『心音 ~儚キ想ヒ~』役別雑感(ネタバレ)

以下は

新選組 旗揚げ公演
『心音 ~儚キ想ヒ~』

登 場 人 物 @ 配 役 バ レ しつつの雑感。

そして特定の人だけ妙に文章長い現象発生。



↓ ネタバレ注意!






>土方歳三@桜井ハルさん
凄く意外だったのが(前半部)メンタルが弱い土方だった事。
だから近藤さんはそれ知ってたから
「俺に何かあったらトシを頼む」って言ってたのかしら。
普段の怖い声&強面だけど、
近藤に「カッちゃん」って声をかけるときは緩んでます。

あと、後半のオリジナル展開のにこやか土方さんは、
真実を知る身の客席のまいくろはムズムズします(笑

切腹シーンはマジでおなか痛くなったんですけど…
なんか前にも別の幕末芝居で同じ減少起きた気がする。

土方さんの方は脚本演出もされてて、新選組に対する愛が深いなぁと。



>芹沢鴨@Marcy伊藤さん
私も人から聞いて知ったのですが、
伊藤さんは以前ANDENDLESSの公演で島田魁をされてたことがあるそうです。
私がまだファンドレになる前の話ですね。
殺陣をつけてる方ということもあり、
斬りざまに速さもあって
高低差を生かした動きなども見ていて気持ちよかったです。

作中で、ある台詞を言ったときに
1回目観劇の昼公演で同じ言葉を言った「彼」が重なったんです。
(まぁ重なるわけですよね、当然)
だから、クライマックスのバトルは「幕末の亡霊みたいなもんだな…」
とか思いながら見ていたら、なんとまぁ。
やられたーーーーー! って思いました。
2列目で観ていたのに気づかなかったんですもの。
声と体型まで変える(ように見せる)技、恐るべし…

役を演じてるのを観てから、
終幕後のスタッフロール「世界征服計画」っていう所属先名を見て
やだ鴨にぴったりなんですけど! って妙に興奮しました。



>沖田総司@ZiZiさん
可愛い! なにこの可愛い男子! ってのが第一印象。
なんせ羽織の袖から指がちょこっと出る「萌え袖」!
もらった桜の枝をふりふりしてる時とか、
酒宴で野口を見かけてぺたぺた寄っていくときの顔とか超無邪気。
「まもるものってなんだろう…」って考え事してるとき
それと同列のテンションで
「おなかすいたな(ぼそっ)」て言っててΣ(@△@)ってなりました。

でも、労咳をおして戦地にいこうとしたり、
町医者の娘との青春っぷりとか、
守るもののために戦う様とか熱い男の子ポイントもありました。



>斎藤一@見附拓摩さん
いつもムーって顔してて、
スタンスは土方さんと似てるけど見てる物が少し違うって印象。
作中、ちゃんと左手での突き(るろ剣でいうところの牙突)してました。

ラストシーン、
着ないで半分肩にかけるってところに「ほーっ」てなりました。
清濁あわせもつっていうとなんか違うけど、
人間の生き方はひとつの色じゃないんかなぁって。そんな感じ。

作中で表情はほぐれるシーンはほとんど無くて、
(野口と一緒に診療所に行ったときくらい?)
カーテンコールで袴をスカートみたいにテヘッとして出てきて
ちょっとホッとしました。



>近藤勇@服部伸孝さん
私が知ってる新選組のお芝居とか物語って、
芹沢を殺した後の時代から描かれることが多いんですよね。
だから今回、
「近藤さんは凄い、最高の人材!」みたいな雰囲気じゃなく、
あいつは甘ちゃんだ、って否定されたり、
意見は違えども、同志である芹沢の暗殺を決意したりする
…という面の近藤さんを観れて、良かったです。

私欲も無いわけじゃないんだろうけど、
いつも仲間を第一に、和を大切にしてました。
芹沢暗殺を決意した際の「もうこんなのはいやだ」ってのと、
パンフの写真が彼のすべてを語っているように思えます。

斬首のシーンは、暗い照明の中で黒い着物だったので、
なんとなく首だけ浮いてるみたいでドキッと(゚Д゚;



