『ドリームランド』開幕までの諸々雑感&自分のツイートまとめ

本日もアウトプット夜更かし。
録画されていくテレビ番組がどんどん増えてるよぅ…
まいくろです。

10月8日~12日に、
東京・新宿三丁目のSPACE雑遊で上演された

ロデオ★座★ヘヴン 7th act
『ドリームランド』

幕が開くまでのことも書こうと思ったら
なんか長くなったので、これはこれでひとつの記事にしておこう、と。
ついでに自分のツイートまとめも一緒においておきます。


今年の、ロデオ本公演は、これ1回でした。
毎回、脚本・演出の方が変わる方式で、
今回は小栗剛さん(qui-co/キコ)。

私は初めて名前を聞く方だったので、
9月に彼が脚本演出していた作品も観て来ました。
(ちょうど別観劇で上京予定だったのが幸いした)

その時は歌や手拍子の生音を多用していて、
だから「えっ、ロデメンも来月歌うのか?」と
ドキドキしていたのですが、
結論から言うと…歌いませんでした(笑


仮チラシと本チラシで載ってる文章が違っていて、
どっちを見てもドリームランドは遊園地のことで
廃園になったんだな、とわかります。
そして、「私」はドリームランドに連れてっていってほしい。

正直、チラシの文章では
どんな話か想像がつきませんでした。
役者さん達も、ネタバレしちゃうのを避けてたみたいで、
感覚的なことしか明かさなくて。
(まぁ、このあたりはどの団体の公演でもだいたいそう)

もっともっと正直に言うと、
某副主宰の公演前宣伝ツイートで想定外に衝撃的な単語が出てきて
その手の言葉に耐性がないのでビビってました(笑


だから初日の観劇者の感想がネットにあがるのを、
すごく、すごく心待ちにしてました。
「いっそ初日のチケット取ればよかったんだよな」と、
北関東で仕事しながら、内心転げ回ってました。
初日、満席だったそうです。

初日だし、ネタバレはあるまい…と思って感想を探したら
役者さんがすごいとか、言葉が刺さるとか、
難しいとか、情報量すごいとか、2回目観たくなるとか。
さらに2日目の昼間にはゲネ写真(?)がUPされて。
もう、初日前に感じていたビビりは消えて、ワクワクでした。
ビジュアルが分かったのと、
それが演技中の写真だったので雰囲気も感じられて安心(笑

で、週末になって。
劇場は何度か行ったことあるので、行き道は完璧。
(帰り道は不安)

ロデオ★座★ヘヴンの公演は、
劇場入り口に劇団名入りの布が飾ってあるのでわかりやすいし、
どこに行っても劇場がロデオ色に染まるのでいい感じ。
これ、さおが通ってないけど「のぼり」って言っていいのかな?

アンケートの紙質もやたらいいし、
チラシも毎回凝ってるし、
チケットは汎用性の高い共通デザインだし、
こういうところにも手を抜かない団体なんですよね。
(劇団旗揚げのかなり前から
 こういう部分の構想もかなり練ってたんだろうな…)

開場時間に着いたら、すでに前に10人近く並んでいました。

「舞台上に砂利があるので砂埃が舞うのと、スモーク使うので
 マスクをお配りしています」とのこと。
(事前に公式Twitterなどでも告知があったので、MYマスク持参)


前説・諸注意は、小栗さんでした。
上演前に脚本演出の方が顔を出して名乗るって、いいなぁ。
自信と責任をもってお贈りします、みたいな印象を受けます。

諸注意の内容はだいたい同じでしたが、
細かいところで言い回しが違っていて(特に携帯音のくだり)、
原稿丸覚えじゃないなってのが分かって、
毎回ちゃんと聞こう、って思えます。
「劇場内も、外の新宿三丁目と同じように時間が流れています」
と、観客にとって非日常の世界(演劇)と、
現実を繋げてくれる前説でした。

どうやら小栗さん、毎公演の映像オペレーションもしていたそう。
なんていうのかな…そういうところにも携わってくれるのって
すごく愛されてる公演だなって思いました。
毎回の上演を見守ってくれてるだけでも嬉しいことだろうに、
さらにもう一歩、近寄ってくれてる、力をかしてくれてる。



というわけで、以下は
10日(土)マチネ・ソワレ
12日(月・祝)千秋楽 を観劇した私のツイートまとめ。
(ネタバレ避けで伏せたところは【 】で補完しました)



↓ ネタバレと支離滅裂ツイートだらけ



+10月10日(土)マチネ関連+

おはようございます。
大なり小なりアウトプットは済んでいて、久々に頭のなかがからっぽ。
絶好の観劇日和((o(´∀`)o))細胞全部、観ることに使う!

