ファルスシアター『やみなべ 2017』

もう3月になってるのに、まだ2月の記事書いてます。
まいくろです。
Twitterが、リアルタイムで感想投下してるところです。
ここは備忘録というか、流れていかないようにするところ。


さて、2月25日はジュルネから。
ファルスシアター番外公演 vol.5
『やみなべ 2017』を観ました。

団体名もファルス(Farce=笑劇)ということで
笑える作品詰め合わせかな?
と思ってましたが、
番外公演でネーミングも「やみなべ」ですから
「笑い」だけではなかった!(笑

総上演時間は1時間50分程度。
朗読4作、短編2作、コント1組、落語1作、
そして日替わりゲストのお時間…と、盛りだくさんでした。

↓ 以下、上演プログラムに感想をちょっぴり+自ツイートまとめ

スポンサーサイト

MORE »

レティクル東京座 『アイドル♂怪盗レオノワール』

のんびりにもほどがありすぎました。
まいくろです。

2月25日のソワレに観たのが

レティクル東京座
『アイドル♂怪盗レオノワール』

・ 出演者が全員顔を白塗りにして演技をする
・ 本編終了後に劇団員が団体オリジナルソングを歌い踊るライブがある
・ ライブ時には客席ペンライト持込可…むしろ使用推奨
 (団員個々にイメージカラーがある)

という、2012年旗揚げの、独自色の強い劇団。
たぶん「役者が全員白塗りして上演する劇団」って言えば、
まずここしか該当するのはないのでは…
(実は関西の劇団で
 作品によって一部の役者が白塗りする団体があったりする)

劇団員の方が客演しているのを観て、
(そちらではもちろん素顔で演技してました)
ホームでのお芝居を観てみたいなってことで行ったのが
前回公演の『昴のテルミニロード』。
ビジュアルの奇抜さ、爆音響、派手な照明をつかいながらも
作品自体は「人力(人心?)で動く」感じで、熱量があり、
なにより客席を楽しませようとする工夫が凝らしてあって
面白かったので、今回公演も観劇。

今回の公演から
 L(ライト)エンタメ公演
 D(ダーク)エンタメ公演
 N(ニュートラル)エンタメ公演
という区分けを掲げることにしたそうで、
今回の作品は L(ライト)エンタメ公演。


↓ 以下、ネタバレありの雑感&自ツイートまとめ
 (作品内容というより、おもに公演についての感想)

MORE »

オパ池の響 『さようなら』

観劇ラッシュ目前に、いそいそとアウトプット。
まいくろです。


オパンポン創造社×池シタアツ子の美カモト響
『さようなら』

3月頭、大阪に遠征して観た作品。

オパンポン創造社 と 池シタアツ子の美カモト響という
二つの団体の合同公演ですが、
どちらも「オパンポン創造社」主宰の野村有志さんが脚本・演出(笑

この作品、11年前に野村さんが自団体で発表したものだそうです。

物語の舞台は、淡路島。従業員数名のネジ工場。
事務系の仕事をほぼ一手に務めている末田という女性が、
社長が脱税して貯めこんでいるお金を盗んで、
この「繰り返し」で構成された閉塞感のある人生を変えようとし、
それによって周りの人々の「繰り返し」人生も変化し、動いていく話。



↓ 以下、ネタバレ感想と自ツイートまとめ 

MORE »

『龍よ、狼と踊れ 』

そして、これは先週の話。

Office ENDLESS
『龍よ、狼と踊れ ~Dragon,Dance with Wolves~ 』

好きドレメン竹内諒太くんが出演ということで観に行きましたが、
そういえば最近お名前をよく拝見する
松崎史也さんの脚本演出作の初体験になるんですね。


CBGKシブゲキ!! は、年1回くらいの縁があるのですが
半蔵門線渋谷駅下車で地下からトコトコ行けるので助かります。

上演時間は休憩無し、2時間15分。

公演期間中に別回で上演されてる人狼TLPTはスケジュール合わせられず。
なんのかんのでまだ1回も体験したことがありません、人狼ゲーム。

「従来の舞台製作の概念にとらわれない新たなプロジェクトとして、
 各界からトップクリエイターが集結。
 舞台発で様々なメディアミックスを仕掛ける」

とのことで、舞台本編は「第一章」という位置づけでした。
ストーリーは「これから続くぜ」感ありましたが、
清の王女様を軸にしたエピソード自体は着地してました。



↓ 以下、ネタバレ感想と自ツイートまとめ

MORE »

 | HOME | 

最近の記事


カテゴリー


リンク

このブログをリンクに追加する

ブログ内検索


プロフィール

まいくろ

Author:まいくろ
ついったー:maikuro9696
(画像は7年前に描いたものです)