『幻書奇譚』観てきた!

電車内のスマホは酔いますね。
まいくろです。

今日はロデオ★座★ヘヴン『幻書奇譚』を観てました。
先週の日曜3公演も1日どっぷり観て、
それでもなお、あの空間にもっと居続けたくて。
千秋楽を追加しました。

「ナノ文書」と呼ばれる、
世界最古の本の真偽と存在をめぐって、
博物館の一室でいいオトナ達が話し合うというストーリー。
12年前に研究が突如中止に追いやられた理由の解明、
そして博物館から消えたはずの「ナノ文書」が再び現れたことで再燃したこの状況への対策案の検討。
ナノ文書に書かれた文字は解読できたのか?
そしてその内容は?
この本の正当な所有者は誰?
など、
謎がぎゅうぎゅうに満ち溢れた濃密な空間で行われる論争劇。



新宿眼科画廊という、
ギャラリー&アトリエ的な場所での公演。
客席で舞台エリアを挟む形式でした。

こういう配置だと、全部の角度から観てみたくなります。
でもそういうリピートを狙って挟み形式にした、というあざとい公演ではありません。
だって作品内容的には一度で大満足でしたから。
そして、挟みにして反対側の客席を視野に入れることで客席の私たち自身が
作中でいうところの「世論」になってるのかもなぁ、って。

登場人物は7名。
知ってる立場の人かと思ったら知らない立場で、
知らない立場の人かと思ったら知ってる立場のひとだってのが発覚して…などと、
各々の立ち位置は作中で変遷しますが、
常に翻弄される人間が空間に必ずいる。
それは、観ていてとても気楽です。
一緒に驚いてくれる人が居るんですから。

登場人物がつねに自分の時間軸で行動してて、なにしろその演技が細かい。
すべてが伏線といっても過言ではありません。
例えばロデメンで言うなら、
音野君演じる「瓜生」の怒りのスイッチや、
ある一瞬を境に行動パターンが変化したりとか、
ナノ文字研究家の「桐野(名前のみ登場)」の話になったときの、
渉さん演じる「安西」の表情と姿勢の変化とか。

他にも、
重大な隠し事をしている人は
視線をあえて動かさないようにしてるし、
耳で回りの情報を得つつ考え事をしている人は、
腕組みをして無意識に拒絶の姿勢、
視線は対象からちょっとズレた位置にあったり。
そういえば、本心を隠してる人はポケットに手を入れていましたね。

そんな硬質な雰囲気で議論がなされていきますが、
判明した新事実によってドタバタ展開へ。
カニ歩きになってたり、華麗に回転したり、
もみくちゃになってみたりヘリクツこねたり。
パニクった大人たちが見せる、必死ゆえに大人げない行動が面白くて。

そして明かされるナノ文書の内容は、
登場人物たちに盛大なる肩すかしをくれます。
大好き! この展開。

見事だと思ったのは、
そこで終わりにしないで、
「真実は貴いのか」という問いを投げかけ、
その答えのどちらも正しく、どちらも正しくないという
余韻をのこして終わるところ。

開演も、
登場人物のひとりが部屋に入ってくるところから始まり、
最後の登場人物が部屋を出て電気を消すところで終演とすることで、
現実感を最初から最後までキープしています。
初見は、開演の演出、
遅れてきたお客さんかと思いましたもんねぇ…(笑)

「抵抗しないと」と言う照間くんに、
面堂が「君も、まじめだな」声をかけたときにハッとしました。
芸術も学問も、
生物として生きるためなら必須のものではありません。
「真面目が世界を滅ぼす」という作中の人物の言葉どおり、
ゆったりかまえる余裕みたいなものが、
人間が文化的に生きていくためには必要なんだろうなぁ。


連日ほぼ満席状態の幸せな公演だったそうで。
展開の流れが鮮やかで、
役者さんも、誰をどの瞬間に観ても楽しくて、
ほんとうにあの場所にいれて良かったです。
「目眩必至」は情報量の多さによるものじゃなく、
そういう意味だったのね…(笑
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://maikuro96.blog90.fc2.com/tb.php/1074-ec3d45f2

«  | HOME |  »

最近の記事


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索


プロフィール

まいくろ

Author:まいくろ
ついったー:maikuro9696
(画像は7年前に描いたものです)