>松本良順@将悟さん
りょうじゅんせんせい、と呼ばれる町医者。
彼の「信念」の強さも、戦いに赴く人達と同じ。
自分の身を守るときも気迫充分でしたが、
娘が危機に瀕したときはさらなるオーラが見えました。
だけどね、あっさりと。
現実は、それはもうあっさりと。

初回観劇から「自由なキャラだなぁ」と思ったら
昼夜でだいぶセリフ違ってました。
彼は、どこまで自由演技なんだ!?(笑
団子、昼は一粒しか刺さってない、夜はひとつも刺さってない、で。
なんというか…お気の毒でした。
でも先生は自由だから、むりくり手ぇ突っ込んで食べてた!(笑



>於琴@星宏美さん
土方さんが帰ってくるまで、いつも心配そうで、
帰ってくると毎回ホッとしてるのがね。
ほんと、この時代の待つ女ってつらい…
私は待ってられないので(目白駅前に来るバスすら待てない)
現代に生まれてよかったと思います。
でも彼女、辛そうだけど幸せそうなんだよなぁ。

土方さんを見送るシーンで
「あなたは優しいお方ですから、戦うのですね」みたいなセリフがあって、
初見では割とさらっと聞き流してしまったのですが、
二度目の観劇ではこれがズガンと脳を揺らしてくれて。
何でかっていうと、展開を知ってたのもあるんですけど
なにより彼女の表情を見たから泣けたのだと思います。



>松本ぬい@村上有璃架さん
良順先生の娘で、沖田さまが大好き。
そして沖田さまも彼女が好き。
2人でもじもじしてるシーンでは、客席でもどかしくなるまいくろ。
もう、はやく手のひとつも繋げよぅ!(笑

出演者一覧で「この名前見たことある」と思ったのです。
(「有」と「璃」の組み合わせの字面を覚えてた)
記憶掘り起こしたら、『勝式幕孝談』に出演してました。
どちらも一途に思う、優しく、そしてそれゆえに暴走する役でした。

パンフ、於琴さんとぬいさんが見開きで隣なんですけど、
どっちも幸せそうなんですよ。
ぬいさんは沖田さんのこと思ってるんだろうな、
於琴さんは羽織を直しながら土方を思ってるんだろうなって。



>立見浩@田山貴大さん
作中では「立見」ではなく、ひろしって呼ばれてます。
抜刀隊、長官についで二番目の実力とか。
コンビを組んでいる(ひっつかれてる?)尚文を
冷めた目線で見てるのがなんかツボにはまりました。

この人の殺陣っていうか刀を鞘に納めるときの動きが
なんというかねちっこいというかねばっこいというか…
あっ褒めてます、凄くいい意味で言ってます。
印象的な動きだったんですよね。
斬るときとかも余裕が残ってるような仕草でヒャッハー的な。
血を見ると性格変わる人なんでしょうかね。



>山川尚文@田淵晃基さん
抜刀隊、自称三番目の使い手。
「ばっとーばっとーばっとーたい、ぼくらはばっとーたーーーい♪」
が頭から離れない…!
ギャグ要因かと思いきや、残酷な一面を見せてくれることもあり、
印象は強いです。

浩と尚文ね、
場がシリアスっていうかドラマティックになると、
とたんに耳をほじくったり鼻をいじったり、
わざとらしい泣きまねしたり、
「はいはいお涙頂戴ねー」ってな態度をとるんです。
まったくむかつきますねー。あ、あくまでも役としてですよ!



>弓月@桜月ヒトミさん
花魁さんですかね。
位は、出てきた人の中でも上位っぽいです。

ほかにも
時尾@歌田佳代子さん
鈴音@榮美幸さん
菊乃@永遠さん という数名の花魁さんが登場するのですが、
みんなしっかり顔を白塗りしている…!
でも髪型は別に日本髪とかではないんですね。
表情を見やすくするためとか、紅が良く見えるようにとかなのかな?
舞の小道具が、扇子じゃなかったのが新鮮でした

芹沢との絡み(文字通り)でセクシーな肩見せ。
自分の中のエロオヤジの部分と、
野口達がこのときどういう顔してるか確認したい部分がせめぎあってました。
まぁ両方ちらちら見ましたが(笑

