22日は『桜×心中』観てきたのです。

寝て起きたら仕事だってことを若干知らなかったことにしたい。
ずっとお芝居の感想書きたい。
でもそれを仕事にしたいわけじゃない。
まいくろです。
(28日:名乗りがダブってたので1個消しました。ヒロシじゃないんだから)


金曜の夜行バスに乗って、大阪@世界館に行ってきました。
今回観劇したのは
Black★Tights『桜×心中』。

野村侑志さんが出演ってのが、知ったきっかけ。
劇団の名前自体は、昨年2月の『ごんべい』の時や
7月の『Evergreen Online/EDIT』で
所属役者さんが出演されてたので、
目にしたことがあるなー、って感じ。

この『桜×心中』公演は月曜日までやってます。

ポスターというかフライヤーというかチラシがですね。
最終版が、その…こう…危険なにおいが!
えっと、これ全年齢対象作品ですかッ!?(笑
男性は野村さんで、
女性は副主宰の上野淑子さんなのですが、
彼女の表情がエロいΣ(゚Д゚*
そして野村さんの化粧が濃い(笑
(でも以前、顔を白塗りにしてる芝居もあったから
 それよりは薄い・笑)
えっ どうしよう超耽美世界なのかしら…と、
ドキドキしながらチケット予約。

で、公演期間直前に、劇団側でUstream放送がありまして、
そこで主宰・演出・構成のmaechangさんが
「『ごんべい』で野村さんに惚れ込んで、
 絶対ウチに出演してもらいたくてお願いしました」
的な発言をしていて、
テンションが超UPして観劇日を迎えました(笑
好き役者さんの「惚れ込まれエピソード」聞くの好き。


で、本編の話。
ポスターそのままの鮮烈で艶やかな色使いの登場人物、
でもストーリーは耽美っていうより少年マンガ風味でした。
もちろん舞台という表現でしか
できないこともあるのは承知の上ですが、
ストーリー的には、マンガにしてみるのもいいかも!

過去をなくして心さまよう炎の鬼と、
運命に翻弄されつつも強く生き、生命を燃やした女の、
儚く、でも永い愛の話。


↓ ネタバレ注意!



登場人物の名前は、
歴史上やお伽噺に出てきた人物と
似た名前だったり同じだったりしますが、
同一人物ではないようです。
なんてったって、世界設定が
「ここではないどこか、今ではないいつか」で、
近代的な技術は廃れて、土壌が汚染されてしまった世界。

でも、名前の元ネタを知ってると
ちょっと面白い仕掛けになってるのかもしれないです。
「頼光」の同志に「酒呑」がいるって…? と思ったら
ああいう展開でしたし。
ちなみに酒呑が野村さんで、頼光が主宰のmaechangさんなので、
もういろいろと私は(゚∀゚*)こんな顔で観てました。

野村さんの役ね、今回もすごくかっこいいのです。
殺陣も、長い手足を持て余すような動きから、
全身全霊をかけた一太刀まで、各種取りそろえられています。
お気に入りの動きは、他の人もやってたけど
「剣を抜く動作で、
 相手の攻撃を(自分の腰のあたりで)止める」動き。
そして今回は、ただスマートにカッコいいだけじゃなく、
新しい魅力も見せてくれます。
他の登場人物も色とりどり個性よりどりみどりで、
魅力的だったんですよねぇ。
その辺は長くなるので、これは役別感想で。


キーワードに「あやかし」という存在がありまして。
普段使う「妖怪」という言葉とは少し違うようなのです。
「SIN」という、人類進化を促す薬の副作用に耐え、
人の形を保ちつつも
人に在らざる能力を手にした者たちを指す言葉。
(親子で能力者ってのもいたけど、
 能力は遺伝するのかな? それとも各々で発現した?)
それについての説明があまりないまま
用語として「あやかし」「あやかし」ってポンポンでてくるので
パンフレットのあらすじを読んでないと
私の理解力だと置いて行かれたかも。
早めにパンフ買って流し読みしておいて良かった(笑

江戸時代のようなテイストの服に、
現代アレンジとキラメキをプラスした感じの衣装。
(副主宰の淑子さんがすべてデザイン・制作とか!)
特に今回は、観たことある役者さん数名が
今まで観てきて受けた印象と違う役&衣装だったので、
これも早めにパンフで見て耐性つけといて良かった(笑
それでも、何人かは
ナマで見たとき変な声が出そうになりました。
やはり写真とナマは違うよ…破壊力が!

映像で、場面転換やアヤカシの能力を表現していました。
そのクオリティも高くって、
花街までの道程や炎の動き、
「禁」の効果やクライマックスの舞い散る花…
おもわず息をのみました。

オープニングの役者紹介しつつ淑子さんが歌うやつも
映像で名前が出てくるタイミング、秀逸ですね。
特に淑子さんとmaechangさんのところが好みです。

最近映像効果と芝居を融合させる方式の作品と
よく出会いますが、
今回ので私のハードルだいぶ上がっちゃった予感(笑

ただ、これは仕方がないことなのですが、
「投影機→役者→舞台装置」という構図なので
役者さんにも映像が映ってしまうという罠が!
時々、役者さんたちの顔に模様が出て、
近くで見たらポリゴンっぽくなってる時がありましたねー。


あと、作中で登場人物がオリジナル曲を歌います。
蝶(女郎)さんたちがショーで歌ったり、
男性アイドル(!)がショーで歌ったり、
あとはシリアスに、
作中でミュージカル…いや音楽劇テイストで歌ったり。
あと、オープニングでBGM的に歌ったり、
実際に作中で登場人物が「祝詞」として歌ったり。
CDが売ってて、歌詞と曲名が知りたかったので買いました。
聞きながら今感想書いてるのですが、
やっぱり作品の一部だな~ってつくづく思わされています。


今回は、22日昼・夜の観劇だったので
グリーティングイベント(写真撮影してくれるサービス)
乾杯イベント(終演後役者さんとおしゃべりできる)
の両方に参加できました。
乾杯イベントは、開演がおして終演もおしたため、
帰りの夜バスの時間が危なくなって途中退室(+д+)

よし、今度ブラック★タイツ観るときは泊まりにしよう!



ブラック★タイツの次回公演はまだアナウンス無いのですが、
野村さんの次回出演…というか、
野村さんが主宰するオパンポン創造社の公演が
5月の16日(金)~18日(日)と判明ヽ(゚∀゚)ノ

嬉しいことに、
今の所、何も予定を入れていない週なのです。
これは他の大阪の劇団公演で何かかぶってくれたら
週末大阪に泊まって堪能できるなぁ。

スポンサーサイト

Comment

[240] >上杉逸平さん

わあぁ、コメントありがとうございます!
「挨拶するする詐欺・まいくろ」にならなくて良かったです(笑

今年も、ひと月一作レベルのペースで出演されてますよね。
ほんと、同じ週なら確実にハシゴできたのになぁ(T△T)

今回は意外すぎる役で大笑いしちゃいましたが、
来月のバンタム、どんな上杉さんになってるのか楽しみです♪

[239]

観劇ありがとうございました、バタバタしてましたがご挨拶できてよかったです( ´ー`)

ちなみに俺の出演予定がオパンポンの次の週やったので残念すぎます…o(TωT)o

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

Trackback

http://maikuro96.blog90.fc2.com/tb.php/1014-308bef5e

«  | HOME |  »

最近の記事


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索


プロフィール

まいくろ

Author:まいくろ
ついったー:maikuro9696
(画像は7年前に描いたものです)