スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『桜×心中』役別雑感 3

月曜から夜更かし。
まいくろです。

脳内一時保管庫の記憶を引っ張り出して、
再開しますよ『桜×心中』役別雑感。

どうやら、ブラック★タイツのブログによると
今週末3月7日(金)22時より
『桜×心中』本編がUstream放送されるそうです!!!

公演に行けなかった人も、
まいくろが言う「大阪王子」がどんな演技するのか気になるけど
大阪まで観たことない人観に行くなんて勇気いるわぁと思ってる人も
みんなみんな見ればいいと思います。

さてそんなわけで役別雑感いきますね。


↓ ネタバレ注意!




>犬神@菊池祐太さん
花雲屋スパーイダーズで白夜とコンビを組む、
犬耳+毛皮もっふもふのあやかし少年。

ショーのアンコール待ちのファンに
「早く帰れよ!
 おまえらが風邪ひいて客がこなくなったら、
 俺たちはおまんま食い上げなんだよ。
 …だから…その……明日も来いよな!」
っていう、ツンデレっていうかツンギレっていうか。
しかも身体が弱い白夜の体調を気遣うなど
世話焼き系、へそ曲がり弟キャラで
なんかもう色々と私の中で何かが爆発しそうでした(笑
ファンの黄色い声に対して、犬耳塞いでるのも可愛すぎ!
パンフ写真のあざとさ(!)も堂々のナンバーワン。
書いてて今ふと思ったけど、別にシャレてません。


外道丸と犬神は、かつてスラムで兄弟同然に育った関係。
ふたりは、スラムの少年達の兄貴分として
仲良く暮らしていました。
14年前の大火で外道丸は記憶をなくし、
そのまま「あやかし奉行」として、
犬神達、あやかしを狩る職に。
「あいつは裏切った」と外道丸を嫌っています

ただ、犬神くんはへそ曲がりだけど嘘がつけない子。
外道丸を憎みきれていないんですよね。
なんていうのかな…
寂しい、っていうか、もうオレ子供じゃないよ、
もっと俺を頼ってくれよ、みたいな感情が見えました。
斬りかかったり憎まれ口をきいたりしつつも、
本気じゃなかったのを、外道丸にも見抜かれていました。

作中に、彼らの過去を再現するシーンは無いのですが、
犬神と外道丸の「現在」のやり取りのみで
かつての二人がどんな感じだったのが透けて見えるのが
神懸かってるなぁと思いました。


ある人物に、スラムの兄弟達を人質にとられた犬神くん。
兄弟の身の安全を条件に、
桔梗さんを誘拐して監禁する任を請け負います。
大好きな桜ちゃんの仲間、桔梗さんをさらうという事は、
もう桜ちゃんに合わせる顔がないって事。
桜の背中に「さよなら」と声をかけるときのせつなさ、
そこから舞台が暗転していく中、
決意の表情で刃をぬく時の表情が秀逸。

そうやって決意したはずなのに、
桔梗を助けにきた白夜に、嘘がつけなくって。
桔梗が背後の部屋にいる事も、
彼女が明日には殺されてしまう事も、
犬神の仕草でぜんぶバレバレ。
誰かを守るために彼は選択して、それが裏目に出て。
グシャグシャになっていく彼に目が潤みました。



>ぼん@霜よしむねさん
>うの@山本光さん&上野みどりさん

スラムに住む、豆腐小僧のあやかし。
豆腐を作ることで妖力(人間で言う生命力?)を補充して、
それで生きていけるそうです。

手が、あやかしあやかししてました。
そうそう、スラムのあたりで思ったんですけど、
なんとなく、この世界では
人間に近い姿のあやかしの方が
高級で強いんだろうなーって思いました

桜ちゃんからのおみやげ(大豆)に、
ものすごい海老ぞりして喜んでたうのちゃんが
上野さん(『ごんべい』のまとい)の方だったかなー。
うのちゃんの本名は、うのはな。
ぼん君の本名は、いそふらぼん! 成分かー!(笑

そんな感じで、スラムにやってきた
桜ちゃん&桔梗さん+護衛の外道丸が彼らと出会ったら、
まいくろお楽しみタイムの始まりです(笑
ぎりぎり「外道丸」を保ちつつ、
二人に対応する野村さんがもう面白くって面白くって。

ぼん役の方は最終的に「Shya7(しゃなな)ーーーッ!」と、
役者名をとびこえて所属グループの連帯責任にされて
外道丸に叫ばれてました(笑
でもゲストで出てきた他メンバーも、
(特に昼公演は)ものすごいノープランでしたもん(笑
その後のシーンでコメント言わなくちゃならない
外道丸の気持ちは理解できます(笑



>小豆洗い@上杉逸平さん&勝山修平さん
そしてぎりぎり保たれて(?)いた
野村さんの「外道丸」をいろんな意味で崩壊させるのが彼。
「おい、あそこにさっきの色違いがいるぞ」からの登場は
まいくろに大きな衝撃を与えました(笑

だってね、上杉さんアフロかぶって赤ら顔で生足…!
しかも小豆の洗いすぎで手が痙攣って
一歩間違えたら
何かアブナイ薬の禁断症状みたいになってる!
昨年12月に演じてた渋い偏屈オヤジはどこへ行きましたっ!?