花魁ではなく、女中役として
葵@松井萌香さんって人物がいるのですが、
彼女を演じてる女優さんのブログを
ツイッターで回ってきた縁でちょっと読んだのです。
葵ちゃんは、花魁のことが大好きなんですって。
後半のとあるシーンでそれが如実にわかる行動をしてるところがあって、
葵ちゃんの信念を見た気がしました。



>新見錦@早川スイッチさん
>平山五郎@村田ひろやさん
浪士組芹沢派。
メガネが新見で、メガネじゃなくてニヤついてるのが平山。
芹沢が日替わりで芸をやらせるシーンがあって
昼は平山で、夜は新見でした。
「新選組の話だから難しいのかな」と思ってた気持ちが、
ここのコーナー(?)でほぐれます。
ぐるぐるまわってまっすぐ歩くのと、
肩の関節を前にして紙飛行機を折って飛ばすのと。

芹沢の横暴に対して、一緒になって面白がる2人。
平山の甘えん坊膝枕突撃モードは別の作品の坂本龍馬を思い出しました(笑
この2人は作中で割と早くにお亡くなりになるので、
そのあとは志士・抜刀隊士として活躍。

もともと志士・抜刀隊士のみとしてキャスティングされてるのは
大塚隆盛さん、斎藤駿介さんの2名で、
そこに上記の2人と尚文役の人が加わるのかな。
斬られてはまた出現、斬られてはまた出現で、実際の人数以上に見えます。
(斬られ隊に音野君は…たぶんいなかったはず)



>野口健司@音野暁くん
まずパンフで新選組の羽織着てることに
「やったね!」と思ってしまうのはサガですね。

井上源三郎とかかなぁと予想立ててたら、誰よ野口さんって!
しかもgoogle検索して出てきた情報が少ない…
残ってる資料が少ないんですかねぇ。
検索では人となりは良くわからなかったので、
音野くんの演技で野口さんを受け止めることにしました。

浪士組芹沢派に属するも、
横暴な所業を笑ってはやし立てることはできなくて、
でも止めに入ることもできずに目線はどんどん落ちていきます。
芹沢暗殺後も生き延びて、抜刀隊に入隊してても立ち位置は同じで。
隊の腕章もつける勇気もなく、
さらにかつての同志新選組と再会する時の後ろめたさも加わって、なんとも。
戦闘のときなんか、
かつての仲間斬る勇気が無いものだから後ろに回っちゃって。

でも、野口くんは人に笑顔になって欲しいと思ってる優しい人。
抜刀隊が巻き上げたお金をこっそり戻したり、
相手を喜ばせたくて桜を手折って持参したり。
そういうときはとても幸せそうに笑います。

でも、悲しいかなそれが裏目に出るんです。
優しいゆえに選びきれなくて、
一番選びたくない道を進む羽目になってしまうのです。
「責任を取る」とばかりに、
じっと見据えている斎藤との対比もあってね。
久々の、迷い人(そして多分、若い設定の)音野くんです。

ごめんねと思いつつ、まいくろは、
こういうくしゃくしゃに悩んで這いつくばる音野くんの演技が好き。


野口くんにも何度か、
やさしさを強さに変える転換期があるのですが、
持続しないというかすぐ萎んでしまうというか…。
心情に合わせて、背筋や踏み込みの幅などで変化がありました。

抜刀隊屯所での彼の戦いは、
覚悟とか贖罪とか謝罪とかもういろいろな感情が渦巻いているようでした。
自分との戦い。
(そしてこのシーン、ある意味で私も自分と戦っていた)
最期に土方さんのあの言葉が聞けて、良かったんだろうな。

最後まで自分で始末をつけることができなかった、
武士になりきれなかった野口くんは、
とても人間らしかったのだろうな、とも思います。



パンフレットの背表紙を見たら、歩いていく彼女の後姿で
「あ、彼女は生きていくって言ったもんな」ってジワッとしました。
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://maikuro96.blog90.fc2.com/tb.php/1023-e500e9d9

«  | HOME |  »

最近の記事


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索


プロフィール

まいくろ

Author:まいくろ
ついったー:maikuro9696
(画像は7年前に描いたものです)