もう、10にんくらいいる!

雑遊、私のスマホ電波入らんかった…

『ドリームランド』昼公演。
見せ方と気持ちに気づいた時、キレイな光が見えた。
そんな形でしか外に出せないし、
ソレの為に他の全部をぶっ潰したっていい、
純粋ゆえに危なっかしい人達がそこにいた。
最高潮(私的に)のシーンで、
あんなゆっくりなのに一瞬のことに見える演出で、グワッと熱さがきた。

私の地元のアレ【訛り】ではなさそうだけど、なつかしい響き。
「あっち側」「こっち側」
徹底して動かない人と行ったり来たりする人と、戻れなくなった人と。
観たことある人達は最初は意外な位置だなと思ったがすぐ馴染む。
北川さんにだけは、そういうところ!? と、ずっとビックリしてた。

開演前にトラブルがあって、むしろそういう演出かと思ってたので
スタッフの声が聞こえるまで観劇モードでいた(笑) 
「復旧までの具体的な時間を言ってくれる」って、すごく安心するよ…。
帰りにのど飴くれた。

つくづくエグい配役だなぁって思った。称賛の意味で。
特にロデメン2人ね。
渉さんと相手役のやりとり、あの空気、
何処にでもあるゆえに舞台上に顕在化させるの難しかったろうに…ぴりぴりきた。
音野くんが前にツイートしてた○○【DT】設定、
写真じゃわかんないけど、観てると超分かる。

彼ら【チャコとトモセ・アイハラとトーヤくん】の会話は
「言葉にしなくてもわかってよ(わかるだろ)」を、
どうにか言葉にしようとしてるなって。
言葉にならないものを言葉にしちゃうから、齟齬が生まれて、一人歩きして。
それが切なかったしもどかしかったし、
自分にも在るのかって思うと同時に現実が背後に迫ってくる。

あっ、あったらどうしようとひっそり怯えてた
直球ストレート【暴力・SEX】な表現は、
私が感じた範囲では無いです…瀬戸際綱渡り的なニュアンス。
影多めで、ここぞって時に人が退いて光が当たる、みたいな見せ方が、
静かでもどかしくてザワザワした。
時間って瞬間の連続だよね。



+10月10日(土)ソワレ関連+

砂ぼこりに関しては「えっ、どこで舞った?」って思ったけど
マスクしてたから気づかなかったのかなぁ。
あと、ある要素【落ちてる一円玉】、
今2回目【(観劇前)】だから目に入ったのだけど
1回目は全然気づいてなかった。
人間の認識ってこわいね。目の前にあるのに

『ドリームランド』夜回。
あ、だからあの人、あのときあんな顔してたのね…を色々発見。
彼【ヤシロさん】のビビりとあの人【エイジ】のケリのつけかたがイイ。
要らないもの、ゴミみたいなものでも、
別の誰かにとってはそれが宝物になったり癒しになったり。
色々言葉にして並べても「イカれてるね」ってのが一番あの景色に似合う

(チャプター名が覚えらんない…英語読めない…ランクがばれてバカにされる…)
【↑葬式シーンの、エイジ台詞をパロッた発言】

滑稽だけどみんな本気だ。軽い言葉じゃなく命燃やしてるのです。
好きだよ。イカれてる。
今は10月、秋だけど春のにおいがすごい。
傷を傷で隠すみたいな。声より温度がほしいから。
そんな感覚が今グルグル回ってる

役者がすごいすごいってツイート出回ってたけど
ほんと、どの人もスゴかったな。
あざとくなくピュアで、
フッと表情変えるところで体感温度を上げ下げできる方ばかり。
そこにあの話と見せ方。まさにドリームチーム。

昨日のエイジの序盤の言葉と、女社長の物言いで、
私は北関東出身ゆえに(?)そういう教育【同和教育】を受けてたので
無意識に「アレ【部落差別】のことか」と思ったのだけど、
ふつうに作中で触れられてた事【爆弾魔・反対派】のことかも…
っていうかほぼ確実に後者だと思うんだけどどっちでも納得行く。



+10月12日(祝)以降分+

寝て起きたら今年ラストのロデオ…来て欲しくないけど、早く観たい千秋楽だよ!

