑

探偵事務所にてヒラリオの母国の内情や国家間不干渉の話を
シリアスに語るシーンがあって、
やりきれない顔してるのが、ホント好き。
コーディネーター波多野に鉄パイプで殴りかかるあたりでは、
久々に刀系のアクション見れました。(すぐ負けてボコられるけど)

あとアレです、自由時間。
傭兵の熊切がなぜか味方からもボコられるシーンで、
登場していなかったはずの諏訪さんが紛れてて、
一人最後まで執拗に熊切を叩いていたので、つっこまれます(笑
(前回公演で、自分が袋叩きになった八つ当たりだろうか…)
熊切に首根っこをつかまれて
「おまえココのシーン出てなかったよな?」と言われて
「出番が少なくて」「さみしくて」「裏方の仕事が多くて」
「一人楽屋で冷凍みかん食べてました!(逆ギレ気味)」
「舞台は! みんなでつくるものでしょうがあぁぁ!」などと
言い訳をかますのですが、
ここは昼夜で言ってること違ってたので自由演技っぽい。
大きい人に首根っこをつかまれているという情けない姿と
泣き声まじりに言い訳してるのがとてもツボでした。
舞台上でかわいそうな音野くん観るの、超好き(*´∀`)
プライベート知らないけど、そっちでは幸せでいてほしいですが。

(そうそう、当日パンフの中部分だと「徳次」なんだけど、
 後ろの一覧表は徳治。どっちがホントの表記だろう)


音野くんは、
ニューハーフパブ「バナナの気持ちもわかってよ」のミチル役も。
むしろ登場はこっちの方が先だし、
ラストシーンもこっち(=カーテンコールもミチル)なので
こっちがメイン役だったんじゃないか疑惑(笑
前回公演の時に「初の○○○」とツイートしてて、
オカマかな? という想像をしてたけどソレはなく。
(前回のは「メガネ」でした)
でもこのニューハーフパブが作中に出てくることを知ったので、
次回作も出演って話を聞いて、
こんどこそオカマだな…という思考に。
 あ ん の じ ょ う お か ま だ っ た !!

「バナきも」新人のミチルさんは、
ピンク色のボブウィッグにピンクのドレスで金色のストール。
スカートはロングの直線ラインだったので、
オープニングのラインダンス(?)での危険はまぬがれました。
他のメンツの化粧が濃いから、
ぱっと見だとあまり化粧してないように見えたけど
まじまじ見るとしっかりメイクしてましたねぇ…
色っていうより、光で勝負系のパーリィなメイクでした(笑

ラインダンスでは事なきを得ましたが、
そのあとマツコさんとミチルさんが客席にプレゼントを配る際、
後列まで行ったミチルさんが戻りを急かされて
スカートたくしあげて階段下りていったので
見えてはいけないものがあわや見えてしまうという惨状に(笑
私の視線はミチルさん固定だったので声しか聞いてませんが、
他のメンツが「ミチルちゃん、はしたないわよ!」とか言ってて
もう完全同意でした。恥じらいが行方不明!(笑
いやはや、久々に「キャー」って声が口から出ました…
そして周りの客席はオオウケ(笑

ここ最近は、二面性のギャップとか
切り替えの速さとか目・手の演技とかにばかり言及していましたが
音野くんはコメディアン要素でも強いんだった…!
前列のちびイスを、足を高々と上げてまたいでいったときは、
もうどうしようかと思いました。(どうにもできませんが)

ヒデミさんを「初恋の彼」役にした同窓会シチュの妄想では
腕グイ→壁ドン→あごクイを さ れ る というポジションで、
なまじヒデミさんがイイ男声なので
画ヅラはヒドかったですが、
目をつぶればきっとムードが有るだろうという困った状況。
しかしそのあとのミチルさんの
「きゅんきゅんするーーーー!」ですべて破壊されました(笑
女三人寄ればカシマシい、といいますが、
ミチルひとりでヤカマシい、でイイと思います。

ラストシーンで「来ちゃった☆ミ」って登場したときは
「また来たーーー!」と衝撃でした。
…そういえば諏訪さん、だいぶ前に退場したっきり見てなかった。
そしてそのまま終演→カーテンコールで、
笑いが止まりませんでした。
まさかの…まさかの、年内ラスト姿がミチルさん。

ちなみに声は、テンション高めの、
わりと聞き慣れたおちゃらけ声でした。
10月のロデオ本公演『ドリームランド』作中で
メイちゃんにからかわれたシーンの
「もー! なんなのよーーー!」で想像していただけると
実際のミチルさんに近くなると思います。
なんでこんなに熱く書いとるんじゃと思われそうですが、
見たものがあまりに衝撃的だったのです。
他の人にもこの衝撃を少しでも分けようとするまいくろの気持ち、
どうぞご理解ください(笑

カオスシーンのダンスもサタデーナイトフィーバーみたいで。
波多野さんのダンスを妨害してました。
そうだ、今回は歌声も聞きましたね。
一緒のパートの美砂子さんの声が聞こえないくらい熱唱(笑
うん、貴重なものを見ました。
だいたいなんでもできちゃうけど、こういう音野くんは、
たぶん無頼組合以外では観られないだろうなぁ。

ミチルさん、まだ夢には出てきてないけど、頭から離れません(笑
次回出演予定の2月までが、長いよぉ(笑
スポンサーサイト

Comment

[255] 管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

[254] >おとさん


閲覧&コメントありがとうございます!
追いかけ観劇して、幸せな1年が過ごせましたv-278
どの人物も生きていて、
観ている時もその後に思い返すのも、とても楽しいです。
来年もどうぞよろしくお願いいたします。

ミチルさんもありがとうございます!(笑
アウトプットしたから少し落ち着いてきたところだったのに(笑
もうミチルさんは完全に私の脳内永住権を取得する気ですね(笑
(しまった、ギュンギュンだったか…!)

[253]

2015年も沢山のありがとうでございます(^o^)
更なる楽しいを求めて精進していきます。
本当にありがとうございました!!

追伸
ありがと~!!また遊びにきてねっ!!飴ちゃんあげるから~。ギュンギュンして~ギュンギュンして~!! ミチル 笑

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://maikuro96.blog90.fc2.com/tb.php/1136-d90b75cd

«  | HOME |  »

最近の記事


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索


プロフィール

まいくろ

Author:まいくろ
ついったー:maikuro9696
(画像は7年前に描いたものです)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。