スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイム公演『レ・ミゼラブル』のこと。

ハシゴして2本目は『レ・ミゼラブル』。

マイムアーティスト佐々木博康55周年公演
『レ・ミゼラブル』を観てきました。

古典作品に詳しくない私でも、
タイトルだけは知っている『レミゼ』。
その『レ・ミゼラブル』をマイムで表現した公演です。

応援している女優さん、
安藤繭子さんが出演ということで知った催し。
クラシカルな名作は、大抵いつも繭子さんきっかけ(笑

以前、出演作の感想を書いた時にも
彼女のマイム仕草の美しさ&丁寧さ&再現度の高さについて
ちょっとふれた記憶があるのですが、
今回はそれを大々的に観れそうだぞってことで、
わくわくドキドキしながら両国、江戸東京博物館ホールへ。


マイム公演で、セリフはないわけだから、
あらすじは知っといた方がいいよね、と軽くお勉強。
といっても、原典に触れる余裕はなかったので、
Wikipediaと、
個人の『レミゼ』ファンのブログをいくつか見たくらい。
登場人物の名前と、簡単な役どころが
ぼんやりと一致した程度のレミゼ知識での観劇でした。
当日配布パンフレットに、あらすじが書いてあったので、
開演前にもおさらいできて良かったです。

今回、主役のジャン・バルジャン役は
佐々木博康氏の予定だったのですが、
なんと公演数日前に緊急入院してしまったそうで。
急遽配役が変更になる、という放送が開演前に流れました。
というわけで、今回は女性が演じるジャン・バルジャン。

でも、自分の座ってた席が
全体を見わたせるのを優先した位置だったのもあるし、
歩き方から動き方から「オッサン」だったので、
観てる内に女優さんの女性らしさは薄れていきました。



↓ ネタバレ注意!



飢えた子供のためにパンを盗み、
19年間投獄されたジャン・バルジャン。
出獄しても偏見や差別にさらされて人間不信に。
罪を重ねてしまいそうになっているところを、
ある司教の深い愛情によって心を入れ替え、人
のために身を捧げることを決意します。

繭子さんは、
ジャンが守り育てるヒロインの「コゼット」の実母
「ファンティーヌ」をメインで演じていました。
女手一つで娘を育てていましたが、
仕事に専念するため、宿屋を営む夫婦に娘を預けて職場へ。
ところがその夫婦がズルくて、
養育費と称してファンティーヌに法外な金額を要求。
髪を売っても、歯を売ってもまだ足りない。
ファンティーヌは夜のお仕事もすることになってしまいます。
そこでお客とトラブルになって、そこをジャンに助けられます。
無理がたたって体をこわしてしまうファンティーヌは、
娘のことをジャンに託して命を落とします。

娘をおいて稼ぎに出るときの、愛情がね。
後に形見になるであろうペンダントをつけてあげる仕草とか、
そのあとに去り際に振り返りたそうで振り返らない背中とか、
母親の愛情なんですよね。
繭子さんは出演者の中でもひときわ細身だったので、
苦労してる感がさらにすごかったという…


ひざをちょっと曲げて腰を落とし、背を反らすことで
ベッドに横になっているのを表現したのが、
へぇーってなりました。
人間から動物へ変化したり、人間からモノに変化したり、
小道具や映像に頼らず、ほとんどを体の動きで表現。
看護士役の繭子さんが、
手術台に変わったときは思わず「!?」となりました(笑

かつて助けた男と再会して助けてもらう運命的展開とか、
「犯罪を犯した者は一生罪深い存在」という信念で
ジャンを追う刑事の、
ちょっとヌケてるところと最終的な苦悩とか、
コゼットにあからさまに惚れてる青年の幸せっぷりとか、
くすっと笑ってしまう要素もあって、親しみやすかったです。

飴をもらってひとしきりなめた後に
「私、子供じゃないわよ!」と怒る娼婦とか、
食いしん坊の教会のおばちゃんとか、好きだったなぁ。

臨時ニュースの所だけは、ナレーションが入りましたね。
あそこはマイムで表現しづらかったのかな…


ラスト、ジャンは死んでしまうのですが、
彼の前に出会った人々が現れるんです。
いや、ジャンが思い出してるという方が近いのかなぁ。
司教の前でジャンがひざまづいて、
何か話してるあたりで、なんだか胸が熱くなりました。
「あなたと出会えたおかげで、
 私の人生は愛と幸せに満ちたものになりました」
…とでも言ってたのかしら。


元々優しい人だったジャン、
それをやさぐれさせたのも、
そして彼に慈愛を戻したのも周りとの関わり方。

もちろん出会いが同じでも
受け止め方によってマイナスにもなりますが、
ほかの人間と関わることは、
少なからず人生に影響を与えるということ。

影響を与える…それは私にとって「生きる」ことです。
なるべくなら、いい方向に影響したいものですなぁ。


繭子さんは8月にも出演公演があって、
そっちもチケット確保済み。

彼女には、新しい世界をいつも教えてもらっています。
いい影響、受けてる(*´∀`)

スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://maikuro96.blog90.fc2.com/tb.php/1055-f0232ac0

«  | HOME |  »

最近の記事


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索


プロフィール

まいくろ

Author:まいくろ
ついったー:maikuro9696
(画像は7年前に描いたものです)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。