さらに今更『なかがわ・なかがわ』のこと。


6月20日の夜は、
昼のお芝居(挟み舞台だった)の
2回目を入れようか悩んでるタイミングで告知がきたイベントへ行ってきました。

下北沢駅の隣、
池ノ上駅の階段を下りたらすぐの地下バー、GARIGARI。

私が観劇をするきっかけになった団体「ANDENDLESS」メンバーの
中川えりかさん。
ドレメンの中でも小劇場界に客演の多い女優さんです。
大真面目にふざけたこともできるし、天然女子もできるし、名家の娘もやれるし、
心が冷たく凍った大人の女性もやるし、笑顔の下に嫉妬が渦巻いてる母親だってやるし。
演技の幅も広いのが、好きなところ。
素顔は落ち着いた余裕のある女性なのかな、とおもいきやツイートを見ると、
ドジっこだったりする、とてもかわいらしい方です。

今回は、彼女と同姓同名のミュージシャン、
中川えりかさんが出会って始まった企画だそうです。

当日配布のパンフレットに二人の情報が書いてあったのですけど、
共通点が多くてびっくり。
ペットが亀なところまで…!


↓ 以下、折りたたみ




当日は、役者えりかさんのお祖父さまが書いた詩「望郷奉天」披露。
つかわれている言葉は難しかったけど、
大草原が思いうかぶような広大な印象の詩でした。

遠くを見てる役者えりかさんの目が海を越えていて、
ミュージシャンえりかさんが歌をうたっていたのですが、
その声の広がり方が民族音楽っぽいなというのも、
草原や地平線を想像した理由なのだと思います。


ミュージシャンえりかさんの所属するユニット
「アカラ」のライブもありました。
アカラのふたりは、
開演前の客入れ時間もBGMみたいにずっと演奏してて。
結構メジャーな曲などもやっていたので楽しみました。
オリジナルソングは反戦歌っぽいシリアスな内容でしたね。
軽い音から重い音まで、2本の弦で出せるってすごいなぁ。


順番は前後しますが、アカラのPVの上映もありましたね。
役者えりかさんが、ファンのひとりとして登場してきます。

すばらしい二胡の演奏に思わず立ち上がって、
奏者の、こたにじゅん氏に握手を求めるのですが。
その手、その指は実は演奏会の前に…!!!
きゃー! って思わず口を押さえましたね(笑
いや、犯罪って訳じゃないけども(笑
握手の手を映すタイミングが効果的でした(笑


そのあとは朗読劇。
役者えりかさんと、
5月に観た『かべぎわのカレンダリオ』にも出演していた
岩下政之さんのふたりの朗読に、アカラのふたりが音をつけて。
二胡で犬の鳴き声と猫の鳴き声を表現してて、再び驚き。

朗読したのは伊織夏生さんの『cats and dogs』。
私はここの女王様よ、ってなツンデレ白猫パートをえりかさんが。
僕がきみにとってのそうであるように、
きみは僕のスウィーティー(「ハニー」みたいなもの?)なんだよ
…ってスタンスの犬パートを、岩下さんが。

聞いてるうちに二人が猫と犬に見えてくる…
というか、そういう顔になっていくんですね。
特に岩下さんの語り口と表情は完全に犬の笑顔でした。
守られてることで、守ってるとでもいうのか。この包容力は。

白猫女王の
「この私が『起きろ』って言ってるんだから起きなさいよ」とか
わんこの「何よりきみを愛してた」にぼろ泣きでした。
誰よりじゃなく何よりってあたりに、
彼らには飼い主が世界の全てなんだなーって感じてしまってね。
朗読からバータイム移行中の時に、
久々に再会した観劇友達さん家の犬の話も聞いて、またうるりと。

終演後のバータイムで、
作中で語られなかった犬種の話などを伺いました。
読む人聞く人の想像に任されてるみたいで、
自分は漠然とコーギーくらいの大きさの犬をイメージしてました。
いつも笑ってるような顔してる犬。

会場では懐かしい顔に出会ったりして、それも楽しかったなぁ。

名前が同じって現象は珍しくもないけど、
実際コンタクト取って一緒に何かできるって、なかなかないと思うんです。
素敵な時間に立ち会えたことに感謝、でした。
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://maikuro96.blog90.fc2.com/tb.php/1108-9d4c7683

«  | HOME |  »

最近の記事


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索


プロフィール

まいくろ

Author:まいくろ
ついったー:maikuro9696
(画像は7年前に描いたものです)