スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『大帝の葬送』自ツイートまとめ

まいくろです。


過去に観たものから記事を挙げているのですが、
ちょっとこれはとりいそぎ記事として上げておきたくて。


ロデオ★座★ヘヴン 10th act

『大帝の葬送』 の自分ツイートまとめです。


同時期に気になる舞台もあったけど、
これはもう、ここだけに時間を使おうと思ってました。

なんせ次回公演が珍しく未定という状態のロデオ本公演で、
脚本・演出が大好きな柳井祥緒さん。

昭和という激動の時代を生きた「巨人」を、
日本という国はどう葬るのか。
病に倒れた彼が吐血してから、その葬儀が終わるまでの160日間を
葬儀の段取を決める会議室を中心に描いた作品でした。


告知を最初に見たとき題材的に難しそうだなーと思いましたが、
ロデオだし、柳井さんだし、
変に偏った主義主張をぶん投げて終わる話ではないだろう、と。

チケット発売開始とともに3回確保して、
そしたら開幕前に3面舞台って情報が出て。
2面は予想してたけどまさかの3面か…などと思いながら初日を観劇。


当時、自分は一ケタの年齢だったので、ほとんど記憶がないんですよね。
天皇制に対しても、天皇陛下に対しても、今でも特別な感情って無くて。
「みんなのおじいちゃん」くらいの感じでいました。
だから最初は、ちょっとドライな感情で観てました。


舞台上には役として登場しない「天皇陛下」が、
「各々の登場人物がから見た彼」という視点で浮かび上がって、
その存在が際立つのに
どれも本当の姿でどれも彼そのものとは言い切れない、っていう景色。

登場人物みんなが「彼」のためを思い、
「彼が望んでいるであろう葬儀のカタチ」を主張します。
「彼」は一人しかいないのに、
各々見ている面が違うから話がまとまらない。
その誰もが「自分勝手」に見えなかったのは、
どの人もその人なりに「彼」を思ってたからでした。

観ているうちに、
その愛されかた愛しかたにあてられたのか、涙がどんどん出てきて。


で、初日終演後にチケットを追加しました。
なんというか、見どころが多すぎて。

結局5回観ましたが、終演した今でも、まだ観たりないというのが本音です。
全通したとしても、きっと足りなかったと思います。

だって、役者さんもみんな演技細かくて上手で、
膨大なセリフもほぼ噛まず飛ばさずで、
登場人物の数×3面で観たかったんだもの!(笑


↓ 以下、膨大な自ツイートまとめ (※ は追記)




スポンサーサイト

MORE »

 | HOME | 

最近の記事


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索


プロフィール

まいくろ

Author:まいくろ
ついったー:maikuro9696
(画像は7年前に描いたものです)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。