野村さ…じゃなくて外道丸の小豆(自主規制)を触って
気持ちを落ち着かせたり、
どう見てもオヤジなのに17歳と言い張ったり、
なのにスタミナ切れでゼーゼーハーハーしてたりと、
やりほうだいにもほどがあります(笑

「オレの小豆、茹でてくれるか?」
「その小豆、絞っても…イイかな?」
という、うのちゃんとの淡い恋(ただし演出は濃い)は、
ほんと誰が得するシーンなんだ、コレ!(笑

スラムが花雲屋&豊臣勢に攻められるところで、
一人奮戦する犬神を支えにくるシーンは、
グッとしつつも彼らの見た目が余りにもギャグなので
どんな顔すればいいのかわからないのヽ(T∀T)ノ


彼、当日パンフレット&作中だと「小豆洗い」なんですが
有料パンフレットでは「小豆小僧」なんですね。
たぶん、ぼん&うのが豆腐小僧なのでそれと混じってる…?
まぁ自称17歳(セブンティーン)なので
小僧で問題ないと思います(笑

日程の関係で、Wキャストの勝山さんだけは拝見できず。
(なんか去年からずっと
 彗星マジックとタイミング合わなくてやきもき)
聞くところでは勝山さんverは「17歳っぽい感じ」だそう。



>かっぱ@大塚宣幸さん
かっぱです。
誰がどう見てもかっぱ。
だってかっぱのあやかしなんだもの。
オープニングに
玉菊ちゃんと同じタイミングで登場するのは彼(笑
顔はめっちゃキメ顔ですが、格好はかっぱ。

そんなふたりの関係は、
街のラジオ番組「ごきげんさん」のパーソナリティコンビ。
このラジオ番組は、「あやかし」と「人間」が
仲むつまじく暮らせることを証明しているようでした。
(刻印がある玉菊ちゃんは微妙にあやかし気味なんですが)

もうこのかっぱの話術というか、
まわし方というか達者すぎてほれぼれする!
適度に客観的だなぁと思った瞬間に、
真ん中に飛び込んでいくその緩急が飽きさせません。
そして妙に冷静な玉菊ちゃんがいい対比(笑

彼女がここで歌った曲、なんと販売CDに収録されてました。
しかし、かっぱの合いの手は収録されてない(ノД`)
玉菊ちゃんのブログによると、
かっぱの合いの手は彼のアドリブなんだとか。
玉菊ちゃんは、
本番中は耳を傾けると大変なことになるので
聞かないで歌うのに専念していたそうです(笑

スラムが攻められたときに、
犬神のピンチにキュウリを持って颯爽と現れるかっぱ。
照明効果がすごい、もう主役です。
でもかっぱ。手にしてるのはキュウリ。
キュウリだけどカキーンって音がする、
謎の材質のキュウリ。
しかも犬神に剣の稽古をつけていた手練れらしい。

そうそう、「中之島春の文化祭(2013)」で
2作品の大塚さん観てるんです。
「~文化祭」では出演者の名前は
一部口頭で告げられただけだったのですが、
1日2作品に出た人って事でクローズアップされてたので
妙に記憶に残ってたんですよね。
特に印象的だったのが
ムーンビームマシンの王子様役だったので、
私の中では「イケメン枠」と思っていたのに
久々に見た姿がかっぱ!(笑

観劇前にパンフレット見てビジュアル知ってたけど
実際見て変な声が出そうになったのは
小豆洗いとかっぱの二人です(笑


300年後の、桜の木の下に現れた「旅人」は、
かっぱの子孫だったのかなぁ。
そうか、かっぱ達は
あの後も生き抜いたんだなって思うことにします。

あやかしである外道丸の生き様を見聞きしての、
「まったく、人間ってやつは…」という彼の言葉は、
劇薬SINであやかしと呼ばれる立場になっても、
それでも外道丸も桜も他のみんなも、自分が聞く限り「人間」だよ、
…って言ってたみたいでした。
スポンサーサイト

Comment

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://maikuro96.blog90.fc2.com/tb.php/1020-489ecd79

«  | HOME |  »

最近の記事


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索


プロフィール

まいくろ

Author:まいくろ
ついったー:maikuro9696
(画像は7年前に描いたものです)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。