開場10分前で長蛇とか昨日そんな話があったから、すごいドキドキしてる

(行列を見てなんのこっちゃと見ていく人たちが、
のぼりの字【劇団名】といつか再会したときに「あっ」と思う日がきますように)

『ドリームランド』千秋楽すごくよかった。
なんかうまく言葉にならない。
大好きなのが忘れられないからツラいし、いっそ嫌いだって憎んじゃうし
でもやっぱり大好き。
そんなループがアタマのなかでおきてる。

エイジが「大丈夫だから」って言うシーンは
下手側に座れば表情見えるんだろうけど、
そしたら別シーンでエイジほぼほぼ見えなくなるよなぁと思って、
崩壊シーンのメイちゃん観るほうを選択したけど
なんかエイジが思ってたよりトモちゃんの方見たので、
いい顔見れたよかった。
さみしいを助けられた。

あと、ポエムちゃんが先日観た以上に手ぇ握ってて、
そこ観て泣きそうになった。
私はストーリー知ってるから二人がまた会えるのわかってるけど、
あの時点のポエムちゃんはもう会えないかもしれない瀬戸際。
そもそも、あの【別れ告げる】シーンやってから時間戻して
パチ屋のシーンやるとか演出も役者もハード(賞賛)

どの芝居観てても
「恋してるゆえにみっともなくなってる人物」が好きなので
『ドリームランド』はそういう人が多くて、
ほんと見てて切ないしカワイイし。
さらに「報われないと、なおよし」なので、
特にエイジとポエムちゃんはついつい贔屓して観ちゃう。
せつな顔…でも、報われて欲しい気持ちもあるよ。

ヤシロさんが妻に「ポエ…」って言いかけちゃったあとのやりとり、
すごい自分性格悪いなって思うけどゾクゾクしながら奥さん観てた。
表情あまり崩さないメイちゃんも、
心中の波立ちを思いながら観ると目の色が変わる瞬間とか多々あって、
ラストの「青いね」の彼女に宿った目の光、すごい生命力だった。

駅とかで抱き合ってるカップル見ても、なんか今日は
「邪魔になんないところでやるなら、
 好きなだけお互いの心臓の音をきいててくださいませ」
って思えてしまった。

なんか先日はマチソワしても平気だったのに、
これは千秋楽マジックなのか…

泥と埃と錆びと血のにおいがまじりあうような世界観と、
ロデオ★座★ヘヴンの基色(白と黒)がすごく合ってた。
映像でドリームランドの電飾がじわじわ浮かんで、
そこに立つメイちゃん。
彼女の脳内をめぐっているものを体感したような感じだった。
あのOP映像、YouTubeとかで公開してもらいたい

最寄り駅ついた。
音楽について調べてて、ギャッて思った。
【OP映像とともに流れる音楽の歌詞がですね…】
次回公演があるのがわかってるから変な心配はないけど、
ほんとロデオ集大成って感じじゃないのこれ。

片付けして、家の人にウメガイさんの小指のくだりの説明をしてた。
ピュアすぎるイカれた二人の笑顔が泣けるのなんの。
私の説明で、あの美しさが伝わったかどうかわからないけど。
改めて口に出して説明すると気づけなかったことまで気づけていいな

音野くんは作業着がとてもお似合いで…
豚カワの時とか借金の時とか憔悴とか好き(←誉) 
訛ってるのも、地元のに似てて個人的にこそばゆかった。
トーヤくんに見つかって取られないよう(?)、
缶コーヒーをいそいそポッケに入れるとか
お菓子とか豚の写真集とかワイン飲むしとか○○【DT】モード面白すぎだ。

元暴走族の子達は、
ほとんど映像と電話機能としてしかスマホは使ってなくて、
むしろそっちじゃないいわゆる「まっとうに生きてる」側の方が
病的にラインとかゲームとか、スマホで繋がろうとしてたのが印象的。
チャコ先生の「トーク」のくだりを思い出す。

ドリームランド作中でエイジがヤシロさんと二人乗りする…というシーンは、
実際目にはできなかったけどすごくすごく燃えるシーンなのだが
理由は140文字ではたぶん説明できない
【エイジとヤシロさんは、ロデオ★座★メンバーの2人が演じてました】
【バイクで二人乗りするのを、タンデムと言います】
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://maikuro96.blog90.fc2.com/tb.php/1127-ebc7e541

«  | HOME |  »

最近の記事


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索


プロフィール

まいくろ

Author:まいくろ
ついったー:maikuro9696
(画像は7年前に描いたものです)