スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『どれい狩り』自分のツイートまとめ

やばいよ、もう6月中盤なのにまだ4月のまとめしてる。
まいくろです。
日々バタバタしてるけど観劇はできてます。

(先日、冠婚葬祭の
 「葬」じゃないもので飛び込みが起きるという衝撃案件で
 一部の観劇キャンセルになったけどね…)


はい、3月30日(マチネ)と4月2日(ソワレ)で2回観劇したのが
さんらん『どれい狩り』。

推しメン音野くんが出演なので2回です(笑
ちょうど、座席も逆L字型の二面客席だったので、
同時期に他の舞台がかぶってなければもう1回行ったかもしれない。


安倍公房の舞台作品、過去に『友達』を観たことがあって。
「人間関係の距離感の常識」を塗り替える存在が出てくる話でした。
そのとき、作品としては難しくないんだけど
結構演出が感覚的寄りだったので
総合的に「安倍公房は難しい」という印象を持ちました。

で、今回『どれい狩り』観ることになりまして。
だいぶ昔の戯曲なので、前もって読んで行こうと思ってたんですよね。
そしたら、簡単に手に入るほうは
上演される初演バージョン(1955年版)じゃなくて、
設定や結末がだいぶ変更になってる再演バージョン(1967年版)で。
まぁそれでもそんなに大きな違いはないだろうと思ってたんですが
 全 然 違 っ た ! ! ! ! (笑



↓ 以下、ネタバレ感想と自ツイートまとめ (※ は追記)



スポンサーサイト

MORE »

『わたしの、領分』自ツイートまとめ

4月1日は『わたしの、領分』を観劇。


去年観た『東京ドーピング2020』からちょっとハマってる
松澤くれは氏の脚本・演出作。

発達障害について、心理士の目を通して描いた作品。
2015年に
『わたしの、領分。』というタイトルで上演した作品の再演だそうです。

今回はタイトルの『。』が無くなっていて、
前のとは別の結末になっているんだそうな。
(私はそっちのは知らないので、どう違ってるのか謎)


理想論とか「天使」みたいな感じじゃなく、
みんな笑って幸せになる話ではなく。

受け入れられない親とか、世間体とか、
障害というか個性というかの線引きとか、
親子でも別個の個体だとか、親であるが故の自責の念とか、
そういう、出来たら目をそらしたい話や、
正解がない話や、
自分の立ち位置を表明するのが難しいラインの話が
そりゃもうふんだんに入っていました。

観終えてすごく重たい気持ちになりつつ、
あぁ、でも観れて良かったなぁ、と思いました。

正直、すごく性格悪い考えだなと思うけど…
演劇でこのテーマに触れることができて良かったな、
理解や自分なりの結論が出ないまま身近な現実に直面して
人情とか感情とか人間関係とかに引きずられて流されてしまう前に
「自分はどう思うか」を俯瞰できてよかったな…って。


↓ 以下、自ツイートまとめ (※ は追記)



MORE »

 | HOME | 

最近の記事


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索


プロフィール

まいくろ

Author:まいくろ
ついったー:maikuro9696
(画像は7年前に描いたものです)


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。