『ネバーランド(再演)』のこと。

大阪から戻っての先週日曜は、2作品をハシゴしました。

1本目は少年社中『ネバーランド』。

4年前の初演を観ていて、すごくいい作品でね。
満を持しての再演って事で、予定をねじ込みました。

しかも劇場も
初演と同じ、青山円形劇場だっていうからステキ。

円形じゃない劇場では、どう演出するのか?
…というのも観てみたい作品ですが、
想いが連なってまわっていく「循環」「円環」の話だから、
劇場が円形であることは必要条件なのかなーって。


あらすじを含んだ初演(2010年)のネタバレ感想は こちら


↓ ネタバレ注意!


実は初演、台本もDVDも持っていないのです。
だからここの記事にある「初演のこと」は、
完全に記憶頼りで書いてます。

ストーリーだって、再演の知らせを知ったときは
根幹の設定や所々のシーン、
あのラストくらいしか覚えてませんでした。
ただ「すごくいい作品で、再演するならぜったい観る」
という思いだけは
忘れずにずっとずっと心にありました。


で、観に行って。
キャストが何人か変更になって、
引き続きのキャストもビジュアルが多少変更になって。
演技も変わってる人もいましたねぇ。

たとえば前に観たフック船長は、
今回と同じ役者さんでしたがもっと落ち着いた
いわゆる「唯一の大人」な感じだった気がしたんですよね。
今回は作中でも言われていたように
「大人であり、子供」な存在として
少々マンガちっくなテンション。
それによって
時折見せる意味深な表情とのメリハリが活きてました。

あと、ピーターパンと、その影の会話のシーンで
光はフック船長だ…って話の時。
「ピーターパンは光が当たってるだけ、だから影ができる」
だった気がしたけど、今回は
「ピーターパンは光が当たってるだけ、だから輝いて見える」
って言ってましたねぇ。

再演なんだけど、初めて見る景色でもある。
これは何度目の「フック船長の誕生日」なんだろうな…
って、思いました。


輝いているピーターパンにあこがれる、
「ピーターパンの影」役の椎名鯛造くんの衣装が、
影なんだけどちょっとだけキラキラするようになってて。
そこに緑色の照明が反射して、
黒の中に緑がちらちら見える感じになってたんです。
初演を観てるまいくろは
影→ピーターパン→フック船長の流れを知ってるから、
「そうか、そのときが近いんだな」って。


「続けなきゃいけないんだ…終わらせないために」
に続く影くんの
「そんな理由じゃ、悲しいじゃん!」。
4年前なら、間違いなく影くんに感情移入してました。
今年のまいくろは、
それは「悲しい」じゃないのかもな…と思いました。
この作品のテーマである「親子の繋がり」の、
ちょうど間に、今、自分がいる感じ。


これって客席が舞台を囲んでるので、
どうやっても1回観劇では物理的に見えない表情があります。
でもね、背中向けててもどんな顔してるのかわかるのです。
それは役者さんの、肩や手先の細かい演技とか、
声の調子とかから感じ取れるから。
あと、なるべく自然に
役者を歩かせたり走らせたりして、
少しでも客席全体に表情を見せる演出になっていたみたい。

反対側ブロックの客席からも感じ取れるものがあります。
人間は同調すると、同じ表情になってしまうんです。
自分を含めた客席の人間は、
ネバーランドの行く末を見守る木々だったり雲だったり、
迷子達だったり。
そういう役目をはっきり与えられてるわけじゃないけど、
観ている内にそんな気持ちになっていく。

だから一つの角度からしか観てなくても、
ストーリーを「がっつり見れた」気持ちになれました。

囲み舞台で私が思いがちな、
「あの場面が完全に見えなかったから、リピートしなきゃ」
…という気持ちは抱きませんでしたねぇ。
一度でがっつり満足させてくれる作品というのには
しばしば出会いますが、囲み舞台でこの満足感ってのは
なかなか無いです(*´∀`)


ラストシーン、ワイヤーなどの装置を使わずに
ピーターパンを果てしない高い空に飛ばした、あの演出。
また見れました。

舞台作品をつくる最後のピース、観客。
彼らの想像力を刺激して奇跡を起こしたあのシーンは、
4年前から色あせることなく覚えている景色です。


1回だけで満足するけど、きっと何度観ても足りない。
不思議な感覚ですが、そう言うしかない。
『ネバーランド』、ほんとうに、大好きです。
再演してくれてありがとうございます。

スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://maikuro96.blog90.fc2.com/tb.php/1054-f870b979

«  | HOME |  »

最近の記事


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索


プロフィール

まいくろ

Author:まいくろ
ついったー:maikuro9696
(画像は7年前に描いたものです)